« 西田辺7-Plusの見学会 | トップページ | 田辺大根栽培指導スタッフ養成講座 »

ふれあい農園の殺菌作業

長池小学校のふれあい農園の土壌殺菌作業をお手伝いしました。

昨年、児童の育てる田辺大根に白サビ病という病気が発生しました。

葉の裏に、白いカビが付着する病気です。

ある程度成長していた去年は問題ありませんでしたが、今年もし、初期にこの病気が発生すると大根の養分が取られて、育たなくなる可能性があります。

農薬を使用せずに栽培しているので、殺菌といっても熱処理しか方法がありません。

熱湯を使用する方法もありますが、先生方と検討した結果、黒いビニール袋を裂いて、畑一面に覆い、太陽熱で殺菌することになりました。

主に女性の先生が袋を裂く作業をし、男性の先生はそれを畑に広げる作業を行いました。

本当は農業用のちゃんとしたビニールシートで前面を覆えば良いのですが、予算がないのでやむを得ません。

9月上旬に予定されている田辺大根の種まき。

今年は白サビ病がでませんように…。

« 西田辺7-Plusの見学会 | トップページ | 田辺大根栽培指導スタッフ養成講座 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西田辺7-Plusの見学会 | トップページ | 田辺大根栽培指導スタッフ養成講座 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ