« 20日の日記 ちょっと風邪気味 | トップページ | 22日の日記 扁桃炎 »

コモンガーデン水無瀬

熱は下がりましたが、喉の調子は絶不調です。本当は、お医者さんに行って、喉に薬を塗ってもらったら一発で直ると思うのですが、今日は時間がありません。

今日は、15年来の友人で、大阪府と京都府の境にある島本町で不動産会社を経営している松下さんと久しぶりに会う約束をしています。約束のきっかけは、20日の朝日新聞の記事でした。島本町に共用庭付き戸建て住宅が分譲され、隣人同士が和気あいあいと緑を育てているとい記事でした。その開発会社が、シティ・サイエンス(大阪市中央区)という会社で、その松下さんも取締役を務めている会社です。新聞記事を見たよ、と電話を入れ、現地を見学させていただくことになりました。

コモンガーデン水無瀬というこの小さな街は、全体の敷地約2900平方メートルのうち約650平方メートルを共用の庭が占め、草花や果樹、ハーブが植わり、周囲に住宅が「コ」の字に並ぶ形をしています。地価が安く、しかも定期借地権を利用しているところに成功の秘訣があるようです。そして、ただ分譲するだけではなく、NPO法人を立ち上げ、住民同士の合意形成のお手伝いや、イベントの企画などを行い、そこに暮らす人たちがコミュニティーを形成できるような仕掛けも考えられています。

普通の分譲地は、今後供給過剰で、いつか限界が訪れると思います。が、このような方法は、今後、ますます研究され、主流化していくでしょう。大阪市内でも、ある程度まとまった土地なら、実現可能だと思います。また、定期借地権なので、地主さんにとっても、土地を手放す必要がなく、借り入れも起こさなくて良いので、土地の有効利用としてもおもしろいでしょう。

今日は、1ヶ月ぶりに再開した折込広告の反響がありました。一棟貸しビルの問い合わせが2件。それから、ビルを所有しておられるオーナー様から、テナント付けの依頼がありました。阿倍野区役所のすぐ近くの物件で、あびこ筋に面している3階建てです。水無瀬から帰ってきたから、オーナー様に鍵を開けていただき、中を拝見しました。資料を作成し、折込広告、yahoo不動産への登録、そしてこのブログでもご紹介したいと思います。

某銀行から、東大阪市の長田方面で、380坪程度の売り土地の資料が送られてきました。東大阪で、倉庫用地300坪のご注文をいただいていたので、さっそく見に行きました。比較的建築年数の新しい建物が建っていますが、倉庫にするには階高が低すぎるので、立て直しの必要がありそうです。

« 20日の日記 ちょっと風邪気味 | トップページ | 22日の日記 扁桃炎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コモンガーデン水無瀬:

« 20日の日記 ちょっと風邪気味 | トップページ | 22日の日記 扁桃炎 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ