« ミラクルソリューションパートナーズ株式会社 | トップページ | 『西田辺長屋』の間取り図面 »

勉強会や講演会の講師探し

昨日の日記で書いた関西不動産情報センターの勉強会の続き。
今までに、私が幹事でお呼びした講師(会社)のリストです。

株式会社アイ・ディー・ユー(不動産オークション)
株式会社アートアンドクラフト(ストック&リノベーション)
株式会社COM計画研究所(コーポラティブハウス)
株式会社クリード(不動産証券化)
シティサイエンス株式会社(定期借地権分譲)
千島土地株式会社(平林フローティングハウス見学会)
日本駐車場開発株式会社(駐車場新ビジネス)
株式会社さくら事務所(個人向け不動産コンサルティング)
ミラクルソリューションパートナーズ株式会社(特許工法による不動産リノベーション)

振り返ってみると、私は、不動産に関連する新しいビジネスに興味があるようです。
どのようにして、このような会社の人たちと人脈を築き、講師としてお招きすることができるのか?と良く質問を受けます。まあ、それは企業秘密ですね、と言いたいところですが、特別なノウハウがあるわけではありません。

唯一、ノウハウといえるのは、『突撃アタック』のみ。

特殊なことはしていません。会ってみたい人がいたら、知らない人でも電話をするか、突然訪問するだけです。そして、なぜ会いたいのか、なぜ話を聞きたいのか、そこで話をしていただくことがお互いにとってどれだけメリットがあるのかを熱心に説くだけです。

講演会などに参加して、「この講師はおもしろい!」と思ったら、講演会終了後に演台に近づいて話しかけ、名刺を交換するようなことも良くあります。ゴルフもしないし、宴会の後の二次会にも参加しない私が、なぜこのような人脈を築くことができるのかが、皆さん、不思議なんでしょうね。

仕事がらみではありませんが、長池幼稚園のおやじの会で講師をお願いしたリヤカーマンこと永瀬忠志さんは、パタゴニアの大阪店で開催されたミニ講演会の終了後、無理矢理名刺交換をしていただき、後日、自宅に押しかけて講師をお願いしました。

ようは、マインドの問題です。

実はこのような講演会の幹事を引き受けるのは、私にメリットがあるからです。その他大勢の聴衆よりも、その講師と絶対的に親しくなれるから。

昨日の勉強会のミラクルソリューションパートナーズで、私の引き出しの中身はいったん空っぽになりました。また、アンテナを張って、ぜひ聞いてみたい人が見つかったときには、また再始動します。

« ミラクルソリューションパートナーズ株式会社 | トップページ | 『西田辺長屋』の間取り図面 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラクルソリューションパートナーズ株式会社 | トップページ | 『西田辺長屋』の間取り図面 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ