« ラウンドテーブル  ボーイスカウト大阪第119団 | トップページ | 物件の下見  住吉区の事業用地 »

物件の下見  住之江区の事業用地

物件を見に行くのは、不動産の仕事に関わるものにとって、基本中の基本。しかし最近は、管理やその他諸々の用事で、なかなか見に行くことができません。もちろん、必要に迫られた物件は見に行きますが、それ以外の仕事のネタを探すような下見はなかなか出来ていないのが実情です。

しかし、数日前のブログでも書いたように、先日の情報交換会で入手した物件情報はできるだけ数多く、しかも早く見に行くことにしました。昨日は、以前からアポイントがぎっしりと詰まっていて、とても時間を確保することができなかったので、今日は何が何でも時間を作ってやる、と朝から必死で仕事をしました。

また、そんな日に限ってPTAの用事が入ってきたりします。今年は、仕事の時間を確保するために、学校との連絡は、電話・FAX・メールを多用して、小学校へ出向く時間をできるだけ少なくしてきました。去年はほぼ毎日行っていましたが、今年になってからまだ7回くらいしか行っていません。ところが、今日は急な用事で1日に2回も行く羽目に…。

そんなこんなにもめげず、15時30分から17時まで時間を確保。この時間帯で見に行くのに一番効率の良い物件を選び、現地へ急行しました。今日、見に行くことができた物件は、住之江区の事業用地です。どちらも、2千坪や4千坪もあるような巨大な物件です。ひところは、大阪のベイエリアは、シャープやパナソニックの工場建設で、工場用地や配送センター用地に需要がありましたが、今はやや停滞気味です。

特に住之江区は、臨港地区といって、用途に制限がかかる地域が多く、せっかくの土地が用途制限によって活用されないケースが多くあります。今日の物件もひとつは臨港地区の工業港区です。しかし、もうひとつは臨港地区の制限がありません。そのかわり、地上には巨大な建築物が残っているので、解体費用がとてつもない金額になりそうです。うまくその建物を利用する事業主が現れると良いのですが…。

« ラウンドテーブル  ボーイスカウト大阪第119団 | トップページ | 物件の下見  住吉区の事業用地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラウンドテーブル  ボーイスカウト大阪第119団 | トップページ | 物件の下見  住吉区の事業用地 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ