« 少額短期保険募集人 | トップページ | 和泉葛城山 »

牛乳は効果無く

長池小学校の田辺大根。6年生が知恵を絞って牛乳によるアブラムシ駆除を試みましたが、効果はやはり限定的でした。今朝、畑を見に行った結果です。

牛乳がたまりやすい場所にはアブラムシの死骸がありましたが、葉の裏などのアブラムシには効果がなかったようです。印象としては1割程度が駆除できたかな?という感じです。

牛乳が効果無ければ、次は石けん液を試してみることになると思います。これも効果が低いだけでなく、大根の葉自体が呼吸できなくなって枯れてしまう副作用があります。乾いたらすぐに洗い流す必要があります。

今日、インターネットで自然農法について調べました。木酢液や食用油など、いくつか効果が期待できそうなものが見つかりましたがどれも手間がかかりそうです。6年生の児童でも難しくない方法が必要です。

その中で「草木灰」というのを見つけました。字の通り、草や木を燃やした後の灰です。これを朝露が残っている早朝に葉っぱに振りかけるだけで、アブラムシに対しての忌避効果を発揮するようです。臭いと強いアルカリ成分が良いようです。それに草木灰は肥料としての「カリ」をたくさん含んでいるので、根を育てる効果があるので大根にはピッタリのようです。

さっそくコーナンで一袋購入しました。19日(日)、学習発表会で早朝から小学校に行くので、その時に密かに一部の大根で試してみる予定です。

« 少額短期保険募集人 | トップページ | 和泉葛城山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少額短期保険募集人 | トップページ | 和泉葛城山 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ