丸順不動産について

Photo_45


■アベノ洋風長屋(阿倍野区阪南町3丁目)テナント募集中

・ 

免許     大阪府知事(13)第11322号
社名     丸順不動産株式会社
所在地   〒545-0011
        大阪市阿倍野区昭和町5丁目12番23号 丸順ビル2階
交通     地下鉄御堂筋線西田辺駅1番出口徒歩1分
地図      Google Map
TEL     06-6621-0201
FAX     06-6621-0204
E-mail    koyama@marujun.com
HomePage http://www.marujun.com
blog     http://marujun.cocolog-nifty.com/
twilog    http://twilog.org/KoyamaTakateru
定休日   日曜日・祝日
創業    大正13年4月に小山商店として開業。その後、丸順に屋号変更
設立    昭和47年4月
代表者   代表取締役 小山隆輝
加入団体 社団法人大阪府宅地建物取引業協会
       社団法人全国宅地建物取引業保証協会
       一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会
       関西不動産情報センター
       三井住友信託銀行本店SMTBリアルタークラブ
       りそな銀行和友不動産会
事業内容 土地建物の売買交換の仲介・土地建物の賃貸借の仲介
       不動産に関するコンサルティング・建物の有効活用
       貸地貸家の管理・駐車場管理

自己紹介

昭和39年8月、大阪市阿倍野区生まれ。昭和62年3月、近畿大学法学部を卒業し、大正13年創業で祖父の代から続く丸順不動産株式会社に入社。平成24年に代表に就任。町の不動産屋として地域の困りごとに対応。現在は一般不動産業務以外にも長屋や町家などの既存建物の再生活用を通じて、まちづくりやエリア価値の向上にも取り組む。

平成27年6月、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会総会にて表彰。
平成28年3月、国土交通省の「不動産ストックの再生・活用やその資金調達に取り組むための事例集」に掲載。
平成28年5月、「エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ」(学芸出版社)を共著にて出版。
平成29年6月、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会の50周年記念式典にて講演。

賃貸物件情報へのリンク

中国からの視察がありました。

Kin


首都大学東京でまちづくりを研究しているkinさんのアテンドにより、中国の北京や上海で、都市計画・まちづくり・ランドスケープデザインなどの研究や実践をしている方たちが昭和町に視察に来られました。
 
昭和町における長屋活用のきっかけになった寺西家阿倍野長屋から昭南ビル、金魚カフェ、大長ハウスさんのレンタルキッチン、そしてアベノ洋風長屋と短時間でも昭和町の取り組みの概要がわかる鉄板コースを2時間弱で。
 
3月にも中国と台湾の方たちをご案内したところですが、皆さん、ほんとうに勉強熱心で、毎回質問攻めにあいます。そして、ほとんどの方が「あれ?知り合いだったっけ?」と思うくらい、満面の笑みで接してくれました。
 
通訳をしていただいているkinさんを介しての会話なので同じ会話でも2倍の時間を要するところはもどかしさを感じます。もっとたくさんの質問にお答えしたかった…。昭和町の次は住之江区北加賀屋にあるみんな農園さんを訪問されたようです。大阪の夜を楽しんでください!

福島大学

Noimage_20190706102101

昨日、福島大学の川﨑興太准教授がヒアリングに来られました。

まちづくりや都市計画を専門とする先生です。

原発事故によって避難を余儀なくされた地域の復興を研究しておられます。

私が実践する既存建物を活用したまちづくりが、復興を目指す地域の参考になるのでは?という仮説によるものでした。

電気の点検

Photo_20190705084101

電気屋さんと一緒に電気の点検。

東住吉区北田辺にある昭和初期の長屋。

活用を検討中です。

漏電ブレーカーは付いていますが配線が昔のまま。

写真は現代でいうところのモールのようなもの。

露出している電線を保護するのと感電を防ぐために板で覆っています。

検査したらこの電線も現役でした。

東住吉区東田辺2丁目の長屋

Photo_20190628114101


東住吉区東田辺2丁目の長屋解体工事と壁面補修工事が完了し、今日、施主さんに現地を確認していただきました。

不要な建具の処分と室内の清掃をした後、活用について動き出します。

暫定的な活用なので期間は5年程度。安くてもかまわないとおっしゃっておられるので、アトリエ等を視野に入れています。

重要事項の説明を行いました。

Photo_20190627173301

本日、寺西家阿倍野長屋にて募集しているB店舗の重要事項説明を行いました。

もうまもなく契約手続き完了です。

国の登録有形文化財『佐野家住宅』の屋根修理

Photo_20190626204501


阿倍野区阪南町3丁目にある国の登録有形文化財『佐野家住宅』。

2006年に今のテナントの誘致とリノベーションに関わってから管理をさせていただいています。

昨年の台風で、裏庭に面した洗面所・浴室の屋根の庇部分の銅板が風で吹き飛ばされてしまいました。

応急処置はすぐにお願いできたのですが板金屋さんが忙しくてやっと本日、修理となりました。

新しい銅板は年月をかけて良い風合いになっていくことでしょう。


近畿大学総合社会学部で今年も授業をしてきました。

Photo_20190625213101

先週の土曜日は、建築学部の建築研究会の皆さんと昭和町のまち歩き。

今週の月曜日は、総合社会学部の環境まちづくり専攻で授業。

これだけ近畿大学に貢献してるんだから、せめて学内で自由にWi-Fiくらいつかえるようにしてほしい(笑)

昨年から担当している総合社会学部の特別講義4という授業。

昨年は3コマとも座学でしたが、いつも90分程度かけて話す内容を無理矢理3コマに分割したので苦しかった記憶が…。

で、今年は担当の先生と相談して、1コマの座学と2コマをつかってまち歩きをすることになりました。

こんどの日曜日に建築研究会の皆さんが歩いたのと同じコースを180分かけて歩きます。

附属高校時代から7年間お世話になった母校なので恩返しと思ってお手伝いさせていただいています。

それに、普段接する機会の無い学生さんたちと話をするのはとても楽しい!

月曜日の授業終了後、来年も、いや当分お願いしますと予約されてしまいました(笑)

建築を学ぶ学生さんたちと昭和町のまち歩き

Photo_20190624211501

6月22日(土)

近畿大学建築学部建築研究会の皆さんと一緒に昭和町のまち歩きをしました。

今年で3年目。

3年前に1回生だった学生が今では3回生になり、研究会の執行部に。

みんな、ほんとにかわいい(笑)

昭和町駅から西田辺駅までしっかり3時間コース。

まちに点在するよき商いとリノベーションが面となって、エリアの価値が向上する現場を体感していただきました。

建築研究会の皆さんには、11月に開催するバイローカルのマーケットにもボランティアとしてお手伝いいただきます。

千林大宮で長屋の売却相談

Photo_20190621225401

千林大宮で長屋の売却相談を受けています。

施設に入っておられる所有者に司法書士の先生と一緒に面談した際、合鍵を持っている知人が時々出入りしているようなので鍵を交換して欲しいと依頼を受けました。

忙しくてなかなか現地に行けなかったのですが、今日、鍵の形状を確認しに行ったとこと、ちょうどその方とバッタリ。

売却の意向があることを説明して、合鍵を返却していただきました。

すごい偶然に助けられましたが、念のため鍵の交換はいたします。

どなたか、千林大宮で長屋を購入したい方はいませんか?

残念ながら昔ながらの趣はありません…。

東住吉区北田辺でリノベーションの提案

Photo_20190621223401

昨年の8月にご相談をいただいた東住吉区北田辺の長屋。

今日、建築士さんと一緒にリノベーションの提案に伺いました。

音の問題や市場性を考慮して、店舗付き住宅のプランをご提案。

もちろん、はじめに工事有りきではなく、できれば入居者は先付けで。

それなりの工事費が必要なのでしっかり検討していただきます。

登録有形文化財『北野家住宅』の補修

Photo_20190621220801 

中央区平野町にある登録有形文化財『北野家住宅』。

昨年の台風で庇の瓦が飛ばされました。

地元の工務店に補修の相談をし、今日、その見積もりの立ち会いでした。

2階と3階の間にある庇なので足場が必要とのこと。

瓦の工事はどこも止まっている状態ですが、なんとか対応していただけそうです。

Photo_20190621220802




東住吉区北田辺で空き家活用のご相談

Photo_98

東住吉区北田辺にある空き家の活用についてご相談をいただきました。

今日、初めて内覧してきましたが、住宅設備もちゃんと整っている上に、昭和初期のたたずまいが残る良い長屋(今は切り離されて一戸建)でした。

電気の配線が昔のままの可能性があるので、それを調査する必要があります。

家主さんに「どこで当社のことを知ったんですか?」とおたずねしたところ、もう何年も前に新聞で名前を見かけたのを覚えていたとのこと。

寺西家阿倍野長屋の記事の中に当社の名前が載っていたそうです。

本人は記憶がまったく無いのですが…。

本当にありがたいことです。

小田原市の旧三福不動産は、これからの時代にふさわしい“まっとうな町の不動産屋さん”と思います。

Nr_jbejf


神奈川県の小田原市にある不動産会社『旧三福不動産』。

https://93estate.com/

設立から7年ほどの会社です。

その会社の方たちが研修で大阪に来られました。

火曜日の午後、昭和町駅で待ち合わせをして、街のご案内をさせていただきました。

私がこの会社を知ったのは4~5年ほど前。

ずっと気になる会社でしたが、昨年、共同代表のひとり、山居さんと知り合い、そして今回の視察となりました。

この会社、ベースは普通の不動産会社なんですが、リノベーションの提案や工事を行い、他の不動産会社があまり扱わない築古の物件も丁寧に仲介するし、なによりも小田原のことを考えながら仕事に取り組んでおられます。

まさに私にとっての理想型。

小田原と大阪で距離は離れますが、お互いに刺激しあいたい会社です。

まち歩きの後はDjangoさんで食事も。

次は私が小田原におじゃまする番ですね。

リノベーションまちづくりアドバイザー紹介制度

Photo_97

今日、ちょっと用事で大阪府宅地建物取引業協会のなにわ阪南支部へ行ってきました。

カウンターのチラシ置き場を見てみると『リノベーションまちづくりアドバイザー紹介制度』なるチラシが。

聞いたことも無かったので手に取ってみてみると、大阪の住まい活性化フォーラムさんの取組のようです。

リノベーションまちづくり…。

新しくキャッチーなフレーズですが、なかなかこれを継続するのはたいへんですよ。

そのエリアに骨を埋める覚悟で←自分を叱咤激励。

大阪版リノベーションまちづくり
http://renovation.osaka-sumai-refo.com/

 

パチンコ屋さんの2階にできた古書店の棚はなんとあのスタンダードブックストアの棚だった!

Welcom-books-osakatsurutaro_1

やっと行くことができました。

住吉区万代東1丁目にあるパチンコ店『TSURUTARO』の2階の本屋さん。

Welcom Books OSAKA

twitter https://twitter.com/WelcomeBooksOSK 

新刊本も少しだけありますが、基本的には古書店です。

最近、昭和町・西田辺エリアに良い古書店が増えてきましたが、その流れを受け継いでいます。

パチンコ屋さんの元社員食堂をリノベしたお店。

だからキッチンもあるんですね!

Welcom-books-osakatsurutaro_3

Welcom-books-osakatsurutaro_2

そして、店内にならぶ書棚はすべてあのスタンダードブックストアから譲り受けたものだそうです。

どうりで雰囲気があるはず!

パチンコ屋さんの社長が手探りで始めたお店なので、スタンダードブックストアの中川さんをはじめ、先輩古書店の方達から教わりながら作ったお店とのこと。

音楽好きな社長さんが将来的にワークショップなども開催したいと考えているウクレレなども並んでいました。


Welcom-books-osakatsurutaro


ビールは缶ビールですが、本の話をしながら、ゆっくりと時間を過ごすこともできます。

また、昨夜のライブに続いて、来週はこの店内で桂枝女太さんの落語会も予定されているとのこと。

その際は、可動式の書棚を外に出して空間を広げるそうです。

今日はちょうど社長さんがいらっしゃったので、お店のこと、本のことなどおしゃべりしてきました。

欲しかったちきりんさん新刊のリノベ本が早くも古書で売られていたのでさっそくゲット。

横にならぶビールはディスプレイです(笑)

Welcom-books-osakatsurutaro_4

古い木造建物をたいせつに使い続けるということは二酸化炭素を長期間固定するということでもあるんですよね。

Photo_96


これ二酸化炭素のかたまりです。

東住吉区北田辺の解体現場で撮影したもの。

今日は敷地内にたまった廃材の運び出しをしていました。

ちゃんと調べていませんが、この長屋も戦前の長屋でおそらく築後90年近く経過していると思います。

その間、材木というかたちでしっかりと二酸化炭素が固定されていたことになります。

ところが、これを解体して焼却してしまうとまた二酸化炭素が排出されてしまうんです。

断熱効果の低い建物を使い続けることによるエネルギーロスも大きな問題ですが、一番良い方法は、古い建物をしっかりとリノベーションして建物の性能を上げながら使い続けること。

もう、そういうフェーズに入っていると思います。

なんにも無いところから造っていきます。

Photo_95

阿倍野区阪南町の賃貸マンション。

火災跡の解体工事が完了し、建築士さんによる実測が行われました。

専有面積が約45㎡と小さい上に水回りの配管などの関係もあるので間取りについては限られてくると思いますが、どのようなプランが出てくるのか楽しみです。

元々3点ユニットのお部屋だったので、それを解消していただくことのみが、こちらの用意した条件。

リノベーションをするチャンスですが、それは自己満足の世界なので、ちゃちゃっと工事をしてしまいたいと思います。

早く収益を産むのが家主さんの希望なので。

長屋の解体工事から壁面補修へ。

Photo_93

東住吉区東田辺の長屋解体工事は先週で完了し、今週月曜日から足場設置→壁面補修に作業が移行しています。

写真は昨日の様子ですが、今日、現場を見に行ったらかなり高いところまで作業が完了していました。

たぶん今週中には終わるでしょう。

難しいのは屋根の取り合い部分。

今日も建物内から天井裏を見上げると光が漏れていました。

Photo_94

もうかれこれ2ヶ月におよぶ悪臭との戦い。

Photo_92

阿倍野区阪南町某所の賃貸マンション。

上の階の雑排水管が破損し、階下に強い臭気をともなう汚水が漏れました。

破損した雑排水管の修理はすぐに終わりましたが、臭いがいつまでたっても消えません。

いろいろ対策をとっているのですが、なにせ相手は姿が見えないので苦戦しています。

今日も午前中に2時間、夕方に1時間、現地で対応を協議しました。

今日は大工さんに依頼して久しぶりに天井を開けて換気をするとともに、原因と思われる箇所の一部を石膏ボードで覆いました。

明日は洗い屋さんを投入して、コンクリートスラブの洗浄を行います。

出口の見えない対応が続いています。

洋食のプリッチさんでワインをいただきながら新しいプロジェクトの相談。

Photo_91

人間、年齢を重ねるとだんだん厚かましくなってくる(笑)

昨夜、バイローカルの会議後、サルトコラボレイティヴの加藤さんが「仕事の相談があります」とのことで、私と西田辺の仙人に声がかかり、そして最年少のD君も一緒に軽く食事をしに行ってきました。

もう22時30分をまわっていたので空いている店も少なく、さあどこにしよう…と自転車で走っていると洋食のプリッチがまだ空いていました。

看板を見るとラストオーダーは22時00分。

「小山さん、知ってる店なら聞いてみて」とみんなに背中を押されて入店。

どうぞどうぞと歓迎してもらえました。

食事をしていないメンバーもいたのでパスタを2種類と、食事しているメンバーはちょっとつまむものが欲しかったのでメニューには無い前菜の盛り合わせをオーダー。

それが上の写真のお料理です。

美味しい料理をいただきながらワインを飲んで仕事の相談。

ちょっとたいへんそうだけど、楽しそうなプロジェクトに巻き込まれました(笑)

結局、お店を出たのは23時30分を過ぎていました。

気軽にファミレス的な使い方もOKだし、カウンターでさく飲みもOK。

でも、お店にあまり迷惑をかけていはいけません(自戒を込めて)。

__________

洋食 プリッチ
大阪市阿倍野区阪南町1-50-9
TEL 06-6629-1585

ランチ 11:30~14:30(LO13:45)
ディナー 17:00~23:00(LO22:00)
定休日 月曜日・第2日曜日

バイローカルの目的を再確認しました。

The-market_1

昨夜は、東天下茶屋駅前のTHE MARKETにてビーローカルパートナーズの会議がありました。

テーマは今年のバイローカルについて。

今年で7回目になるバイローカルのマーケット。

単なるイベントになってしまわないように、今年はいつも以上に私たちがバイローカルに取り組んでいる意味や目的を意識しながら開催することを確認。

バイローカルは、よき商いを守り育てることによってエリアの暮らしを豊かにする運動。

生活者である私たち実行委員が提案するライフスタイルです。

今月は2週間後にも会議日程を設定。

忙しくなってきました。

東住吉区北田辺の長屋をどうするか、こうするかと建築士さんと打ち合わせをしました。

4

4月に現地調査をしてから早2ヶ月。

打ち合わせをしなくちゃね、と言いながらお互いに忙しかったのでのびのびになっていました。

今日やっと建築士さんと打ち合わせ。

頭の中ではああしたら、こうしたらと考えていましたが、建築士さんはラフなスケッチを用意してくれていました。

お互いに考えていることはばっちり同じ。

目指す方向性がまったく一緒だったのであとは話が早い。

つぎは家主さんや施工者の方と日程調整をしてプランニングの説明ですね。

数日前につぶやいた、二戸の長屋を店舗付き住宅にする案です。

さあどうなるか…。

パチンコ屋さんの2階に素敵な本屋さんがオープンした、らしい。

Photo_90

住吉区万代東1丁目にあるパチンコ店『TSURUTARO』の2階に、素敵な本屋さんがオープンしたとの情報をキャッチ。

Welcom Books OSAKA

twitter https://twitter.com/WelcomeBooksOSK

6月9日(日)とのことなのでまだオープンしたばっかり。

さっそく見に行きましたが残念ながら定休日。

イベントやライブなどもするみたい。

カフェの森森舎やゲストハウスのBONFIRE HOSTEL OSAKAのすぐ隣。

TSURUTAROさん、やるね~!

火事跡の解体工事はほぼスケルトンになりました。

403 

阿倍野区阪南町の火災跡。

昨日から解体工事が始まったところでしたが、あっという間にほぼスケルトンになりました。

ユニットバスもなにもありません。

コンクリートの躯体部分の焼け焦げはなかったので一安心。

処分場の受付時間が限られているみたいなので、ガラ出しは明日も少し残るかも。

その後は実測をしてプラン作り。

建築士さんの出番です。

ダクトについての打ち合わせ

Photo_89

今朝は寺西家阿倍野長屋の排気ダクトの打ち合わせから。

神戸から専門業者さんが来られていました。

ご契約予定のお客さまと業者さんとのやりとりを横で聞いていましたが、なかなか勉強になりました。

夜中にボーイスカウト活動について考える。

Noimage_5_1

夜中に目が覚めて考えごと。

しかも、なぜかボーイスカウト活動について。

うちの団はスカウトが数人しかいなくて風前の灯火。

募集をしないといけないんだけど、小さい子供はもう受け入れ体力がないので、小学6年生以上じゃないと無理。

そこからボーイスカウトやりたいってニーズある?

#ボーイスカウト

ファブラボって知ってます?

Noimage_5_1

ファブラボって聞いたことありますか?

Wikipediaで調べると、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%9C

って書いています。

近くでは住之江区の北加賀屋にあります。

https://fablabkitakagaya.org/

そのファブラボをこの昭和町エリアに作りたいって方がいます。

大規模なものじゃなくて、IT関係のお仕事をされているので個人事務所にちょこっとファブラボ機能がある程度…かな?

賃貸じゃなくて購入をご希望。

5~6千万円みたいな大きな話じゃなくて、1~2千万円くらいの計画。

古い建物を購入してリノベするのがいいみたい。

うちの建物どう?って方、ぜひご連絡ください。

TEL 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com




イタリアンレストランの方をご案内しました(アベノ洋風長屋)

Photo_88


今日はアベノ洋風長屋のご案内がありました。

GW以後、毎週一回のペースでお客さまをご案内しています。

今日ご案内したのは某所でイタリアンレストランを経営しているご夫婦。

移転先をお探しのようです。

あまり昭和町エリアのことをご存じなかったので、バイローカルのマップやクックブックを差し上げ、このエリアに住む方の雰囲気をお伝えしました。

来週も内見のご予約があります。

アベノ洋風長屋(オフィシャル)
https://a-youfu.shopinfo.jp/

アベノ洋風長屋(テナント募集ページ)
http://marujun.cocolog-nifty.com/log/2019/03/post-2a07.html

狭い路地に巨木が…。

Photo_87


阿倍野区昭和町3丁目にある貸家の路地(大阪弁で「ろおじ」と発音)。

ひとがやっと通れるくらいの狭いところに、雑木(きっと名前があると思いますが)が生えてきて、2階建の建物の大屋根の高さまで伸びてしまいました。

数年前に、別の補修工事でここに入ったとき、まだ小さかったのですが、日の当たる高さまで伸びたら、あとは一気という感じ。

あのときに伐っておけば良かった…と思っても後の祭りです。

今日、近くの冨士濃造園さんに現地を見ていただき、伐採の見積もりをお願いしました。

とりあえず、お仕事は引き受けていただけそうですが、この狭い場所でどのように作業するのか興味津々。

火災跡の解体工事

Photo_86

火災による熱のため変形してしまった照明器具です。

今日から、阿倍野区阪南町にある賃貸マンションの一室で、火災跡の解体工事が始まりました。

先ほど、現場を見てきましたが、火災から半年経っても焦げくさい臭いが充満しています。

作業員の方たちはたいへんだと思います。

天井や床、間仕切り壁などの造作とユニットバスや流し台などの備品類もすべて撤去し、完全なスケルトンに戻します。

そこから新しいお部屋を作り込む計画です。

«今週はとてつもなく忙しくなりそうなのでこの本を読んでドーピング。

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ