« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

長池ふれあいフェスティバル

t_R0013432 まずはじめに、我が家で栽培している田辺大根について報告。種を植えたのが遅かったので、昨日やっと間引きが完了しました。園芸用の土袋に5粒づつ植えましたが、本日をもって一本立ちです!後は、12月の収穫を待つばかりです。楽しみ楽しみ。で、間引きした大根の葉っぱを食べるべく、「流し台の上の葉っぱ」状態の記念撮影をパチリ。

昨日は、地元の大阪市立長池小学校で、地域のお祭りがありました。その名も「長池ふれあいフェスティバル」。長池連合町会、昭和中学校PTA、長池小学校PTA、ボーイスカウト、子供会、青少年指導委員、ヘレンケラー財団平和寮などの地域の有志が集まり、地域の人たちをお招きする催しです。

t_R0013499 大荒れの土曜日から一転して、快晴の広がる素晴らしいお天気でした。そのおかげで、大勢のお客様が来場され、1400人を超える方が遊びに来られたようです。各種模擬店や、吹奏楽の演奏、小学生たちのダンスなど、内容も盛りだくさんです。

私は残念ながら1日中自転車の整理で、あまり会場内をゆっくりと見学することは出来ませんでしたが、我が家のこどもたちが、11時半の開会から、3時の閉会まで、ず~っと会場内で過ごしていたので、きっと楽しかったのだと思います。

私も出入り口にいたので、たくさんの方とご挨拶をすることができました。道行く知人を見つけると走って追っかけてでも挨拶したくなるほどの挨拶マニアの私としても、大満足の一日でした。

建築学生作品展

空堀通商店街近くの『練』で開催された『建築学生作品展「木造密集地域の再生-からほりを通して」』という作品展を阪南町在住で、古い町並みに興味をもっているIさんと見に行ってきました。あすの会でご一緒している大阪市立大学大学院のSさんがパネルを出展しておられます。彼のパネルは、昭和初期に建築された長屋が、どのような改造改築を加えながら、今日に至っているかというテーマの作品でした。確か彼の卒業論文のテーマだったと思います。

しかし、からほり倶楽部が仕掛けた『』、『』、『』はどこも人がいっぱいですね。商業的には十分成功していると思います。Iさんは空堀商店街近くの南高校の卒業とのことですが、高校生の頃は、近くにこんな古い町並みが残っていることにまったく気がつかず、そして、その後、このように古い建物が生かされていることに驚いておられました。

t_R0013431空堀周辺とあべの界隈の違いは、建物の迫力にあるような気がします。空堀周辺の街の成り立ちはあまり知りませんが、商家が多かったせいでしょうか、それぞれの建物の造作が大ぶりな気がします。逆にあべの界隈の長屋は、端正な印象を受けます。

商業施設に改造するには、大ぶりで迫力のある建物が向いていると思います。逆にあべの界隈の建物は、そこに住む人の息づかいを強く感じます。やはり、あべの界隈は、人の住む町です。だからそこにある長屋を生かしていくには、『住』の部分はぜったいに大切にしなければならないと思います。

端正な長屋を生かして、『住』と『商』がうまく共存できるような街作りが出来ればと思います。

銀行の合併

二日続きのパーティーでした。

今日は、某信託銀行二行の合併にともない、その子会社の不動産会社も合併すると言うことで、お披露目のパーティーが大阪銀行協会という一般の人にはあまり知られていない場所で行われました。

今、会社に戻って、頂いた名刺の整理をしています。日付とどこでお会いしたかを名刺の端っこにメモするのですが、二つの信託銀行の名前がドッキングしただけの単純な名前なので、覚えにくいし長いし、書くの面倒だし・・・。いずれ太陽神戸三井銀行がさくら銀行になったように、簡単な名前になるのでしょうね。

今夜も昨日の某デベロッパーのパーティーと同じ顔ぶれがたくさんいらっしゃいました。大阪の不動産業界なんて狭いものです。けっこういつも同じ顔ぶれがそろいます。まあ、その大阪のメジャーな不動産業者の端っこに置いて頂いているのは大変ありがたいことですが、残念ながら今の当社は、その立場を十分に活用できていません。

私も業歴が20年になります。昔、平社員だった仕事仲間が皆、課長だ、部長だ、になってきました。昨日も今日も、そんな古い友人と名刺を交換し、相手の肩書きに驚き、少なからず自分の年齢を意識しました。出世競争を勝ち抜いた仲間たちに負けぬよう、明日から商売頑張ります!

いけばな展とかパーティーとか

少し浮世離れした夕方でした。

私のお付き合いさせていただいているお客様で、草月流の大先生がいらっしゃいます。その方から、いけばな展のチケットを頂戴したので、夕方ひとりで見に行ってきました。実は大きな声で言えませんが、生け花を見るのが大好きなんです。きっかけは、長女と2人で阿倍野区役所で開催していた生け花展を見たのが最初でした。それ以来、はまってしまいました。

難しいことは全然わかりません。何々流だとか、花の名前だとか、そういったことはすべて抜きにして好きなんです。もともと草花などの自然は大好きです。鬱蒼と茂る森ならばもっと好きです。その延長線上なのかわかりませんが、盆栽も含めて、自然の草花を小さな器に凝縮するという技と、その自然観のようなものが好きなのかもしれません。

t_R0013420t_R0013428好きか嫌いかだけで、ひとつひとつの作品を見ていき、このブログに掲載する為に気に入った作品をいくつか写真に納めました。そうすると傾向のようなものが見えてきました。まず、大きな花や葉っぱはダメ。かわいらしい色づかいの作品もダメ。あまりに前衛的すぎるのもダメ。好きなのは、緑が豊富で、木肌の見える樹木を使い、アクセントのように花をあしらっているものが好きなようです。

t_R0013429ちなみに、今回チケットを下さった先生の作品は、アンスリウムを使った情熱的な作品でした。アンスリウムは、この夏に引っ越してから最初に買い求めた鉢植えなので、親しみがあります。   

いけばな大阪展は、大丸心斎橋店7階でやっています。

29日(土)まで前期、30日から11月1日(火)まで後期です。

いけばな展の後、ヒルトンホテル大阪で、某デベロッパーのパーティーがありました。こちらのパーティーも、いけばな展とはまた異なるきらびやかさがあります。こちらのきらびやかさも好きです。

参加人数は400人超とのこと。大きな会場での立食パーティーでしたが、さすがに移動にも苦労するほどの人数でした。このようなパーティーでは食事などしていてはダメです。名刺を持ってひたすら友人知人を探し、ご挨拶をして、その方と歓談している人をご紹介いただく、それがこのようなパーティーでも正しい時間の過ごし方です。

今日も会場を3周しました。たくさんの方とお話しすることができました。その中には10年ぶりにお会いするような方もいらっしゃいます。交換した名刺の数は20枚ほどでした。ちゃんとご挨拶をして、楽しい会話をしながらなので、これくらが限界でしょう。

そうそう、収穫は他にもあります。抽選で、3等ワイシャツのお仕立て券が当たりました。なかなか収穫の多いパーティーでした。

t_CA310121

長屋のカフェ『金魚』準備中

t_R0013413t_R0013406  阿倍野区阪南町1丁目の阪南中公園前にある来月開店予定の長屋のカフェ『金魚』の写真です。

今日、私のブログを見て、一度話をしてみたいとコンタクトを取ってきてくれた神戸大学の学生Oさんと行ってきました。まだ、オープンしていないのですが、コーヒーを入れる練習ということで、無理なお願いをしました。ということなので、探して行ってもまだ入れないですよ。

写真の通り、畳敷きがあったり不思議な置物があったりして、とても楽しい空間ができあがりそうです。写真には掃除機とかが写っていますが、オープン前なので見なかったことにして下さい。

神戸大学のOさん、なかなかまじめな大学生でした。今は4年生なのですが、春から大学院に進むそうです。所属している研究室では、兵庫県にある生野銀山周辺の古い建築物の再生に取り組んでいるそうです。生野銀山はなんども行ったことがありますが、そのような古い建物が残っているとは知りませんでした。今日のお返しに、今度、銀山周辺の街を案内してもらおうかと、密かに計画中です。

長屋のカフェに行く前には、寺西家阿倍野長屋で当社が契約のお世話をさせていただいたチャイニーズレストラン『AKA』で、食事をしました。その時、たまたま隣の席に居合わせた女性が私たちの話に合流してこられました。何でもこの女性、古い趣のある建物とロケーションで、ご自分のお店を持ちたいとのことで、それこそかなり広範囲で探しておられるそうです。当社もそのお手伝いをさせていただくということで、ご連絡先をお聞きしました。

その女性ですが、ご自身の生活でも昭和40年代風の生活を実践しておられるそうです。興味深いですね。今度お願いして家の中を見せていただくというのは無理かなあ?

今日一日で、長屋をキーワードに新しい出会いがふたつもありました。もっともっと、仲間が広がれば楽しいですね。

路上アート

t_R0013401 路上アートと言っても前衛芸術ではありません。こどもの落書きです。今日、久しぶりに見つけてうれしくなりました。

こどもの頃、家にはチョークや蝋石(ろうせき)が必ずあって、家の前の道路にいつも落書きをしていました。道や線路の絵を描いて、車を走らせたり、とてつもなく大きな顔を描いたりして遊んでいましたね。

あのころは、こどもの遊びの代表格だったと思いますが、いつの間にか見かけなくなっていました。この家のご両親かおじいさん、おばあさんが懐かしんで、小さなこどもにチョークを買い与えたんでしょうね。

きっと、こんなところに絵を描いてもいいの?と思いながら、書いている内に、だんだん楽しくなってきて、気がついたら道路いっぱいに落書きを広がっていたんだと思います。

次の雨は金曜日だそうです。それまでは、小さな絵描きさんの作品を楽しませてもらいましょう。

不動産オークション

関西不動産情報センターが主催する株式会社アイディーユーのセミナーに出席しました。アイディーユーが運営しているマザーズオークションを一般の不動産会社に開放するので、参加を呼びかけるセミナーでした。

従来、マザーズオークションに不動産物件を出品するには、アイディーユーに媒介を依頼する必要がありました。つまり、マザーズオークションという市場を作ったアイディーユーがその市場を独占していました。しかし、それでは市場拡大が見込めない為、広く不動産会社の会員をつのり、市場の規模を拡大する戦略に転換したようです。

先週の月曜日に東証にて発表されたばかりの新しい取り組みで、今日開催された関西不動産情報センターでのセミナーが最初だったようです。この取り組みが発表されてからアイディーユーの株価が高騰しているとのことでした。

これから来年3月の正式スタートまで、試行錯誤をしながら内容を固めていくようです。現在決まっているのは、加盟金が315,000円、月額会費105,000円、成約した際のシステム利用料が落札金額の0.525%だそうです。

月額会費は一定なので、たくさん出展する会社が有利になっています。当社のように、売却物件の預かり件数が限られている場合には、高コストになる可能性があります。しかし、今後は投資用物件や区分所有建物、また測量済で目立った瑕疵の無いような土地に関しては、かなりの割合でオークションが採用されるようになるでしょう。現在、当社で所有する物件のオークションへの出展を検討しています。経験しなければ、本質的なところは理解できませんから。

表具内装工藝展

昨日は仕事を早めに切り上げて、大阪府表具内装協同組合が主催する「表具内装工藝展」を見に行ってきました。

昨年、あすの会のメンバーである塩田表具店の塩田さんに教えていただいたのがきっかけです。普段の生活で、掛け軸やふすま、衝立などを意識することはあまりありませんが、年に1回、職人の技を見ることのできる良い機会です。

表具の世界にも、若い後継者が育っているようで、時代の感性を感じることができるような前衛的な作品も出品されています。

それぞれ素晴らしい作品が多いのですが、「!」を感じたのは、衝立(ついたて)です。これって、日本が世界に誇る素晴らしいもののひとつだと思います。普段見慣れた室内が、あまり大きなものでなくても、衝立ひとつを広げるだけで、それまでと全然異なる空間に変身する。これってすごい仕組みだと思いませんか。

掛け軸やふすまも年寄りじみた趣味の印象を受けますが、若い人の作品を見るときっと考え方が大きく変わると思いますよ。塩田さんの作品も、すごく挑戦的なものでした。

表具内装工藝展は本日までです。

10月21日(金)から23日(日)まで 今日は午後4時までです。場所は、エル・大阪(大阪府立労働センター)の9階ギャラリーにて、入場無料です。

語る

『語る(かたる)』、最近、この言葉がちょっと気に入っています。

きっかけとかは別にないのですが、ブログを続けている内に少しずつ気になってきました。

昨日、コーポラティブハウスの最後の1区画を売るべく、コーディネーターのCOM計画研究所で、広告の原稿について打ち合わせをしていました。その際に決まったのは、『語る』広告を作ろう、ということになりました。輪転機で印刷する白黒の手作り広告なので、ビジュアル重視ではなく、文章でその物件の良さを伝えようと言うことになりました。

打ち合わせ終了後、雑談していた時にスタッフの女性が岸和田出身と言うことが話題に出て、「だんじり」の話題にふれたところ、そのスタッフはだんじりへの思いを熱く『語り』始めたのでした。

バブル経済の頃は、何事に対しても真剣に取り組んだり、物事を熱く『語ったり』することはなんだか敬遠されたり、気恥ずかしいという雰囲気がありました。でも、最近ふと感じることがあるのですが、自分の回りに、物事に真剣に取り組み、きまじめに、だけど軽やかに取り組んでいる人が多いような気がします。

バブル経済の浮ついた風潮の反動もあると思います。また、バーチャルリアリティーが発達して、すべての事象がビジュアルで表現することが可能になって、そのために逆に言葉に「力」があることに気づいたのかもしれません。

『語る』、どうです、良いと思いませんか?

屋上緑化

長屋再生や街づくりに続いて、最近ちょっと屋上緑化に興味があります。私の住んでいる阿倍野区は、他の大阪市内にくらべて緑の多い地域なのですが、海よりも山派の私としては、もっともっと緑を増やしたいと願っています。

今の会社は駅前のペンシルビルなのですが、夢はガーデンテラスがあって屋外でミーティングができるような会社が憧れです。また、私の会社だけじゃなくて、街中にそんな快適で居心地の良いスペースがたくさん出来ると楽しいと思いませんか?

こどもを持つ身としては、公園もたしかに良いのですが、大人が憩えるような緑のスペースが実はほとんどありません。大阪市内南部では、長居の植物園くらいですかね?住吉大社なども緑が濃くて良いのですが、ベンチがほとんどありません。

まだ行ったことはありませんが、「谷町空庭」をいう屋上緑化を利用した小さなカフェがあると聞きました。そんなのに憧れます。来月オープンする阪南中公園(阿倍野区阪南町1丁目)前の長屋のカフェなどは、私の理想に近い環境なので、オープンが楽しみです。

さて、その屋上緑化ですが、今コーポラティブハウスを一緒にやっているCOM計画研究所というところでかかわっているセミナーが開催されます。

「屋上緑化推進セミナー」

11月4日(金)14:00~16:30 エル・おおさか6階 参加費2000円 定員150名

主催は、屋上緑化推進協会で事務局をCOM計画研究所がしています。お問い合わせは、06-6624-2321まで、電話して下さい。

名刺代わりに

今更ですが、インターネットは必要不可欠なものだなあ、と感じることがありました。

先週、講演の依頼をしに日本駐車場開発を訪問した際、お会いしたご担当の方からブログを見ましたよ、との話があったことはすでに書きました。ところが、本日ご来店されたダスキンの店舗開発の方も、私と会う前にインターネットで私のブログを見て、下調べをしてこられていたんです。どちらも面識のない方だったのですが、電話でアポイントを取った後、インターネットで社名からブログを探されたようです。

本当はりっぱなホームページも持ちたいのですが、如何せん弱小会社ゆえに予算も限られており、更新をするためのマンパワーもなかったので、長い間ホームページを持っていませんでした。私自身は、ウィンドーズが出てくる前のMSDOSの時代からパソコンは使っていたので、ホームページ作成に抵抗は無かったのですが、更新されていないホームページほど惨めなものはないので、踏み切ることができませんでした。

そこへ現れ出たのがブログで、これは便利!とすぐに飛びつき、試行錯誤を重ねながら今のスタイルにたどり着いたわけです。

私にとってこのブログは、名刺代わり、自動自己紹介システムのようなものです。名刺にもアドレスを印刷してあるので、くどくどと私がどんな人間で、普段何をしていてて、どんなスキルを持っているのかを説明する必要はありません。このブログを見ればわかるように、を目指しています。そういう意味では、先週と今日の出来事は、ねらい通りという訳ですね。

このブログが普及し始めた頃、このシステムは仕事をしている人すべてが利用するようになるのでは?と予測しましたが、今のところ、そこまでは行っていません。特に外回りの営業をされる方は、絶対に便利なツールだと思うのですが。会社として、全営業マンにブログの利用をすすめているような会社はないのでしょうか?

田辺大根

t_R0013277田辺大根ってご存知ですか?大阪市東住吉区にあった田辺地区周辺で作られていた幻の大根です。私のこどもが通っている大阪市立長池小学校では、6年ほど前から全校児童がこの大根の栽培を行っています。私も今年の夏にマンションから貸家暮らしにかわったのを機会に栽培を始めています。ホームセンターで購入した土の袋を使った一番お手軽な方法です。自分で作って、自分で食べる大根なので、できるだけ無農薬で育てたかったのですが、先日、ついに農薬を使ってしまいました。青虫の被害が大きくて、大根が生きるか死ぬかの瀬戸際だったのでやむを得ませんでした。毎日朝夕、こどもたちと手分けして青虫取りをしたのですが、取っても取っても次から次に青虫が発生して、葉っぱがほとんど無くなってしまいました。しかし、農薬の威力はすさまじいですね。薬をまいてからはみごとに青虫が出てこなくなりました。ここ数日の晴天で大根は大きく成長し、なんとか収穫できそうな感じがしますが、逆に農薬のことを考えると複雑な気持ちがします。写真は今朝の大根の様子です。収穫できたらまたご報告します。

淀屋橋固め打ち

今日はなぜか淀屋橋ばかりでした。

午前中、関西不動産情報センターの定例会にゲストスピーカーとしてお招きする予定になっている日本駐車場開発株式会社(北浜3丁目)を訪問し、ご担当の方と打ち合わせをしました。この日本駐車場開発という会社は、いわゆる月極駐車場の管理をシステム化し、そこに独自のノウハウを開発して、駐車場というニッチ市場で、東証1部上場を果たした会社です。11月の定例会でお話をお聞きするのが楽しみです。

午後は、案内や電話の応答、来客などの普段の業務で追われ、目が回るような忙しさでした。忙しすぎると、身体は動いているのに、魂がついて来ていないような感覚に陥ることがあります。魂が後ろからついてきている間は良いのですが、今日の午後は何度か、魂が迷子になったような気分になりました。少しオーバーワークですね。

夕方は、住友信託銀行の本店不動産部(北浜4丁目)で定例の情報交換会でした。住信リアルタークラブという会合で、銀行と地域の不動産会社のネットワークです。大阪市内中心部で情報をいただきましたが、ここ数日は下見にすら行けそうもありません。

住友信託の後は、普段、ボーイスカウトでお世話になっている方が経営しておられる保険代理店、(有)エヌ・エス保険コンサルタント(高麗橋4丁目)を訪問。お客様の火災保険のことと、ボーイスカウトのことについて、いくつか打ち合わせがありました。

淀屋橋固め打ちの最後は、昨夜に引き続いてのバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバルに参加する為に中央公会堂(中之島1丁目)へ行きました。昨夜のフィルムは、クレイジーな映像が多かったのですが、今夜は一転して少しメッセージ性のある映像が中心でした。昨日からの無理がたたって、不覚にも途中で少しうとうとしてしまいましたが、昨晩に負けないほどおもしろく、楽しませていただきました。

昨夜、ブログを見つけて下さった女性からメールをいただきました。私のブログに共感するものを感じていただいたようです。ありがとうございます。そして、今日訪問した日本駐車場開発の方も私のブログを見つけてお読みいただいていました。読んでいただいている方がいらっしゃるというのは、書き手にとってたいへん心強いものです。感謝感謝、ひたすら感謝です。

バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル

パタゴニア主催のバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル2005インジャパンを見に行ってきました。今、帰ってきたところです。おもしろかったですよ。このような映画祭に参加するのは初めてでしたが、明日も楽しみです。あ、来年も楽しみです。

この映画祭は、世界中のアウトドアスポーツや冒険のドキュメンタリー映像を集めた映画祭で、日本では去年から行われているようです。大阪開催は初めてです。会場は中央公会堂でした。お客さんは300人くらいでしたかね。

短編映画が多いのですが、クレイジーの連続です。スキーで崖からジャンプする、マウンテンバイクをかっ飛ばす、フリークライミングで叫ぶ、カヤックで波にのまれる、オーストラリア大陸を歩いて縦断する。クレイジーすぎます。見ていてこっちが痛くなりそうな映像もたくさんありました。でも、みんな楽しそうなんですよ。映画の中の人も見ている観客も。

明日も18時から二日目の上映があります。明日はなぜか、京阪神不動産経営研究会とあすの会が重なってしまいました。どちらも大切で選べないので、映画祭に行って来ます。

幼稚園の運動会

8日(土)の予定だった長池幼稚園の運動会が雨天順延のため9日(日)に開催されました。会場は阪南小学校。準備が間に合わず、予定から30分遅くのスタートでした。1日我慢した分、素晴らしい晴天の元、楽しい運動会でした。今年はPTA会長という立場での参加だったので、ほとんどの時間をテントの下で過ごすことができましたが、他の役員や委員の皆さんは、多くの役割分担があり、申し訳ありませんでした。皆さんのおかげで、楽しい運動会が成功することが出来ました。感謝しています。今年で7回目の幼稚園の運動会でしたが、3人目のこどもも年中です。来年の運動会が最後と思うとちょっと寂しい思いです。

8人の建築家 住宅展

あすの会でお世話になっている建築家の方が出展されている「8人の建築家 住宅展」を天王寺ミオのミオホールへ見に行ってきました。有限会社アーキソシエイツという建築プロデュース会社が主催するイベントです。青砥聖逸建築設計事務所の青砥さんとSUGA ATELIERの菅さんが参加しています。

デザイナーズウィーク2005

10月6日(木)から10日(月)まで開催の「デザイナーズウィーク2005」を見に行きました。会場は南堀江にある栗本建設ビルの1階2階の改装予定フロア。友人の大長ハウスの松峯社長からお誘いを受けました。若手の材木屋さんが集まって、木材のオブジェをデザイナーズウィークに出展するとのこと。この材木屋さんの展示は、店舗デザインで有名な間宮吉彦氏のプロデュースです。ちなみにデザイナーズウィーク後の栗本建設ビル1階2階は、「淀屋橋ウェスト」を仕掛けて名をあげた株式会社ケイオスの澤田氏が「kNot」というショッピングスポットをプロデュースするようです。

キャンセル続き・・・

昨日のコーポラティブハウスのキャンセルに続いて、賃貸マンションではありますが、今日もキャンセルがありました。入居申し込みがあり、家主さんに保証金の減額交渉もしていたのに・・・。あまり強引に手付金を取ったりするのは好まないので、仕方がないですね。以上、本日はぼやきでした。

キャンセル住戸がでました

数日前に「完売!西田辺駅前コーポラティブハウス」と書いたところでしたが、なんとキャンセルが出てしまいました。今日の夕方、コーディネーター会議がCOM計画研究所であったのですが、その時に聞かされました。お勤め先が急きょ廃業することになり、紹介された転職先が京都にあるため、通勤の関係で参加を断念されたようです。

9日には、ハウジンググループを結成する段取りまでしていたのでとても残念です。キャンセルが出たのは最上階の80平米のお部屋です。今週末に広告を配布することになってので、明日はまたまた印刷作業です。

事務所開き

以前、このブログにも書きましたが、先の衆議院選挙の際に某立候補者の事務所をお世話させていただきました。改装工事中の事務所ビルで、ビルオーナーと工事や賃貸条件の打ち合わせをしているときに、ある方の紹介で、飛び込んでこられた立候補者でした。公示日の直前で、事務所が決まらず焦っておられる雰囲気が感じられたので、オーナーと話し合い、契約もそこそこにその日からの賃貸という事務所としてはイレギュラーな契約でした。

その立候補者ですが、なんと当選されたんです。大阪2区の川条しかさんです。ご両親と幼なじみの秘書の3人でスタートされた選挙戦ですが、地元でしっかりと地盤を築かれている他の候補者を僅差で破るという結果でした。本音で言うと奇跡だと思います。

選挙戦を戦った事務所は、大通りに面した面積も広い物件だったので1年生議員には賃料も高く、常設の事務所の移転先を探しておられました。他の不動産業者もいろいろと探しておられたようですが、今度の移転先も当社が窓口でテナントを募集している物件に決まり、先週の金曜日に無事契約を終了しました。

本日午後、電話の工事を行い、最低限の事務機器を搬入し、事務所として機能し始めました。選挙事務所と同じ大通りに面して、区役所のすぐ近くの小さなビルの2階をこれから政治活動の本拠として活躍されることをお祈りいたします。

新任の教頭先生は!

一昨日、大阪市立長池小学校の教頭先生の離任の会がありました。PTAのお世話をさせていただいているので、私も初めて参加させていただきました。校長先生やPTA会長からの贈る言葉のあと、離任される教頭先生のご挨拶がつつがなく終了し、新しく赴任してこられた新教頭の紹介という手順です。祝ご栄進と書かれた看板の下にある新しい教頭先生のお名前を見ながら、昔のボーイスカウト仲間のことを思い出していました。今から20年前、蔵王の麓で開催された4年に一度のボーイスカウトの全国大会“ジャンボリー”に大阪から派遣されたときの、同僚のリーダーと同じ名前だったような気がして、その時の苦しかった体験をいろいろと思い返しているときでした。校長先生が扉を開き、招き入れた新しい教頭先生は、なんと今、思い返していた人物そのものではありませんか!思わず、ご本人を指さしながら「おおっ!」と声を出してしまいました。先方も気づかれたようで、私の方を見ながら目を丸くしておられました。

そのリーダーさんは、他の団の方だったのですが、編成隊でご一緒させていただき、彼が隊長で私が副長という関係でした。おおざっぱな私に対して、事務能力の非常に高い方で、編成隊の運営面では対立することもあったり、ご迷惑をおかけすることもたくさんありましたが、20年もたつと非常に良い思い出です。この時のキャンプは、期間の最中に、集中豪雨に遭遇し、土砂降りの雨がちょうどきっちり24時間続きました。テントの中に厳重に保管してあった燃料の木材も、極端に高い湿度のせいで、雨にふれていないにもかかわらず、びしょ濡れになってしまい、大型テントの下に移動したカマドで非常食として配給されたインスタントのうどん“どんべえ”を作るためのお湯を沸かそうとしましたが、思うように炎があがりませんでした。リーダーが何時間も交代で、板や段ボールなどで風を送りながら、ほんのわずかなぬるいお湯を作り続けていました。私などはお湯が回ってこなかったので、乾燥した麺に粉末スープを振りかけながら食べた記憶があります。気温も夏にしては極端に下がり、熱を出す子供が続出しました。当時20歳だった私でも、気力が萎えそうな集中豪雨だったので、野外生活の経験の少ない子供たちなどひとたまりもありません。

そんな苦しいキャンプをともに経験した人と、また学校というフィールドで一緒に仕事ができるのは光栄です。今回の異動で初めて教頭に就任されたとのことなので、お力になれたらと思っています。そして、落ちついたら昔話をしながら、酒でも飲みたいものです。

オールイン

韓ドラのオールインの最終回を見ました。以前、嫁がCDを借りてきて熱心に見ていたのを横で見ていましたが、最終回を見る機会がなく、先ほどNHKでやっと見ることができました。思いっきりハッピーエンドだったんですね。このドラマは他の韓ドラと違って、企業買収やホテル経営の話も盛り込まれていて、私でも楽しむことができました。それに何と言っても主人公のスヨンさんが美しい!それにつきます。

完売!西田辺駅前コーポラティブハウス

6月末から募集を開始していた西田辺駅前コーポラティブハウスの完売にメドがつきました。正式にはハウジンググループを結成し、協定書を参加者間で締結することによって確定します。これらの作業は今月中をメドに調整中です。明日は、参加者のうちの希望する方をお連れして、関西電力のショールームにオール電化についての勉強に行く予定になっています。私は朝から、子供が通学している長池小学校の運動会のお手伝いで、参加することができません。皆さん、これからの住まいづくりに夢をいっぱい膨らませてきてください。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

最近読んだ本

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ