« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

住宅購入についてのご相談

夕方、明日の契約の準備のために書類と格闘していました。商売人失格ですが、書類作成に集中したかったので、シャッターを半分下げていました。すると、電話が鳴り、「今、丸順さんの前にいていますが、もう閉店ですか?ちょっとご相談したいことが…」と電話がかかってきました。書類がどうの、何がどうの…と言い訳を並べながらシャッターをあげて、ご来店いただきました(汗)

住宅購入のご依頼でした。しかし、お話をお聞きしていると「無理ですよね」とばかりおっしゃり、ご自分のご予算が少ないことを恥じておられるような様子でした。1億円の予算を持っている方も1千万円の予算の方も、自分の予算の中で精一杯の住宅を購入したいので、どんなに予算があっても家探しは楽ではないのですよ、とお話しさせていただきました。

お聞きしていると、不動産購入についての知識が無く、不動産屋さんに物件を案内してもらったら、気に入らない物件でも強引に契約させられそうな気がするという心配をしておられました。特に急いで購入しなければならないという理由もないので、これから半年以上の時間をかけて、じっくり勉強しながら物件探しをしましょう、ということになりました。会社にある不動産売買の小冊子をお持ち帰りいただきました。まずは、とりあえず物件をひとつ見学してみる。そこから、いろいろな疑問や知識を吸収していくのが一番良いと思います。

自宅の一部を賃貸に

ご自宅の一部をNPO法人が運営するグループホームに賃貸する、というご相談がありました。すでにお話は少し進んでいるようで、家賃やその他契約上の諸注意についてのご相談でした。今日の午後、ご自宅を訪問し、お話を伺ってきました。グループホームは消防法等の様々な制限を受ける上に、NPOが補助金等を申請する際に、役所から要望や条件が付いてくる可能性があります。ご自分で交渉を進めるお気持ちだったようですが、それらの交渉ごとをすべて契約書に落とし込んでいく作業を考えると、交渉から契約締結までを当社に任せるという選択肢も考えられたようです。今後、当社の関わりがどのようになるかはまだ未定です。このように、すでに二者間で売買や賃貸の合意ができている上で、交渉の詰めと書類作成を行う仕事も年間を通じて良くあります。

まちなか防災訓練に参加しました

昨日の午後、仕事を中断して、長池連合町会主催の「まちなか防災訓練」に参加してきました。

私の役割は「地域防災リーダー」として、参加している住民の皆さんの訓練をリードする役割です。この「まちなか防災訓練」の最大の特色は、それぞれの町会において、火災やとじこめ、路上の負傷者などを配置し、住民が協力してそれに対処する訓練です。どの場所にどのような想定が隠されているかは秘密になっています。14時に消防車のサイレントともに訓練が開始され、道に横たわる骨折した負傷者がいれば、自宅から副木のかわりなるような傘などを持ち寄って手当てしたり、火災が発生している想定の場所を見つけたら、自宅のお風呂のため水をバケツに入れて持ってくるなどの対応をしていただきます。私たち防災リーダーは、想定を参加者に伝えて、「蛇口からは水は出ませんよ。早く火を消して下さい!」などと声をかける係です。

ですが、なぜか私は災害指揮本部付きで待機させられました。それぞれの災害想定場所から伝令が走ってきて本部に連絡が入ることになっているのですが、それ以上に、本部が情報収集したい場合は、本部から伝令を走らせることになっていました。防災リーダーの中で、最も若い(たぶん)私は、その伝令係を命じられ、どこにでも走っていくつもりで準備万端でしたが、結局仕事は回ってきませんでした。

それでも指揮本部の様子を見学できたのは幸運でした。指揮本部は、各町会長さんだけで構成されているので、他の者でその様子を見たのは私だけです。訓練終了後の反省会に出席できなかったので、この場で公に向かって詳細を記述するのははばかれますが、ただひとつだけ書かせていただくと、実際に地震が発生したときは、地域や連合町会で「防災指揮本部」を設置するのは難しいでしょうね。火事の消火や倒壊した家屋の下敷きになっている人の救出が落ち着いてから、避難所の整備や救援物資の仕分けなどには、連合町会の役割が発揮されるかもしれませんが、震災直後には、とても情報を集約することはできないと思います。昨日の訓練でも、連合町会の指揮本部から、阿倍野区の指揮本部への無線連絡がうまく機能していませんでした。まあそれでも、想定を隠して、その場その場で臨機応変に対処していただく訓練方法は評価して良いと思います。

不動産のコーディネーター

当社は不動産の仲介や管理を行っている会社ですが、町のかかりつけ医のように、土地や建物に関して様々なご相談をしに来られる方がたくさんいらっしゃいます。仕事の規模が小さすぎたり、複雑で時間がかかりすぎる可能性があったりして、大手不動産会社で取り合ってもらえなかった方が大半です。そもそもビジネスとして成立しないようなご相談もたくさんあります。その結果として、不動産の売却や賃貸に結びつくことも多いですが、その場合、当社はご依頼者の立場に立ちながら、営業活動や実務を大手不動産会社に委託するようなケースが多いです。つまり、当社だけで仕事を完結させずに、様々な専門家と組んで仕事をします。

最新の法令はやはり大手不動産会社は良く勉強しています。また、取引事例などは、当社に地価公示のための参考意見を聴取しにくるたくさんの不動産鑑定士さんからバーターで教えていただいくことも多いです。建物のことは一級建築士さん。その他、税理士さん測量士さん司法書士さん…。

今取りかかっている仕事も、当社は売主さん側の権利や利益を確保しつつ、購入希望者側に提携する大手不動産会社に入っていただき、共同で仕事を進めています。この案件は、登記簿に記載されている面積と実際の面積が大きく異なることが判明し、測量士さんと司法書士さんの知識やノウハウを総動員しながら仕事を進めています。

当社のような小規模事業所は、個人で仕事を完結させるため、チェック機能が働かず、ミスを犯してお客様にご迷惑をおかけする可能性を捨て切れません。そのため、当社はこのように他の専門家と連携することにより、チェック機能を働かせています。私はその仕事に関わる関係者全体をまとめるコーディネーター役に徹しています。

2ヶ月ぶりに休みました

父が9月に入院してから、一日も休みをとっていませんでしたが、昨日、2ヶ月ぶりに休みをとりました。

長女と長男は目前に迫る期末試験の追い込みですが、次女はまだまだ遊びたい盛り。

三連休を家でブラブラさせるのはあまりに可哀想なので、数日前から仕事を詰め込んで休みを確保しました。

せっかくのお天気なので、ちょっとドライブということで、神戸市立フルーツ・フラワーパークへ行って来ました。

娘がゴーカートに乗りたいと言い出したのがきっかけです。

小さな幼児の頃から車が好きで、早く免許を取りたいと言っていましたが、ついに運転することを覚えたようです。

コースを2周しましたが、最初は右にふらふら、左にふらふらでしたが、2回目はしっかりとハンドル操作のこつを覚えたようです。

もっとも、ここのゴーカートは道の真ん中にガイドレールがあり、極端にコースを外れたり、隣の車とぶつかったりしない構造になっているので安心です。

2周では満足できなかったようで、次はいつ来るかとせがまれています。

神馬

今日の午後、仕事を中断し、田辺HOPEゾーン協議会主催の神馬の道再現ウォークに参加してきました。

昔、住吉大社が創建の頃から先の大戦後まで、田辺の集落が住吉大社の神馬を飼育する役割を担っていました。

毎日、朝9時に住吉大社に神馬を連れていき、夕方5時に田辺に連れて帰るということを数百年以上にわたって続けられていました。

今日は本当の馬ではなく、協議会の方々が手作りした木馬を曳いての5kmでした。

住吉大社も数十年ぶりに復活した曳き馬にそれはそれはたいそうに喜んでくださり、大変な歓待で迎え入れてくれました。

3着で29,000円

今朝、某百貨店のチラシが入っていました。

冬の紳士服3着セール。冬物スーツ・コート・ジャケット・略礼服 3着よりどり29,000円。

あまりの安さに驚くとともに、明日、政府が宣言すると言われているデフレを思いました。

チラシのコピーに、「選べてうれしい」とありましたが、ちっともうれしくありません。

価格が下がるのは消費者として歓迎しますが、デフレスパイラルを思うと複雑な心境です。

ボジョレーヌーボーも、今年は異常な低価格のようですね。

商品が適正な価格で供給されることを望みます。

デフレはつらいです…。

苦情対応と飲みそこねた熱燗

先月、朝の5時30分にお客様宅を訪問するという経験をさせていただいたことをブログに書きましたが、昨夜は深夜1時に出勤するという経験をしました。

お世話した賃貸マンションのお客様から、深夜に隣の部屋が騒音を発生させるので眠ることができない!という苦情がありました。お尋ねすると、毎夜0時から3時頃にかけてとのこと。さっそく確認しましょう、ということで現地確認を行いました。

10時から2時間ほど仮眠して、どしゃ降りの中を1時に会社に出勤し、ICレコーダーを準備。会社から徒歩数分のマンションの前に立ち、ベランダから漏れる明かりをしばらく観察。1時25分に現地のお部屋前に到着しました。

部屋の前にずっと立っていると警察に通報されそうなので、エントランスや階段に待機し、5分おきに部屋の前で音を確認するという作業を1時間行いました。結果は、まったく騒音はなし。静かなものでした。

騒音を確認できなかったというのは、解決したような解決していないような、なんとも中途半端な結果です。騒音の事実がないのがベストですが、昨夜はたまたまだったのかもしれません。お客様とご相談の上、今後の対応を協議しますが、ひょっとするとまた深夜の出動、ということになるかもしれません。

2時30分に現場を引き上げてからの帰路。どこかで熱燗などちょっと飲んでから帰りたかったのですが、なじみの店はどこも閉店していました。飲みそこねたので、昨夜からずっと熱燗のことを考えています(笑)。

11月9日(月) 物件の下見

久しぶりに物件の下見に行けました。

①貸家/阿倍野区昭和町2丁目
②中古住宅/阿倍野区阪南町1丁目
③中古住宅/阿倍野区播磨町1丁目
④土地/阿倍野区阪南町6丁目
⑤中古マンション/東住吉区南田辺4丁目

①と⑤はご紹介しなければならないお客様がいらっしゃるので、大至急資料化します。

犬、怖いんか?

昨日の夕方のことでした。会社から自宅に戻る途中、目の前の四つ角を猛烈な早さで駆け抜ける大型犬を見ました。車を運転中なら、あわてて急ブレーキをかけていたでしょう。あまり見ることのない光景なので、なぜこの町中を大型犬が駆け抜けたのか、一瞬いろいろと考えました。

誰かを追いかけているのか?
興奮した犬が、飼い主を振りきり逃げているのか?
飼い主が、自分の飼い犬の走る速さに酔いしれているのか?

そんなことをほんの数秒考えながら、その四つ角に差し掛かったとき、視界の隅にその大型犬が入り、あっと言う間に私に飛びかかってきました。襲われる!と思いましたが、愛想良く私にじゃれついているだけなのでホッとしましたが、その犬は私のスーツのズボンをベロベロなめ回します。勘弁してよ~。あまり犬は好きではないので、正直迷惑でした。

飼い主が近くにいるかもしれないので、少し大きな声で、「この犬どないかして~」と言ったところ、飼い主が犬を呼ぶ声がすると同時に、その犬は私を離れて飼い主の元へ走って行きました。良く訓練はされているのでしょう。私は「犬を放したらあかんやん」と飼い主(中年のおっちゃん)に言うと、彼は私に「犬、怖いんか?」と言いました。

どう思いますか?もしも私が顔面蒼白になるくらい犬が怖くて恐怖を感じていたら、その人はどう責任を取るのでしょうか?実際、犬に恐怖を感じる人はたくさんいるでしょう。それに幼児の背丈ほどある犬に飛びかかられていたら、子どもやお年寄りなら転倒していたと思います。また、視界の悪い四つ角で全力ダッシュで犬を走らせたら、交通事故を誘発していたかもしれません。

ご近所の人かもしれないし、争いごとは好まないので、そのまま無視して帰りました。でも、私のスーツのズボンはどうしてくれるのでしょうか。

6日ぶりに

先週は、とてつもなく忙しくて、ブログの更新ができませんでした。

私の場合、疲れは最初に目に来ます。

かすみ目で、視界がぼやけている状態のため、パソコンに向かうのがつらいです。

3日(火)は、長池幼稚園のバザーのお手伝いでした。

11年間、バザーに関わってきましたが、今年で最後。

来年は初めて、お客さんで来ようと思います。

翌日の4日は、西成区の某所にある邸宅を訪問。

広大な敷地にある大正時代と推定される古い屋敷の有効利用についてのご相談でした。

今日も、これからそのお屋敷を訪問します。

体重

ダイエットの途中報告を忘れていました。

現在の体重は、73.1kg。

3年で11kgのダウン。

その内、この1ヶ月で3kgも落としました。

お酒をやめて仕事に励んでいます。

特に早朝のポスティングが効果大です。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近読んだ本

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ