« 長池幼稚園卒園式の挨拶 | トップページ | 田辺の町歩き ~コース~ »

第43回非公開文化財特別公開

1月25日(日)以来の完全オフ(泣)。完全オフに無理矢理しました。携帯電話もまる1日サイレントマナーでした。メールやお電話いただいた方、申し訳ありませんでした。今日の完全オフは、数週間前から並々ならぬ覚悟で準備していました。そうでもしないと、永遠に休めそうもなかったので。

今日、どうしても行きたかったのは京都でした。第43回非公開文化財特別公開が開催中で、3月18日(水)に終了だったので、どうしても今日しかなかったんです。ここ数年、京都にはまっています。もともと、京都や奈良の国立博物館で開催される寺院系の展覧会が好きで通っていましたが、その延長線上に、ごく普通に京都通いを始めるようになりました。

この文化財特別公開は、京都市や京都の観光協会が中心にすすめる行事で、JRなども大々的に宣伝をしています。滅多(数十年に1回)に見ることが出来ない秘仏や庭を拝見することができ、観光ガイドによる詳しい説明が聞けるので、毎年たいへん楽しみにしています。今日は、小学校2年生の次女と二人でデートということも大きな楽しみのひとつです。娘も仏像が好きで、なぜか薬師如来がお気に入りです。1年半ほど前に、六道珍皇寺というお寺で薬師如来を拝観してから気に入っています。薬師如来の真言(仏の真実の言葉)である「オンコロコロセンダリマトウギソワカ」という言葉を覚えてから、この「音」がお気に入りで、それから薬師如来が好きになったようです。この真言は「音」が大切なので、通常は翻訳しません。この真言を唱えれば、寿命が伸び、病が治り、お産が軽くなるそうです。また眼病に霊験があると言われています。

今日のお目当ては、妙心寺・仁和寺・妙光寺・東寺の四ヶ所です。JR嵯峨野線の花園駅(京都は絶対に歩くべき!)に降り立ったのは10時30分。最初の目的地は妙心寺です。ここでの見所は重要文化財に指定されている三門。観音菩薩像を中心に左右を十六羅漢像が祀られています。その羅漢像の表情がとても豊かでした。また、天井画も素晴らしいものがあります。次に同じく妙心寺内の衡梅院(こうばいいん)。ここでは「四河一源の庭」という素晴らしいお庭を拝見してきました。

妙心寺の次に向かったのは、10分ほど北西に歩いたところにある仁和寺です。仁和寺では、金堂と経蔵を拝見しました。どちらも普段非公開の場所で、その分、たいへん古い建造物にもかかわらず、保存状態は良かったです。特に1万巻近くが収蔵されているという経蔵は、壁画の保存状態も良く、知恩院で見たものとほぼ同じ様式で、感動すら覚えました。

3番目の目的地である妙光寺は、仁和寺から徒歩20分ほどの住宅街の奥まった場所にある小さな古刹です。非常に由緒有るお寺なのですが、先に見た妙心寺や仁和寺のような広大な境内は持たず、静かな落ち着いた雰囲気です。ここは、私が最近興味を持っている琳派を代表する絵師・俵屋宗達が描いた「風神雷神図屏風」の複製があるお寺です。もともとは、このお寺に本物の「風神雷神図屏風」がありましたが、昔、このお寺の住職が出世して建仁寺に移ったときに、一緒に持っていってしまった、という逸話が残っています。よって、ここには複製しかのこっていません。いつか、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を京都国立博物館に、そして尾形光琳の「風神雷神図屏風」を東京国立博物館に見に行きたいと思います。

最終目的地の東寺へは、JR花園駅から京都駅へ戻り、そこから20分ほど歩いて往復しました。東寺の見所は、国内最高の高さを誇る五重塔の初層内部・金堂・講堂の公開です。いずれも国宝に指定されています。五重塔初層には、心柱を守るように鎮座する金剛界四仏。金堂には、娘の大好きな薬師三尊像。薬師如来を中心に向かって右側が日光菩薩。左側が月光菩薩(がっこうぼさつ)。講堂は大日如来を通中として、21体の仏像による立体曼陀羅が展開されています。今日最後に見たこの金堂と講堂が最高でした。特に娘の影響ではありませんが、金堂の薬師三尊像は壁際に腰掛けて10分ほど、じっくりと拝ませていただきました。

今回の特別公開では、東福寺の毘沙門天立像や高台寺の天井画など他にも見たかったものがいくつかありましたが、水曜日で公開は終了なのであきらめます。京都は奥が深いですね。まだまだ物見遊山的な拝観の仕方しか出来ていませんが、詳しく知れば知るほど、どんどん深くなっていきます。3月24日から5月10日まで、京都国立博物館で、今日拝観してきた妙心寺の展覧会が催されます。次は、妙心寺をもっと深めるために京都へ行きます。

« 長池幼稚園卒園式の挨拶 | トップページ | 田辺の町歩き ~コース~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長池幼稚園卒園式の挨拶 | トップページ | 田辺の町歩き ~コース~ »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ