« 11月9日(月) 物件の下見 | トップページ | 3着で29,000円 »

苦情対応と飲みそこねた熱燗

先月、朝の5時30分にお客様宅を訪問するという経験をさせていただいたことをブログに書きましたが、昨夜は深夜1時に出勤するという経験をしました。

お世話した賃貸マンションのお客様から、深夜に隣の部屋が騒音を発生させるので眠ることができない!という苦情がありました。お尋ねすると、毎夜0時から3時頃にかけてとのこと。さっそく確認しましょう、ということで現地確認を行いました。

10時から2時間ほど仮眠して、どしゃ降りの中を1時に会社に出勤し、ICレコーダーを準備。会社から徒歩数分のマンションの前に立ち、ベランダから漏れる明かりをしばらく観察。1時25分に現地のお部屋前に到着しました。

部屋の前にずっと立っていると警察に通報されそうなので、エントランスや階段に待機し、5分おきに部屋の前で音を確認するという作業を1時間行いました。結果は、まったく騒音はなし。静かなものでした。

騒音を確認できなかったというのは、解決したような解決していないような、なんとも中途半端な結果です。騒音の事実がないのがベストですが、昨夜はたまたまだったのかもしれません。お客様とご相談の上、今後の対応を協議しますが、ひょっとするとまた深夜の出動、ということになるかもしれません。

2時30分に現場を引き上げてからの帰路。どこかで熱燗などちょっと飲んでから帰りたかったのですが、なじみの店はどこも閉店していました。飲みそこねたので、昨夜からずっと熱燗のことを考えています(笑)。

« 11月9日(月) 物件の下見 | トップページ | 3着で29,000円 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月9日(月) 物件の下見 | トップページ | 3着で29,000円 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ