« 公園の前の小さな長屋 | トップページ | 大正時代の新聞 »

選挙事務所

先日、選挙事務所の開設のお世話をさせていただきました。もちろん、衆議院選挙のための事務所です。
来月から募集を始める予定の空きビルの下見をしていたときに、候補者の親族の方が突然、ビルの内覧に来られました。ビルのオーナーと私の共通する知人のからのご紹介でした。ちょうど、その場所にビルのオーナーもいらっしゃってので、商談はトントン拍子に進み、即日、契約と言うことになりました。この場所を見つけるまでに、相当ご苦労されたようで、商談が成立した時には本当に安堵しておられました。しかし、選挙管理委員会に選挙事務所開設の届けを提出する期限が迫っているとのことで、現地下見後、なんと2時間後の契約ということになり、
普段なら当然お預かりする証明書関係を何も用意しないままのイレギュラーな契約となりました。10年前の阪神大震災の時を思い出しました。あのときも、身分を証明するものをなにも持たないお客様が大阪方面に殺到し、「今日契約」「即入居」というお仕事をたくさん経験しました。先ほど、事務所の様子を見に行ってきましたが、まだまだ準備不足で、公示日までに事務所は完成するんだろうかといった印象を受けます。候補者のご親族にお聞きしても、ここ数日は、午前3時より早く寝ていないとのこと。事故の無いようにと祈るばかりです。

« 公園の前の小さな長屋 | トップページ | 大正時代の新聞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙事務所:

« 公園の前の小さな長屋 | トップページ | 大正時代の新聞 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ