« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

督促・・・、憂鬱。

月末になると嫌な仕事がたくさんあります。

家賃の督促・・・・・・。

この仕事は嫌ですねえ。
ちゃらんぽらんな性格から、家賃を滞納している人が相手な
ら、それほど苦になりませんが、一生懸命頑張っているのに
どうにもならない人に対して、督促するのは、督促する方も
つらいものがあります。

そんな仕事が四件ほどあります。
小指はまだ痛いし、雨は降るし・・・。

あ~憂鬱です。

セルフビルドで長屋の改修(13)

遅れ遅れになっていた工事も、作業工程の見直しで、1週間
前から見違えるようにスピードアップしました。
今日は、喫茶コーナーのカウンターが完成しました。

foo

あと3分でバス停やったのに

昨日、ボーイスカウトで金剛山ハイキングに行って来ました。
雪は拍子抜けするほど少なくて、青空の下、楽しい1日を
過ごしてきました。

しかし帰り道、もうすぐバス停、というところで、薄氷に足を
滑らせてしまい、手の甲を強打。一時は骨折か?と思うほど
の傷みでしたが、今はなんとか収まりつつあります。

右手の小指が使えぬ不自由な時を過ごしています。

t_CA310046

藍朱(らんじゅ)

東住吉区役所前の「藍朱」さんをご紹介します。少しこだわった陶器・ガラス・染織・和紙などのお店です。喫茶コーナーもあってお茶することも出来ます。

t_R0014056

t_R0014057

t_R0014058

都市活力は緑化から

今日の日本経済新聞。
武田薬品工業の武田会長のインタビューがありました。

商業施設や高層ビルを作っても魅力ある都市にはならない。
人口減少、高齢社会にふさわしい街を作るには、都市の緑化
や自然にあふれた生活の回復が必要、と説いておられました。

高い塀に囲まれた庭園よりも、オープンなガーデンが増えると
良いと思います。私たちの街にも少しずつですが、道の方を
向いた庭が増えつつあります。リビングから自分たちだけが
楽しむ庭ではなく、街の共有財産としての庭を増やしていき
たいですね。

t_R0014051

幼稚園で花壇作り

昨日は、お父さんボランティアの皆さんと、川の横にある花壇
を整備しました。
今までの花壇は、杭の高さが低く、たくさん土を入れることが
できなかったので、植物の生育にあまり良くありませんでした。
作業は3時間きっちりかかり、予想以上に手間取りましたが、
その分、出来上がった時の喜びは大きいものです。
作業後は、園長先生も含む10人で、西田辺の某店にて打ち
上げ。私などは、それが楽しみで参加しているようなものです。
皆さん、お疲れ様でした。

060122_15500001.jpg

熱いエールの交換

昨年の12月、西田辺に気になるお店(飲食)ができました。
長屋を改修した炭火焼きのお店です。
気になりつつも、年末年始の宴会続きで、なかなか食事に
行くことができていません。
今日、ひょんなことでそのお店のホームページアドレスを
知り、思い切ってメールを送りました。
当社が、長屋を再生して地域ににぎわいを取り戻すことを
目指していることを書きました。
そのお店は、飲食店の開業コンサルも行っており、低予算
でも、大資本に負けない元気なお店を作って、街の活性化
を目指しています。
お互いに目指すところは同じのようです。
メールですが、熱いエールの交換になりました。
近いうちに必ず訪問し、このブログでご報告します。

セルフビルドで長屋の改修(12)

店舗入り口の土間。左官作業中です。今日は、土曜日で小学校がお休みのため、メンバーの子どもたちもお手伝いです。来月から阪南町3丁目で、手作り品の委託販売のお店と長屋暮らしをはじめる小川さんも助っ人に来てくれました。

060121_15170001.jpg

コーポラティブ第二弾に発展するか?

ある場所で、ちょっとまとまった借地権をお持ちの方から
自己資金ゼロで建て替えのご相談を受けています。

西田辺のコーポラティブハウスの手法を使い、等価交換と
コーポラティブハウス分譲を組み合わせて、実現できないか、
検討中です。

一緒にチームを組んでいる一級建築士の先生から、ラフな
図面が届きました。それによると、建物のボリュームは、
事業を行う上で必要な面積を確保できそうです。

地域柄、高い価格で分譲できそうな場所なので、図面を
元に具体的な検討に入ります。課題は多いのですが、
やりがいのある仕事です。

イタリア料理店 Lago

西田辺駅から北に徒歩4分のイタリア料理店です。Lagoと書いてラーゴと読みます。去年の10月9日オープン。前々から気になっていたのですが、今日初めてランチに行ってきました。ご近所の主婦層が愛用しているお店のようで、今日も女性客でいっぱいでした。840円のパスタランチを注文。8種類のパスタから選べて、パンとサラダとコーヒー等の飲み物がついています。
住所は、大阪市阿倍野区昭和町5丁目5番29号 サンコービル
電話 06-6628-3028
水曜日が定休です。

http://www.ristorante-lago.com/

060120_12390001.jpg

残っている長屋には事情がある

お客様のご依頼で、ある長屋の所有者調査をしました。
このような仕事は、過去に何度も経験ありますが、
所有者の所在がわからないケースが大半です。

昔々の人の名前のまま、相続登記がされていないとか、
古い住居表示で、現在の地図では住所を確認できないとか。

今回のケースは、共有者が多くて、とてもまとまりそうもあり
せん。特に貸して下さい!というのはほとんど無理でしょうね。

土地の所有者と建物の所有者が別で、そこに行き先のない
お年寄りがひとりで住んでいるとか、なにか事情のある長屋
だけが、今の時代になっても残っているのでしょう。

そして、その事情が解決した長屋から建て替えられるか、
更地になっていくんだと思います。

10日後には金剛山

29日(日)、ボーイスカウトで金剛山へ行きます。
当然、歩いて登ります。しかも雪道を。
ここ3~4年、山登りから遠ざかっていてので、すごく不安。
特に年末年始の宴会ラッシュで、体重も増加しているし。
ダイエットは無理としても、少し運動して身体をならして
おかないと、金剛山で心臓停止、なんてことになりかねない。

愛日小学校、解体工事中でした

060119_16220001.jpg

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

昨夜放送の録画を見た。
小児心臓外科医の佐野俊二さん。
数々の難手術を成功させてきた名医。

不動産の仕事なんて、心臓外科医に比べると・・・。
もっと努力しなければ。

昨夜は日和の新年会

久しぶりに心底、楽しい時間を過ごすことができました。

長屋のセルフビルドに取り組んでいる日和のメンバー、とその友人、総勢20名で、住吉大社近くの串カツ屋さんに。

私ひとりだけ、おっさんでしたが、皆さん暖かく迎えてくれました。

二次会はカラオケへ。

みんな意外に古い歌を歌うんですね。1980年代かな?

普段は同世代のおつきあいがほとんどですが、やはり世代を超えた人脈はたいせつですね。

たくさんの刺激をもらった一夜でした。

累計アクセス数

このブログを開設してからの累計アクセス数が1万アクセスを越えました。昨年1月4日開設なので、1年での達成です。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

周年行事の企画はたいへん

所属している「京阪神不動産経営研究会」(通称KFK)が今年40周年を迎える。

来月、その40周年を記念するパーティーを新阪急ホテルで開催の予定。

日ごろからお世話になっている信託銀行の不動産部の方々とOBの皆様、予定では100名弱のお客様をご招待して行う。

私たちよりも大先輩が半数を超えるので、去年から何度も準備会を開き、失礼が無いように念を入れている。

名簿、名札、記念品、ご挨拶、食事、等々。

決めなければならないこと、確認しなければならないこと、山のようにある。

41歳の私が所属する会が、なぜ40周年を迎えるのか。

実は親の代から続いている。子の世代が5年前に引き継いだ。

不動産関連で、法人格を持たない勉強会が40年継続している例は、たぶん他に無いのではないだろうか。

集まる!

昨年6月末から募集を開始した西田辺駅前コーポラティブハウス。

ついに参加者が全員集まりました!

年末には集まっていましたが、押印がそろうまでは何があるかわからないので、発表を控えていました。

着工まであまり時間がないので、これから忙しくなりそうです。

今日もさっそく土地オーナーと住民代表、そしてコーディネーターとの3人で、ご近所に挨拶回りをしました。

募集中は、書きにくいことがたくさんあったので、このブログに進行状況を書く機会があまりありませんでしたが、
今後は工事の状況を写真を交えてご紹介させていただきます。

新聞社の取材を受ける

COM計画研究所の山本さんのはからいで、某新聞社から長屋再生の取り組みについて取材を受ける。

当社で賃貸借契約のお世話をさせていただいた寺西家阿倍野長屋。所有者の寺西様のお話と賃貸中の店舗内の見学。

続いて、当社で契約とお店づくりのコーディネートをさせていただいた金魚カフェ。事情で年末からお休みが続いてるが、オーナーの福田さんにお願いして鍵をあけていただく。

最後は現在改装工事中のレストア家具の日和。改装工事が難航し、開店予定日が先に先に伸びている。しかし、2階はほぼ完成したが、1階はまだまだ。後日完成後にカメラマン同行で再取材の予定。

どのような切り口で記事になるのか、いやそもそも記事に採用していただけるのか。こうご期待!

新年会のハシゴ

けっこうエネルギッシュに動くほうだが、さすがにこれは初めて。

13日の金曜日。新年会のハシゴ。

一発目は太閤園。しかもお昼。大阪府私立幼稚園PTA連合会大会の新年互礼会。参加者750名。府会議員や国会議員の招待客は約100名。ほとんどが子どもを幼稚園に通わす現役のお母さん。

二発目は夕方から新阪急ホテル。関西不動産情報センターの新年会。大阪、神戸、京都から200会員ほどが集まる。

三発目は地元で。長池小学校を中心に集まるボランティアグループ「おやじの会」の新年会。定例の巡視の日であったが、雨天のため中止。夜の9時から居酒屋にて。

政治家にでもならない限り、もうこんなスケジュールはこりごりです。

セルフビルドで長屋の改修(11)

t_R0014011 t_R0014012

t_R0014013 t_R0014014 t_R0014018 t_R0014021

住宅スゴロク

看板を見て思いました。
「大阪市子育て安心マンション」
マンションって、本当に子育てに向いているのか?

住宅スゴロクって、ご存知ですか?
新婚の時に、賃貸マンションに住んで子供を産み、子どもが成長し手狭になると、少し広めのマンションを購入する。収入が増える中年以降になると、安住の住まいを求めて郊外の一戸建てに買い換える。これでスゴロクの上がりです。

今朝、子どもが幼稚園に持っていくボールで遊んでいる姿を見た時に、ふと思いました。マンション住まいの時だったら、下の階の人に迷惑がかかるから止めなさい!って、叱ってたよなあ、と。一戸建てに移り住んで、家の中で、「走るな!」「飛ぶな!」「テレビの音がうるさい!」と叱ることが本当に少なくなりました。

こんな住宅スゴロクはいかがでしょう。
新婚の時には、郊外の駅前の賃貸マンションかアパートに住む。子育てが本格化すると、子どもをのびのび育てることができる郊外の一戸建てを借りる。子どもが独立し、夫婦ふたりの生活になったら、好きな場所でバリアフリーのマンションを購入する。

良質な賃貸住宅供給が鍵ですね。

t_t_t_R0014010

つながる、つながる、mixiで。

昔、パソコン通信にはまっていました。niftyserveです。
特にフォーラムが楽しくて、「冒険&フィールドライフフォーラム」(fadven)の運営のお手伝いをするほどでした。

解散してから数年がたち、その当時の仲間とはメーリングリストで細々と繋がっている状態でした。
今日、そのメーリングリストでmixiの話が出ました。何人かが、mixiに参加しているようで、さっそく探してみると、いましたねえ、懐かしい名前が。さっそく、マイミクシィの追加リクエストをし、仲間を増やしました。

もう少し、仲間が見つかれば、かつてのようなフォーラム(ミクシィでは、コミュニティーですね)を再建するのも夢ではなさそうです。

撤退するにも金がいる

賃貸店舗の解約の際の話。
いわゆる原状回復。

借主が消費者の場合は、消費者契約法や最近の判例によって、原状回復についてのルールが定まってきている感があります。しかし、事業用の貸店舗の場合は、基本的に契約自由主義で、契約に基づいた原状回復の必要があります。建物が鉄骨や鉄筋などのコンクリート系の場合は、そのほとんどがスケルトン貸し。よって返すときには、またスケルトンに戻す必要があります。

しかし、このスケルトンに戻す原状回復が、資源の無駄使いになるし、多額のお金を必要とします。
発展的に解約、つまり、もっと良い場所やもっと広い場所に移転する場合なら、解体費用についてあまり問題になることはありませんが、通常は、そこで事業を継続できないから、解約するケースがほとんどです。運転資金に苦労して、事業を閉鎖し、解約すれば保証金が返還される。そう考えるのは普通です。しかし、ここに解体の費用が重くのしかかってきます。

木造の物件の場合には、造作をそのまま残して解約できるケースが多いと思います。コンクリート系の建物でも何か合理的な方法で、スケルトンに戻さなくても良い方法はないものでしょうか。

東京の事例ですが、コンバージョンのSOHO系物件で内装を解体しないで次の賃借人に引く次ぐ物件があるようです。しかし、この物件。インテリアデザインの「イデー」がプロデュースをし、入居の際には、貸主に対して、どのような使い方をするのか、というプレゼンテーションをする必要があるようです。ある程度、クオリティーの高い居室が作られる可能性があるので、次の入居者に内装を引き継ぎやすいという考えがあるのでしょうね。

この広告、よく考えていますね

初めて見た時は、「誰や、新聞に落書きしたのは」と思った。
我が家には幼稚園に通っている子どもがいるので、当然その仕業と思う。
しかし、よく見ると印刷された落書き。

「やられた~」

一発で印象に残る広告となってしまった。
もっとも、最近はすっかり慣れてしまい目にもとまらない。

060111_09230001.jpg

不審者情報一斉メール

長池幼稚園のML「おやじネットワーク」に、昨年12月から、大阪市教育委員会が発信元の不審者と事件の情報が配信されるようになった。配信開始後、早々に3~4件程度の情報が配信される。私の子どもが通う小学校の児童に不審者が声をかけるというような事例もあった。今日から新学期。また、心配のつきないメールが配信されるのかと思うと気が滅入る。

今日の日本経済新聞夕刊に不審者情報一斉メールについての記事があった。各地のPTAや学校・地域で取り組んでいる事例が紹介されている。この手の情報は使い方を間違えると、子どもに悪い影響を与える。いたずらに不安を助長すると子どもにその不安を伝染させてしまったり、子どもを囲い込んで、外で遊ばさなかったり。冷静に受け止める保護者側の技量も試されている。

危機管理について研究をしている機関の人の意見をまとめた「保護者がすぐにできること」が良かった。短い文章なので転載する。

◎地域に配信システムがあるか調べる
 自治体の危機管理部門や警察が配信するケースも。
 ホームページ上で公開している地域もある。
◎日ごろから家族で関心を高める
 子どもと「地域安全マップ」を作れば、気付かなかった危険が
 見つかることも。誤った不審者像を持っていないかも確認
◎情報で浮足立たない
 発生から配信まで数日かかることもある。落ち着いて内容
 を検討する。不確かなうわさを周囲に流さない
◎子どもに自分で考えさせる
 「あなたならどうする?」と聞く。
 いたずらに怖がらせないようにする
◎地域のためにできることがないか考える
 学校に要求するばかりではダメ

NHK新番組「プロフェッショナル」

NHKの新番組「プロフェッショナル」を見た。
破綻したリゾートを次々と再建している「星野リゾート」の星野佳路さんが今日の主役。
この人は、前から注目していたが、今日は少なからず感動した。
私の目指す経営者像に近い。
社員に決定権をゆだねる。社員に任せる。それが基本。それぞれの旅館の強みを探し、それをのばす。

この人の奥様も実はすごい人。
星野朝子、日産自動車マーケティング担当のバイスプレジデント。あのカルロスゴーンに直接目染められた人。
この人の新聞に寄せられた小さなコラムを見たことがある。
マーケティングについての小さなコラムだった。
「マルチプルニッチャー」
オンリーワンになれる他社に負けないジャンルを持つ。どんなに小さなニッチでも良い。ひとつのジャンルでオンリーワンになれたなら、次のオンリーワンを確立する。そのようなオンリーワンをたくさん持つことによって企業は強くなる。

実は当社もそれを目指している。

お名前は?

昨日、「大阪ガスのサービスショップ」にコメントを書いていただいた方へ。
お名前がありませんでした、どなたかわからないままでは「気色悪い」ので、メールかコメントを下さい。

プラネタリウム

家族で大阪科学館のプラネタリウムを見に行く。
去年ヒットしたBUMP OF CHICKENの「プラネタリウム」、大塚愛の「プラネタリウム」に触発されて、久しぶりにプラネタリウムが気になっていた。
小学校の遠足で行ったのが最後なので、30年ぶりか。

感動した。
こんな素晴らしいものを30年も見ていなかったとは。
2~3ヶ月で内容が変わるようなので、また見に行くことにしよう。

無線LANにしました

今年はパソコンとインターネットを上手に使いこなして、仕事の効率を上げるのが目標。そのため、自宅でパソコンを使いやすくするために無線LANを導入した。

昨日の夕食後、家族の非難を浴びながら天王寺のソフマップへ。有線LANは自分で勉強して敷設してきたが、無線はさっぱりわからんので、店員さんを呼び止めて色々と教えを請う。

適当な機種を買い求め、帰宅後の21時からセットアップを始める。しかし、これが地獄の始まり。説明書をちゃんと読まずに適当にセットアップするたちなので、当然のことながら悪戦苦闘。深く反省し、説明書を読み直してもう一度はじめからやりなおす。無理!わからん!つながらん!

パソコン内蔵の無線LANアダプタなので、パソコンの取扱説明書を見る必要があるのか?いや、それは悔しい。何としてでも残りは自力でつないでやると意地になる。

「モデム」「ルーター」と「アクセスポイント」の言葉の違いがよくわからない。我が家のADSLモデムはルーター付きなのか?よくわからないので、ルーター付きということにしてしまおう。ならば、今まで試していないセットアップ方法がひとつある。購入したアダプタをルーターとして使用しない設定にして、単なる「アクセスポイント」にしてしまう。

繋がった!

セキュリティーのことは良くわからないが、とりあえず繋がった!

作業終了は日付がかわった午前1時。

ネットワークに名前を付けろとか、パスワードを設定しろとか、手元の新聞記事のスクラップに書いてあるが、そんな設定はどこにも無い。

誰か、詳しい人。お助けを。

大阪ガスのサービスショップ

あまりに腹が立つので、実名で書こうとも思ったが、踏みとどまる。

昨日、当社が管理する賃貸マンションの給湯器が故障。
近隣にある大阪ガスサービスショップに修理を依頼。

現場を見に行った作業員と私との電話でのやり取り。

開口一番。
ガス 「見に行ってきましたが、古い機種なので交換をおすすめします」
丸順 「どこが悪かったん?」
ガス 「○○とか、○○。○○も悪いかもしれませんね」
丸順 「修理はできるの?」
ガス 「いやあ、古い機種だから新しく交換した方が良いですよ」
丸順 「修理できるんやったら、できるだけ修理したいねんけどなあ。」
    「それにまだ10年もたってないで」
ガス 「入居してるお客さんも不安がってるから交換した方が良いですよ」
丸順 「せやから修理できるの?」
ガス 「部品もないと思うし、あったとしてももうすぐ無くなると思いますよ」
丸順 「部品はあるんか?」
ガス 「これから探しますけど、あっても取り寄せるのに1週間かかりますよ」
丸順 「大阪ガスの部品やろ、東京や外国から取り寄せるのとちゃうねんから
     なんで1週間もかかるんや。在庫があったら翌日に入るはずや」
ガス 「○□×◇※@■」(注:何を言っているのかわからなかった)
丸順 「わかった!あんたの立場は、交換して売上を増やしたいんやろ。」
   「こっちの立場は、できるだけ経費を抑えて、家主さんに喜んでもらい、
    入居者にも迷惑かからんようにせなあかんねや」 
   「結局、修理できるんか、でけへんのか、どっちや!」
ガス 「部品を探してみます」

修理可能なのに、新品への交換をすすめる。
サービスショップにありがちな対応ですが、今回はひどかった!
故障の原因も調べていないし、部品の有無も確認していなかった。
それに入居者に不安感を植え付けた可能性もあり。

今日のお昼、この担当者から電話があった。
ガス 「部品があったので、これから修理に行きます」
   「費用は5000円です」

登録文化財を見学

阿倍野区阪南町で2例目になる登録文化財の建物を見に行った。場所は阪南町3丁目。二戸が棟続きの町屋。大きな「うだつ」は、京都の町屋を思わせる。

外観で目を引くのは、その「うだつ」と石柱、そして1階窓下の外壁を構成する大きな一枚物の石板と目の細かい格子。室内では、繊細な建具。今ではあまり見ることのできない「型ガラス」の数々。そして室内に改築でビルトインされた土蔵。

建物を所有しておられる方は、外観を修景後、建物を賃貸することを希望しておられる。どのような利用方法が考えられるのか。市場はあるのか。賃料はどの程度か。そして、室内の改装計画とその費用区分。当社でそれらの一部について、助言をさせていただくとともに、借りてくれる人を探すことになるだろう。もちろん、当社が参加する「あすの会」も全面的にお手伝いすることになる。

登録文化財指定については、1月20日ごろにプレス発表される予定。

やっぱりバブルがスタートしたか?

朝日新聞土曜日版の別冊に伝説に残るトレーダーとして有名な藤巻健史氏のコラムが連載されている。今週の見出しは「バブル再突入の予感」。今は「乾いたマキが積みあがり、それに油がまかれている」状態らしい。これから本格的なバブルが始まるとの予想。

左のページに新春特別インタビュー。「年収300万円時代」が持論の森永卓郎氏。こちらの見出しも「デフレ終わり劇的変化」。こちらはこれからバブルが始まるという表現を使わずに、資産価値が下がる逆バブルの崩壊が始まるとの予想。

前回のバブルで火傷を負った身。バブルに乗るのは簡単。でも、バブルから下りるのは神業。

粉雪

今朝、出勤しようと自宅を出ると、白いものがチラホラ。近くの工事現場から舞い落ちるホコリかと思う。が、よく見ると粉雪。大阪で粉雪はめずらしい。よほど気温が低いのだろう。

なんだか疲れた一日でした

正月の休みボケから抜けきらない身体と頭にムチ打つかのように忙しい一日。寒さからの肩こりで頭痛に悩まされる。昨年から継続している交渉ごとが二転三転。
今日は長屋をセルフビルド中の日和にも立ち寄ることができなかった。
明日は、阿倍野区阪南町3丁目で新たに指定される予定の登録文化財の長屋を見学に行く予定。楽しみ。

丸順不動産について

T_photo

        当社の実績:テナント仲介 寺西家阿倍野長屋(阿倍野区阪南町1丁目)

免許     大阪府知事(13)第11322号
社名     丸順不動産株式会社
所在地   〒545-0011
        大阪市阿倍野区昭和町5丁目12番23号 丸順ビル2階
交通     地下鉄御堂筋線西田辺駅1番出口徒歩1分
地図      Google Map
TEL     06-6621-0201
FAX     06-6621-0204
E-mail    koyama@marujun.com
HomePage http://www.marujun.com
blog     http://marujun.cocolog-nifty.com/
twilog    http://twilog.org/KoyamaTakateru
定休日   日曜日・祝日
創業    大正13年4月に小山商店として開業。その後、丸順に屋号変更
設立    昭和47年4月
代表者   代表取締役 小山隆輝
加入団体 社団法人大阪府宅地建物取引業協会
       社団法人全国宅地建物取引業保証協会
       一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会
       関西不動産情報センター
       三井住友信託銀行本店SMTBリアルタークラブ
       りそな銀行和友不動産会
事業内容 土地建物の売買交換の仲介・土地建物の賃貸借の仲介
       不動産に関するコンサルティング・建物の有効活用
       貸地貸家の管理・駐車場管理




※このブログに掲載されている物件の広告有効期限は、掲載後1ヶ月です。


※その他の情報は、右上のカテゴリーを参照するのが便利です!

セルフビルドで長屋の改修(10)

天井を貼っているところです。1月17日(火)のオープンを目指して、作業の追い込みにかかっています。

060105_13130002.jpg

昨年の印象に残った仕事

明日から本格的に仕事をスタートします。その前に、昨年の印象に残った仕事を振り返ります。

・債務オーバーの法人が所有する不動産を債権者の同意を得ながら、かつ、貸主負担ほとんど無しで賃貸借契約を締結

・登録文化財に指定された長屋の賃貸借(チャイニーズレストランAKAとして盛業中)

・火災で事故死者の発生した跡地の売却

・前所有者が大部分をセルフビルドしたと思われる鉄骨造と鉄筋コンクリート造の混構造の地下室のある小規模ビルの再生

・貸主の改修費用負担無しで、大正14年建築の長屋を再生有効利用(金魚カフェとして盛業中)

・屋根が崩れ落ちるほど状態の悪い、10年以上居住者の居なかった長屋の再生有効利用(アンティーク家具と古雑貨のお店「日和」として1月中にオープン予定)

・昭和20年代に建築された和風旅館跡地の再生(等価交換を利用して、所有者の負担無しで再建築し、賃貸収入もはかる。コーポラティブハウスの分譲)※昨年末に参加者が全員確定した模様。詳しくは明日、打ち合わせ後に発表の予定です。

賃貸をベースにした仕事が多かったので、売上はあまり多くはありませんでしたが、他社とはちょっと違う仕事に取り組むことができました。また、初めてコンサルティング契約を締結し、フィーも頂戴しました。
今年も明日からスタートします。昨年よりもより意義深い仕事に取り組んでいきたいと思います。

今日は、とんぼ池公園へ

午前中、年始のご挨拶回りの後、家族5人で岸和田市にあるとんぼ池公園へ。1年前の1月4日に行ったとき、いつも順番待ちのすべり台が、ガラガラで滑り放題だったので、毎年恒例行事にしよう!ということで、1年前から予定が決まっていました。昨年よりも人出は多い印象でしたが、ガラガラには違いなし。寒さに震えながら半日遊んできました。凧揚げも20年ぶりかな?

また太ってしまいました

今日、年始の挨拶回りのため5日ぶりにスーツを着ました。

おなかが苦しい・・・。

また太ってしまったようです。
去年の秋、毎晩残業していた頃は、70k台だったのに。

一石二鳥をねらって、また残業の日々を送りますか。

初詣

毎年恒例のコースを決めている人と、毎年必ず違う所へお参りに行く人とふた通りあると思います。私は毎年同じコース派です。それも子どもの時から。

地元の氏神様の山坂神社。ここの参拝方法は少し変わっていて、押し合いへし合いは一切無い。2列か3列になってきれいに順番を待っています。その長さ、200mほどはあるのではないでしょうか。子どもの頃はそんなことなかったのに、3年ほど前から今のスタイルになったようです。

次に行くのは法楽寺。ここには小山家のお墓もあります。去年、田辺大根の記念碑ができて、田辺大根ふやしたろう会でCOM計画研究所の山本さんの名前も刻まれていました。
除夜の鐘でもないのに鐘をついて、お墓参りをします。

それが私の初詣ルートです。

田辺大根、収穫しました

去年の9月から育てていた我が家の田辺大根を大晦日に収穫しました。日当たりが悪かったので、小学校の大根に比べると小振りなのは予想していましたが、予想以上の小ささに驚かされました。一番日光を浴びなければならないときに日当たりが悪かったのと、青虫取りをさぼって、葉っぱをかなりやられたのが原因でしょう。6株中2株だけ収穫したので、残り4株は、日当たりの良い(しかし水がない)2階のベランダに移動して、リベンジを目指します。

おめでとうございます

12月16日の書き込みを最後に更新が滞っていました。
半月ぶりで、今年最初の書き込みです。

このブログも読者が増えて、12月にはアクセス数が毎日100回を越える日が続きました。
ありがとうございます。

この1年間、試行錯誤の連続でしたが、これからもよろしくお願いします。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

最近読んだ本

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ