« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2月27日(金)長池小学校 学校評議員会

昨夜は、長池小学校にて学校評議員会という会議がありました。この会議は、学校の自己評価に基づいて、学校経営や教育の水準が正しく保たれているか、またその方向性などについて、主に外部の有識者によって評価を行う会議です。私とPTAの副会長さんは、保護者の代表として参加しています。その他は、大学の先生や校医の先生、地域の代表の方々や元保護者で教育関連に造詣の深い方などがメンバーです。1時間程度の予定が2時間にもおよぶ長い会議になってしまいました。昨日は、いやここ数週間、猛烈に忙しい日々が続いていて、そろそろオーバーヒート気味の頭は、会議が始まってもなかなか仕事モードから切り替わらず、前半の1時間近くは、意見を求められたらどうしよう、と思うほど頭の中はボ~としていました。後半はやっと頭が回転しだしていろいろと意見交換することができ、有意義な時間となりました。この会議が来年度の学校経営に生かされると思うと真剣です。でも、前半はゴメンナサイ。体はその場所に到着しながらも、心がまだ着いていない、みたいなことってありませんか?猛烈に忙しいときに時々あります。心だけ周回遅れで着いてくるみたいなこと。
で、書店でつい買ってしまった本。
「ラクをしないと成果は出ない 一生懸命に働くな」日垣隆著
明日から読みます。1時間30分程度で読めそうな本です。

映画「こどもの時間」上映のご案内

Photo 特定非営利活動法人こももネットから 映画の案内が届きました。
 以前、このブログでも予告したことがあったと思います。
 畑や林もある「いなほ保育園」が舞台です。
 子どもたちの本来の姿を見ることができる映画のようです。
 平日の昼間ですね、行けるかな?
 微妙なところです。

トキの焼き鳥

2月27日(金)の日本経済新聞から。

鳩山邦夫総務相は二十六日の衆院総務委員会で、日本郵政が進める東京駅前の旧東京中央郵便局の再開発について「重要文化財の価値があるものをなくすのはトキを焼き鳥にして食べるようなもの」と述べ、開発続行に否定的な見方を示した。

旧東京中央郵便局は1931年完成の昭和初期を代表する建築物で「重要文化財の価値がある」(文化庁)そうです。久しく東京駅に降り立っていないので、その雄志はあまり記憶にありませんが、なかなか良い比喩を使って、文化財保護の大切さを訴えていただいたと思います。名言と思います。トキの焼き鳥、これを引き合いに出されては、手も足も出ないでしょう。文化財保護のキーワードとして多く引用されるでしょうね。

『最初に父が殺された』  ルオン・ウン著

51v3zsn9fbl__ss500_ 題名 最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を越えて
著者 ルオン・ウン
訳者 小林千枝子
出版 2000年9月
発行 無名舎

今年7冊目。読むのに1ヶ月ほどかかってしまいました。難しい本ではありません。悲しい本です。ページをめくるのが嫌で、読むのに時間がかかってしまいました。でも、ぜひ読んで欲しい本です。1975年から1979年に、カンボジアであったポル・ポトによる大虐殺の生存者の話です。著者は、首都プノンペンで、家族9人で暮らす、幸せな5歳の女の子でした。それが、ポル・ポトによって家族が引き裂かれ、サブタイトルにあるように飢餓と虐殺の恐怖に耐える少女時代を過ごしました。著者は言います。「あなたがこの時代のカンボジアに生まれていたとしたら、これはあなたの歴史になったかもしれない。」折しも、10日ほど前から、当時のポル・ポト派幹部の戦争や人道に対する犯罪行為を裁く国際裁判が始まりました。ポル・ポトはすでに病死してしまいましたが、残る幹部もすでに高齢化しています。今までは、国民が融和するために、この暗黒の時代のことにはふれず、裁判も行われませんでした。しかし、平和を手に入れ、これからも守り続けるためには、過去を振り返り、事実を明らかにし、そして罪を裁かなければ、同じことが繰り返されるかもしれない、という考えに国全体が変わったようです。裁判の様子は、新聞各紙にも詳しく報道されています。ぜひ、この本を読んでいただき、裁判の行方にも注目していただきたいと思います。それが、日本が平和な国であり続けるための大切な作業であると思います。

2月24日(火) 阿倍野区PTA協議会男性代議員の集い

久しぶりのブログ更新です。毎日、とてつもなく忙しい日々を過ごしています。ここ10日間ほど、精神的にも追い込まれるほど、次々と仕事が山積みになっていましたが、やっと気分的に楽になってきました。それでも、PTAの会議終了後、会社に戻り、23時を期限に仕事に取りかかります。

今夜は、19時から阿倍野区役所にて、阿倍野区PTA協議会の男性代議員の集いという会議がありました。阿倍野区内の小学校10校、中学校5校、市立幼稚園1園の男性代議員(主に会長さん)が集まって、情報交換と今後の予定について話し合う場です。

今夜の議題は、今年度の主なPTA行事の報告と来年度の大きな予定の発表。それから各単位PTAで取り組んでいる子どもの安全面についての話が中心でした。その他、来年度以後、区PTAの役員を選出する際のルールづくりなどについても話題が及びました。

区PTAの役員は、単位PTAの役員を兼務しているのが基本なので、当然のごとく負担は私など以上にかかっているのだと思います。そのために、少しでも負担を軽くする方法について話し合いがもたれました。これは規約改正などがともなう可能性があるので、ここで記載することはできませんが、負担が軽くなるのは良いことです。

しかし、区PTA役員の選出方法も大切ですが、これからの課題は、単位Pも区Pも市Pも肥大化しすぎた組織と、過去から積み上げられたたくさんの行事の負担をどのように減らしていくかを考えるべきだと思います。子どもたちの教育支援と保護者の生涯学習支援、そして学校と地域をつなぐパイプとしての役割。本当に何がPTAにとっての役目なのか、本当に必要な事は何なのか、そしてこれからのPTAに求められる新しい役割は何なのか、を良く考えて、事業の再構築を行うべきだと思います。私は私の足下から考え直していきたいと思います。

2月15日 長池小学校 阿倍野区学童ドッジボール大会

昨日は、阿倍野区学童ドッジボール大会の引率。朝8時30分に女子チーム。お昼前の11時30分に男子チームの引率。仕事が立て込んでいたので、引率だけして、ゲームを見ることができませんでした。審判団を見ると、各小学校のPTA会長さんがたくさん審判として参加しています。申し訳ない気分です。女子チームは3位と聞きました。男子の結果はどうなったのでしょう?その引率をするために阿倍野スポーツセンターを2回往復したのと、お昼ご飯と晩ご飯になか卯に出かけた以外は、ずっと会社にこもって仕事をしていました。夕方、PTAの広報委員会から依頼されていたPTA新聞の原稿も書きました。卒業特集の御祝いの言葉ですが、6年生が班長として頑張ってきた田辺大根の裏側に隠れているものをメッセージとしてしたためました。350字程度なので、1時間で書けるものと予想していましたが、意外に苦戦し、3時間もかかってしまいました。それじゃあ、素晴らしいものができたかと言うと、それほどでもありません。調子の良いときと悪いときがあります。

火事  阿倍野区長池町

今朝4時頃、自宅近所で火事がありました。

けたたましいサイレンの音で飛び起き、窓から外を見ると火柱があがっています。方向は、友人知人の家がたくさんある場所です。服を着替えて見に行くと、自宅からは直線距離で30mほどしか離れていない場所が燃えていました。

現地は空き家で、何年も放置されている家です。その横の駐車場に停めてあるキャンピングカー付近が激しく燃えていました。空き家で人の気配のない場所なので、不審火かもしれません。

今朝、出勤前に現場を訪れました。隣の家が延焼を受けたようです。阿倍野区では空き家が増えています。古い木造家屋が多いので、火がつくと延焼はまぬがれません。今朝は、風もなく、曇り空だったので湿度もある程度あったかもしれませんが、北風吹きすさぶ寒い日ならば、付近一帯は火の海になっていたかもしれません。

今日、現場検証が行われると思います。もしも、誰かが故意に火をつけたのであれば、許される行為ではありません。

AERA 09,2,16 №7 特集「家賃崩落」が始まった

特集「家賃崩落」が始まった。

特集に興味があってAERAを買いました。
データや裏付けの少ないイメージ先行の特集という印象を持ちました。
かといって、家賃が下落傾向になってきていることを否定するつもりはありません。
これからも、しばらくは下落傾向は続くでしょう。

今回のミニバブルで、供給された賃貸物件の量はすさまじいものがあります。
大阪市内のことしか知識にありませんが、新築で売りに出された一棟の賃貸マンションは大量にありました。
つまり、賃貸マンション一棟の建て売りです。
また、不動産ファンドなどに販売する目的で建築したものの、バブル崩壊で買い手がつかなくなり、ほとんど一棟丸ごと空き家の同然のまま放置されているような賃貸マンションも多くあります。
通常の分譲マンションの一室、もしくは数室を投資目的で購入し、それを賃貸に出している投資家もたくさんいます。
当社にも賃貸物件の資料が回ってきますが、建築後1年経過しても、総戸数の内、20%程度しか入居していないような物件もあります。
完全に供給過剰です。

もう一つ別の側面から見ると、すでに賃貸マンションに住んでいる人が他の新しいマンションに移り住むケースも少なくなっていると思います。
特に、昭和50年代から60年代にかけて建築されたマンションの場合、入居者の入れ替わりがきわめて低いような気がします。
家賃が安いから引っ越さないのでは?と思いがちですが、そうとも言えません。
平成バブルの時代に大量供給された物件の方が設備も良くて、家賃が安いケースもあります。
それでも引っ越さないのは、引っ越しに要するコスト負担が重荷になっているのが原因かもしれません。

今回の不動産不況は、今までの不況とは構造が全く異なると思います。
長いトンネルの出口には、今までと異なる価値観の世界が待っているような気がします。

物件の下見  天王寺区の収益物件・平野区の事業用地

物件の下見は、昨日が1件、今日も1件を見に行きました。

昨日は、天王寺区某所の収益物件です。鉄骨鉄筋コンクリート造9階建で平成築の中規模な建物です。中規模といっても、延べ床面積は1500坪近くあります。徒歩圏内に4つの駅があり、道路アクセスも良い好立地と思います。ただ、現状の収益は家賃ベースで、満室想定の60%程度の入居率です。1年前なら購入希望者が現れたと思いますが、現在の経済状況では80%以上、期待利回りも8%を超えてこないと厳しいでしょう。

今日見に行った物件は、小規模な事業用地です。場所は平野区の某所。角地で、分譲住宅を建築するには良い形をしていると思います。面積は約100坪ほど。しかし、私、大失敗しています。この物件は入札物件で、締め切りが2月13日に迫っています。他の物件を見に行っている場合ではありませんでした。締め切りまで後、3日しか残っていません!

PTA役員会・実行委員会・卒対委員会  長池小学校PTA

※10日(火)午後、加筆修正しました。

本日午後は、ず~っとPTA。

13時30分から、役員会。
14時から15時まで、実行委員会。
15時から16時過ぎまで、卒業対策特別委員会。
その後、副会長さんともろもろの打ち合わせ。
16時50分に小学校を出て、17時に貸店舗の案内。

これ、もうちょっと考えなあきませんね。
過去の先輩諸氏もやってきたんや!と言われますが、年々働く女性の比率が高まり、私のように地元で商売やっている人間が減り(いや、ほぼゼロ)、しかしながらPTAの役割は昔と変わらず…。仕組みとしてはすでに破綻している可能性があります。今のPTAの仕組みが良いか否かは別として、保護者と学校、保護者と地域をつなぐ組織は絶対に必要です。この仕組みがなければ、教育現場は大きく混乱するでしょう。でも、しかし、いや、なんとかせなあかん。これから、景気後退が長期化すると、平日の昼間が自由になる人なんて、いなくなります。逆に、失業者が増えて、昼間の時間に融通が利く人が増えるなんて、ブラックジョークみたいな時代がくるかもしれません。どないかせな…。良い知恵はありませんか?

ドッジボール練習  大阪市立長池小学校

日曜日は、長池小学校にてドッジボール大会の練習でした。

青少年指導員連絡協議会の皆さんが中心で練習をすすめていただいているので、私はご挨拶に伺っただけでした。今回、初の試みとして、大会前に練習試合を、ということになり、青少年指導員のTさんが、あちらこちらの小学校に声をかけてくださり、A小学校との練習試合が実現しました。

私はというと、前日の同窓会で少々お酒が過ぎてしまったので、体調万全ではなく、また、たまっている仕事を片づけたり、お客様に書類をお届けしたりと、バタバタしていたので、練習開始と終了間際しか見ることができませんでした。

しかし、終了間際の試合風景を見ていると、2時間前とは見違えるようにゲームらしくなっていました。最初はパスも通らないし、ラインオーバーばかりで、とてもゲームに見えませんでしたが、やはり練習試合は大正解でした。

試合まで、あと1回しか練習することができません。6年生は今回が最後の大会。悔いが残らないよう、思いっきり楽しんでもらいたいものです。青指の皆さんに感謝!

同窓会  大阪市立昭和中学校

土曜日は、中学生時代の同窓会へ行って来ました。

実は、自分が中学校へ行っていたという漠然とした記憶はあるのですが、それ以外の細かなことは覚えていません。卒業後、一度も地元を離れたことがなく、中学生時代の延長線上で人生を送っているので、当時の思い出にふけることもないのが原因かな?って、勝手に分析しています。私の周りで、小学校も中学校も同窓会がなかったので、今回が初参加。卒業して、もうすぐ30年になります。記憶を拾い集めるのが目的、みたいな感じでした。

今回の同窓会、自分のクラスではありませんでした。私は3組。今回は4組の同窓会です。ひょんなところからお誘いを受けて、お邪魔したのが実際のところ。パッと顔を見ても良くわからない人もいるし、記憶はあっても中学生の時、しゃべったことありましたっけ?という人もいました。相手の方も、私を見て「誰?」と思ったかもしれないですね。

しかし、同窓会というのは不思議な雰囲気ですね。そこに集まっている人は、同じ中学校に通っていたという共通項があるだけで、それ以外の利害がまったくない。地位も名誉もお金の有る無しも関係なし。ただただ、同じ中学校に通っていただけ。だから、あまり難しいことを考えたり、妙な気を使ったりしなくても、自然とうち解けて話ができるし、毎日会っているような雰囲気で、楽しくお酒が飲める。いや~、実に楽しかったです。

ついつい飲み過ぎて、3次会まで行ってしまいました。普段は、2次会も行かない私がです。皆さん、来年も開催しよう!と盛り上がっていました。次は、もっともっと声をかけて学年でやろう、なんて話も出ていました。幹事のN君、お疲れ様でした。お声をかけていただいて、感謝しています。おかげで、中学校時代のこと、たくさん思い出しました。

ワープロソフト

ワープロソフトは、何を使っていますか?と、質問すれば、ほとんどの人は、ワードと答えるんでしょうね。でも、私は一太郎を使っています。昨日、一太郎の新しいバージョンが発売になりました。一太郎2009。ワードも使いますが、日本語の文章を作成するなら、絶対に一太郎の方が使いやすいと思います。このブログも、一太郎で打ち込んで、コピーしてブログに貼り付けています。

会社のパソコンは、2002年バージョンで、自宅では昨年発売の2008年バージョンを使っています。一太郎を使い出したのは、まだウィンドウズが発表される前のMS-DOSの時代です。パソコンにまだハードディスクが搭載されておらず、ソフトも毎回、5インチのフロッピーディスクを入れなければ起動することすらできない時代でした。

もともと天の邪鬼な性格で、みんなと同じ、というのを無条件で受け入れる性格ではありません。ワードが普及すればするほど、一太郎への思いは強くなるばかりです。経済的にも、ワープロソフトの選択肢が無くなれば、ワードの使い勝手も向上しなくなるし、価格だって高い物を買わされるようになるかもしれません。

普段の仕事で、ワードで書類を作る必要が生じたときは、一太郎で文書を作成して、それをワードで読み込み保存する、という面倒なことをしていますが、不便を感じたことは余りありません。しかし、今一番困っているのは、学校関係の書類を作成するとき、関係者がそれぞれ使っているソフトが異なるので、互いの文書を修正するのに手間取ることが多いです。私は一太郎。副会長さんは、ワープロソフトを使わないで文書作成はすべてエクセル。小学校は、ワードの方もいれば一太郎の方もいらっしゃる、といった具合です。

最近はjavaを使ったもオフィスソフトや、グーグルも無償でオフィスソフトを提供していますね。ファイル交換の不便はありますが、一社に独占させないで多様性がある方が良いと思いませんか?

物件の下見  堺市北区の事業用地

今日は、堺市の物件を見に行きました。と言っても、大阪市に隣接する北区です。今日の物件は合計すると2500坪余りの面積になります。合計すると…、というのは、この土地は300坪から500坪ほどの土地が全部で5筆あります。それらはすべて公道で分断されています。もともと、ある企業の社宅群があった場所です。公道で分断されていなければ、商業施設の可能性もありましたが、1筆が小さいので戸建て分譲用地でしょうね。

借りたい(貸店舗)

焼き鳥店向きの貸店舗を探しています。

場所は、特に問いません。

営業がなりたつ場所、という条件だけです。

それよりもお店の雰囲気にこだわりがあります。

長屋か町家を改造して、それを生かした雰囲気にしたいとのこと。

店舗の面積は、約15坪。

設計士の先生がバックについているので、建物については、少々難ありでもクリアできると思います。

物件の下見  住吉区の事業用地

今日も、あわただしい1日でした。

やっとの思いで、確保した時間は、14時45分から15時までの45分間。

あまり遠い場所の物件は見に行けません。

住吉区の某所、幹線道路に面した大きな土地を見に行ってきました。

駅からの距離は中途半端だし、北側の方が斜面になっていて日当たり悪そうだし…。

基本的には建売素地だと思いますが、平坦でないのは、大阪市内ではとても条件が悪いですね。

郊外だったら当たり前なんだけど。

物件の下見  住之江区の事業用地

物件を見に行くのは、不動産の仕事に関わるものにとって、基本中の基本。しかし最近は、管理やその他諸々の用事で、なかなか見に行くことができません。もちろん、必要に迫られた物件は見に行きますが、それ以外の仕事のネタを探すような下見はなかなか出来ていないのが実情です。

しかし、数日前のブログでも書いたように、先日の情報交換会で入手した物件情報はできるだけ数多く、しかも早く見に行くことにしました。昨日は、以前からアポイントがぎっしりと詰まっていて、とても時間を確保することができなかったので、今日は何が何でも時間を作ってやる、と朝から必死で仕事をしました。

また、そんな日に限ってPTAの用事が入ってきたりします。今年は、仕事の時間を確保するために、学校との連絡は、電話・FAX・メールを多用して、小学校へ出向く時間をできるだけ少なくしてきました。去年はほぼ毎日行っていましたが、今年になってからまだ7回くらいしか行っていません。ところが、今日は急な用事で1日に2回も行く羽目に…。

そんなこんなにもめげず、15時30分から17時まで時間を確保。この時間帯で見に行くのに一番効率の良い物件を選び、現地へ急行しました。今日、見に行くことができた物件は、住之江区の事業用地です。どちらも、2千坪や4千坪もあるような巨大な物件です。ひところは、大阪のベイエリアは、シャープやパナソニックの工場建設で、工場用地や配送センター用地に需要がありましたが、今はやや停滞気味です。

特に住之江区は、臨港地区といって、用途に制限がかかる地域が多く、せっかくの土地が用途制限によって活用されないケースが多くあります。今日の物件もひとつは臨港地区の工業港区です。しかし、もうひとつは臨港地区の制限がありません。そのかわり、地上には巨大な建築物が残っているので、解体費用がとてつもない金額になりそうです。うまくその建物を利用する事業主が現れると良いのですが…。

ラウンドテーブル  ボーイスカウト大阪第119団

今夜は、ボーイスカウト阪南地区のラウンドテーブルでした。会場は、グルメ杵屋社会貢献の家。水曜日は、あすの会と重なることが多くて、2ヶ月に1回程度しか参加できていません。おまけに、カブ部門とベンチャー部門両方の会議に参加しなければならないので、中途半端感は否めません。よって、今夜はカブ部門の会議への参加は断念し、ベンチャー部門だけ参加してきました。

ここ数ヶ月、いや数年は、スカウト人数の減少による活動の停滞とその対策についての話題が中心です。阪南地区でも、団の合併や合同行事の企画が多く実施されています。このベンチャー部門でも、4月以後、いくつかの団が合同して、ひとつの隊を結成し、多人数で、かつベンチャースカウトにとって必要な活動形態を提供するよう準備を進めています。私の所属する119団は当面、その合同隊に参加する予定はありません。しかしその分、自隊においてしっかりとした活動をすることが求められます。

最近は、ビーバー隊やカブ隊などを渡り歩いているので、なかなかベンチャー隊本来の活動をしっかりとフォローすることができていません。かつて、ベンチャースカウト制度に移行する前のシニアスカウト制度の時には、高校生自身によって長期の旅行を契約実行させたり、高校生が単独で、九州までのサイクリングを計画させたこともありました。どこを押さえたらベンチャースカウトが楽しく活動できるかは、わかっているつもりです(但し10年前の高校生と今の高校生が同じならば)。なんとか時間を工面して、かつて私が経験したような冒険旅行を今の高校生や大学生にも経験させてあげなければなりません。

書類作成のみ

地域密着型の営業を行っていると、様々なご依頼があります。今日のご依頼は、当事者同士で貸家を賃貸する話がまとまっているので、契約書を作成して、両当事者に説明をして欲しい、というものでした。このようなご依頼は良くあります。3ヶ月に1回程度でしょうか。今回の賃貸において、貸主様にいつくかの心配がありました。その心配を取り除くための契約書を作成します。今回は、1年未満の定期建物賃貸借契約という方法をとりました。この契約の効果については、また改めて書きます。このような書類作成のみのご依頼の場合、普通の仲介と異なり、手数料をどの程度頂戴するのか特に基準はありません。私の場合は、その仕事に要した時間に基づいて、ご請求させていただくことにしています。今回は3時間強の時間を要しました。ご相談だけなら無料なのですが、そこから何か作業が発生する場合は、このように最低限の経費はいただくようにしています。

緊急連絡メールのメンテナンス  長池小学校PTA

19:00から、阪南町5丁目のMACOホールにて、お通夜に参列。

その後、長池小学校に戻り、緊急連絡メールのメンテナンスを行いました。先日、送信実験を行い、その結果、不達の人たちの原因を調べ、対応を行います。担当の女性役員さんが、不達の方のご自宅に一軒ずつ電話をして、迷惑メールフィルター設定の有無や、アドレス変更の有無などを確認していきます。今回は、委託会社のサーバーが変更になったため、送信元のアドレスが今までと異なります。その結果、いつもの送信テストよりも不達の方が多かったように思います。前のアドレスは指定受信リストに登録していたが、今回の新しいアドレスはリストに登録していないとか、アドレスは変更していないけれど、機種変更したために、自分では操作していないけれども迷惑メールフィルターがかかっていた、などの原因が考えられます。聞き取り調査をしても原因がわからなかった方には、サーバーに直接アクセスしていただき、再度ご自分のアドレスを登録していただくことになります。その操作の途中で、サーバーからメールが届かなければ、端末に何らかの原因があることになります。その場合には、端末を見せていただき設定を確認するか、ショップに持ち込んでいただいて、指定アドレスを必ず受け取ることができる設定に変更をしてもらう必要があります。

メールの一斉送信という仕組みは、いろいろと問題のあるシステムですが、現状ではこの方法が一番ベターと思われます。緊急時に、すべての家庭に一軒一軒電話をするのは現実的ではありませんし、伝言ゲーム形式だと全員に行き渡るまでに2~3日かかるでしょう。不達のご家庭が発生しないように、テスト送信し、メンテナンスをする。これの繰り返しを続けるしかありません。

情報交換会  住信リアルタークラブ

16:00から、臨時の情報交換会。住友信託銀行の本店にて。つい2週間ほど前にも、担当課の情報交換会がありましたが、今日は1課2課合同の情報交換会です。合同の情報交換会が開催されるのは数年ぶり。臨時で開催されるのは初めてではないでしょうか。それほど、我々会員にも、そして銀行にも危機感が迫っています。今日の情報交換会には数十件の売却情報が出されました。すべてを下見することは出来ませんが、できるだけ早期に、そして数多く見に行きたいと思います。どれもこれも、億単位の大きな案件ばかりなので、右から左にお客が見つかるとは思いませんが、まずは現場を見に行くこと。これが大前提なので、頑張って見に行ってきます。

鳴川峠ハイキング  ボーイスカウト大阪第119団

昨日は、カブスカウトを引き連れてハイキング。
行き先は、先週下見した生駒山の鳴川峠です。
久しぶりの山歩きだったので、今日は朝から全身が筋肉痛。
運動不足を痛感しています。
ハイキングはお天気にも恵まれ、無事に全員が歩きました。
府民の森「なるかわ園地」では、短時間でしたが、吹雪のような雪にも遭いました。
もう少し、すっきりと晴れていたら、園地からの大阪平野の眺めは最高なんですが。
次回の集会は、2月22日(日)です。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近読んだ本

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ