« 認知症についての講演会 | トップページ | 長屋購入のご相談 »

阿倍野青年センター

昨夜、阿倍野青年センター存続問題についての集会に参加してきました。先日、阿倍野青年センター存続運動に関わっているメンバーの代表が、大阪市役所を訪問し、担当部局と面談を行いました。結果、来年4月以後も存続の方向で検討していただけるとのことですが、まだそのスキームが決まっていません。施設を丸ごと民間に賃貸する案や補助金を減額しながらでも指定管理者を選定するのか、それとも大阪市の直接管理に戻すのか…等々、まだ大阪市の方針が決まっていません。どの方法に決まったとしても、センターの利用者側は一致団結して、その後の運営に積極的に関わり、経費節減を目指して、阿倍野青年センターが将来にわたって存続できるように汗をかくつもりです。

昨夜は、大阪市との面談の報告と、今後、運営協議会を設立する方向で話しがまとまりました。私もその運営協議会の発起人としてお手伝いさせていただくことになりました。阿倍野青年センターは今でこそ、地域の大人、特に高齢者が生涯学習に利用する施設として有効に活用されていますが、元々は青少年育成のための施設でした。私も10年くらいまではボーイスカウトで良く利用していました。現在でも細々ではありますが、子どもの関係する団体も使っているようです。地域の学びの場であり、コミュニティーの中心的施設のひとつである阿倍野青年センターを守り活用していくために立ち上がった人たちをほおって置くわけにはいきません。

« 認知症についての講演会 | トップページ | 長屋購入のご相談 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症についての講演会 | トップページ | 長屋購入のご相談 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ