« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

車上ねらい

 減少傾向にあった車上ねらいがまた増えてきました。景気の動向や株価に連動しているのではないか?と思ってしまうような傾向です。この1ヶ月ほどで、当社の関わる物件で3ヶ所発生しました。

 その内の1ヶ所は貸家に付属する駐車場で、他の2ヶ所は月極の駐車場です。当社が管理や運営に関わる貸家は約50戸。月極の駐車場は約150区画です。その内の3ヶ所が約1ヶ月で狙われるのですから、率としては高いと思います。

 貸家のケースは、その家の前に駐車場があるのですが、大胆にも窓ガラスを割って、カーナビを盗んでいきました。月極駐車場のケースでは、リモコンによる電動シャッターがある駐車場のスイッチボックスを破壊して、リモコンを使用せずにシャッターを開け、駐車している車ごと盗み去りました。そして今日、警察から連絡があり、当社の管理している駐車場で車上ねらいがあったとの連絡がありました。現場に駆けつけると、ガラス片が散乱していたので、窓ガラスを割り、カーナビか何かを盗んでいったのでしょう。詳しくは明日、現地に防犯カメラを設置してあるので警察官立ち会いのものその画像を確認する際に教えてもらう予定です。

 当社が関わる物件は、大阪でも比較的治安の安定している地域が多いと思います。それでこの状態なので、街頭犯罪多発地域と呼ばれるような場所では、自衛のしようもないことでしょう。自宅前の駐車場からカーナビを盗んだり、車ごと持ち去るという手口もだんだん大胆になってきていると思います。

 駐車場経営者としては当然、防犯灯を設置したり、先ほどの例のように防犯カメラを設置したりして、車上ねらいの防止に努めていますが、その努力もむなしく徒労に終わっています。ガードマンによる巡回もコストの問題もさることながら、手口が大胆で、しかも破壊して一気に持ち去るので、巡回のタイミングを見定めて実行に移されれば、これもやはり無駄な努力になることでしょう。しかし、経営者や管理者にとっては、あきらめましょうは許されないこと。何か知恵を絞らなければなりません。戦いは続きます。

住民交流会

 母親が幼い姉弟を置き去りにして死なせた事件がありました。大阪市西区南堀江1丁目のマンションです。

 そのマンションで、事件の再発と風化を防ぎたいと、一部の住民が立ち上がり、交流会を開いたそうです。しかもその発起人になったのは20代の若者たちでした。新聞にお名前が掲載されていたのは、それぞれ25歳と28歳のデザイナーの方でした。マンションは11階建で総戸数は約80戸とのこと。詳しいことはわかりませんが、新聞やテレビの報道を見る限りでは、分譲マンションの中の賃貸住居、それもどちらかというと投資を目的に販売されたマンションで住民の大半が賃貸居住者という印象を持ちました。

 発起人としてお名前が掲載された方がふたりともデザイナーというのは、南堀江という場所を感じさせますね。最近の若い人たちのことを草食系などと表現することが多いようです。逆に言うと私のようなバブル世代は肉食系と呼ばれ、傾向としては自分に最大の関心があり、物事を損か得かでとらえてしまうように思います。つまり私のような世代では、きっとこのような交流会を開こうという発想はでてこなかった、いや言い切ってはダメですね。そのような交流会を開くために立ち上がる人は出にくい世代であると思います。

 交流会、いいじゃないですか。今後も定期的に開催されるそうですね。でもそこは、南堀江に住むデザイナーさん。交流会を開くにもちょっとひねりがほしいですね。定期的に開催するには楽しくなくっちゃ続きません。もともとのテーマが重いので難しく考えがちかもしれませんが、大いに楽しむことが大切と思います。それに流行りやおしゃれな感覚も取り入れることでしょうね。たとえば、『隣人祭り』なんてどうでしょうか?もともとはフランスのパリで始まった運動で、今ではヨーロッパ各地に広がっています。毎年数百万人が参加しているとも…。リンクの通り、日本支部もできました。詳しくはリンクをたどっていただいたり、検索で調べていただきたいと思いますが、実はこれ、私もやってみたいんですよね、隣人祭り。

 今までの日本では、地域やご近所が交流するには町会というシステムしかなかったじゃないですか。郷土芸能やお祭りなんかが盛んな場所はまた異なる交流の仕方があったかもしれませんが、都会では唯一のシステムが町会。でもこのシステム、やっぱりいろいろと限界も見えてきているんですよね。まあ、何が何でも隣人祭り!って訳じゃなくて、なんか新しい交流の仕組みを考えているところなんです。なんか良い方法はないかなあ?

第5回 長池小学校DEキャンプしよう!

ある誌面に投稿するために記事を書いたので、今更ですが、1ヶ月遅れで掲載します。


7月24日(土)25日(日)、長池小学校PTA主催の校庭キャンプが行われました。この校庭キャンプは平成18年に初めて開催され、今年で5年目になります。参加対象は6年生のみ。他の学年の児童にとっては憧れのイベントです。自由参加ですが今年も30人の児童が参加しました。この校庭キャンプは防災をテーマとしています。楽しく遊びながら防災の知識を得たり、体験をすることが目的です。

朝9時に集合した児童は最初、テントや炊事の班分けを行います。その後、青少年指導員や長池連合こども会の皆さんに引率していただき、大阪市立阿倍野防災センターへ見学に行きました。ここでは、煙の中を避難する体験や消火器の使い方を学びます。

小学校に戻ってからは震災時に予想される「炊き出し」の体験です。汚れた水でも炊飯できる袋を使ってご飯を炊きます。おかずは缶詰です。

午後はプールで思いっきり遊び、夕方、校庭にテントを張ります。初めてテントで寝る児童も多く、しかもそれが通い慣れた小学校の運動場ということで、参加者の気持ちが一気に盛り上がってきます。

夕食はみんなの大好きなカレーライス。カレーは、PTA青少年活動委員会の皆さんにお手伝いいただきながら班ごとに調理します。ご飯は阿倍野区役所から提供していただいた災害備蓄用のアルファ米です。このアルファ米、炊きあげたご飯を瞬間冷凍した乾燥米です。水やお湯で簡単に元通りのご飯に戻り、味や香りもバッチリ!という優れた災害食です。

夏の日差しが西に落ち、星がひとつふたつ出てきた頃、校庭キャンプのメインイベント「きもだめし」の始まりです。お化け役をしていただいているのは長池おやじの会の皆さん。毎年、力のこもったお化けや仕掛けが登場します。今年は、南校舎の2階もコースに組み込まれました。校舎には笑い声、泣き声 、叫び声がこだまします。詳しくは6年生だけが知るお楽しみです。

翌朝は、青指の方によるラジオ体操。朝食は、調理道具を使わずにホットドッグを焼きました。震災時の不便さを体験し、工夫が大切なことを学びました。たった24時間の校庭キャンプでしたが、参加した児童にとって、かけがえのない体験と思い出が残ったことと思います。

大阪あそ歩

Photo_4  『大阪あそ歩 10 秋』のパンフレットが事務局から送られてきました。この『大阪あそ歩』は、大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会が主催する町歩きです。大阪市内にもオモロイところありまっせ!みたいな感じで、102の町歩きコースと10の町遊びが企画されています。

町歩きは標準2~3キロのコースでガイドさんの説明を聞きながら2~3時間かけて町を巡ります。

私の町のご近所を巡るコースとしては、

街道と歴史が織りなす田辺郷 ~模擬原爆投下跡から田辺大根の故郷まで~
昭和レトロ文化の薫陶を阿倍野に訪ねて ~庚申街道から南大阪教会、寺西長屋まで~
歴史街道ジャンクション・美章園 ~難波大道から奈良街道・田辺街道を歩く~

などがあります。

その他、町遊びと称した企画で、

大阪最古の地域寄席・田辺寄席を楽しむ ~田辺にて、笑いをふりまいて36年~

などもあります。

それぞれ開催日が決まっていて、参加費千円から二千円程度必要ですが、初めての町でも、見慣れた町でも再発見がきっと見つかり、知的好奇心を満たされること間違いないと思います。
インターネットで「大阪あそ歩」と検索すればホームページが見つかります。
そこから簡単に申し込むことが可能です。

このようなコミュニティ・ツーリズムや身近な自然を巡るエコ・ツーリズムは21世紀の観光産業の主流になってくると思います。
日本人自身があまりに身近すぎてその価値に気づかない資源を有効活用し、産業として発展させ、雇用を創出し、経済を回していくことはとてもたいせつなことと思います。
また、観光客だけではなく、そこに住む人にも郷土愛のようなものが芽生え、それが全国に広がることによって、健全で安心して暮らせる国土が形成されていくのだと思います。

私も長池小学校の6年生を対象に田辺の町歩きを行うようになって3年になります。今年はその取り組みを少しでも広げるために大人対象の町歩きも実施しました。
少しでも多くの人に、田辺の町の魅力を知っていただきたいので、申し込みがあれば随時開催することも検討しています。
その時は、南田辺駅前のとびっきりオモロイ居酒屋をゴールに!なんてことも考えています。

先生との合同研修会

Photo_4長池小学校の教職員全員と地域ボランティア4人との合同研修会を開催しました。今年で3回目の取り組みです。

はじめに、田辺大根検定2010を実施。教職員の皆さん全員にテストをさせていただきました。テストの内容は、いつ頃から栽培されていたのか?とか、田辺大根が復活した経緯などを三択式で10問答えていただきました。当然全問正解しなければならないはずのベテランの先生が四苦八苦するなど、笑いを誘いながらの楽しいテストです。

次はその解答の参考になるように田辺大根全般に渡ってのレクチャーを私から約30分させていただきました。田辺大根の特徴や歴史。長池小学校での田辺大根の取り組みの歴史と現在。そして、栽培の際の注意事項や、我々地域ボランティアが6年生の班長に対して、何を要求し、栽培期間中の地域ボランティアと先生方との連携について確認を行いました。

後半は、地域ボランティアの山本氏による先生方と地域ボランティアのディスカッションです。そこで、我々地域ボランティアが目指している獲得目標や教育の狙いのようなものをご説明させていただき、それに対して先生方から意見を頂戴しました。

皆さん総じて、肯定的なご意見が多くて安心しましたが、私たちが漠然と持っている教育の狙いやその効果について、ちゃんとした言葉で、きっちりと答えていただいたことには、今更ながら、さすが先生!と感心させられました。

9月6日に6年生が種まきをし、同月9日には全員がマイ大根収穫を目指して種まきをします。平成18年からこのような6年生リーダー方式・マイ大根方式を採用して今年で5年目になります。先生方にも負担をかけているのかもしれませんが、今日の研修会で、お互いに共通の目標を持つことができました。子どもたちの学びのために今秋も地域ボランティアとして頑張りたいと思います。

ちなみに今年の目標は、『楽しく、体験、マネジメント』です。この目標についての説明はまた別の機会に。

半地下の貸店舗

Photo_3 またまた、地下にある貸店舗のご紹介です。今回の貸店舗は半地下で、写真のとおり、外の光が店舗に届くような設計になっています。

私の友人のご家族が飲食店を経営されていますが、少し健康上の問題で、お店をたたむ方向で検討されています。

詳しくは資料を作成後にこちらのブログに掲載します。場所は西田辺駅から1分ほどの場所で、シャープの本社のすぐ近くです。お昼時にはシャープのお客さんでいっぱいになります。カレーセットだけのランチメニューですが、それを目当てに来られるお客様ばかりです。

夜は、お酒を出す店でカラオケなどの設備もあります。最近は、歓送迎会などで貸し切りのお客様が多いと聞きました。

そのお店を設備も含めてそのままつかってくれそうなテナントを探しています。家賃は15万円(税込み)、保証金80万円で解約引きは40万円です。

今後も体が許す限りお店を継続されますが、適当な借り主が見つかった時点で閉店を決意されます。ご案内はいつでも気軽に、とおっしゃっておられました。どうぞお気軽に当社までご連絡ください。

鶴見区で研修会

Photo 8月24日(火)、なぜか鶴見区はぐくみネットコーディネーター研修会の講師としてお声がかかり、参加してきました。

鶴見区は、区としての歴史も浅く、いまだに新設校が設立されるくらい新しい町だそうです。(とても歴史の古い地域もあるそうですが)

はぐくみネットもほぼ全校で設立されていますが、機能していない学校もあれば、町会がその機能を補完している学校もあると聞きました。

問題意識を持たれた区のご担当者が、研修会に際して適当な講師をさがされたところ、私のこのブログと雑誌「大阪人」の記事に出会ったそうです。

ご依頼の内容としては、長屋・町家を通じて町作りをしていたり、小学校等のPTAやボーイスカウト活動、その他の様々な活動の事例紹介や人脈作り、そして情報の集め方や発信の方法を話してほしいということでした。

今年になってから3回目の講師依頼ですが、新しいパターンの依頼で、人脈作りや情報発信などについて、今まで特に考えたこともなかったので、いただいた約40分ほどの時間をどのように組み立てるのか苦労しました。

長池おやじの会の事例を中心に話をまとめました。皆さん、このおやじの会にご興味をもたれたようで、最後の質疑応答の際、様々なご質問をいただきました。また、長池幼稚園の方のおやじの会にも少しふれて、その活動内容や目標の違いなども解説させていただきました。

Photo_2 終了後は、区役所近くの居酒屋に場所を移し、鶴見区長さんなどともご一緒に参加者の皆さんと熱い意見交換をさせていただきました。研修会の参加者約20名、懇親会の参加者約10名、皆さん問題意識を持ちながら、地域でしっかりと活動されている方ばかりでした。きっと、鶴見区では今後も、はぐくみネットだけでなく、その他の地域活動はより活発になっていくことでしょう。

特に、地域資源である「れんこん栽培」や、鶴見区内で飼育の輪が広がりつつある「ホタル」については、特色ある活動なので、頑張って欲しいと思います。

私も、わずかな経験をふくらませて話さなければならない、つたない講師でしたが、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

スナック ヨーコ

Photo

クラスト西田辺(阿倍野区昭和町5丁目5番2号)の地下店舗です。

以前、スナック ヨーコのあった場所です。

明け渡しが完了したので、これから賃貸条件を決めて、募集を始めます。

詳細は後日。

西田辺7-Plus201号室が空きました

7plus

7plus_2 7plus_3

西田辺7-Plus(ナナプラス)はコーポラティブハウスです。

2階と3階の一部に賃貸住戸があります。

201号室は女性専用の1K。

詳しくは後日掲載します。

二次林になるかも

Photo_2

某長屋の中庭です。

今日、明け渡しがありました。

ひと夏、ほおっておくとこのようになります。

以前、20年以上放置されていたこの庭は、直径30cmの大木と笹に覆われていました。

自然の力は、またそこへ戻ろうとしています。

しかし、私が関わった限りは、そうはさせません!

ラブレター

Photo

昨日は私の46才の誕生日。

帰宅したら、次女が手紙をくれました♪

やばい

Photo_2

平野区流町4丁目の流町ビューハイツ。

1階109号室。

専用庭のあるタイプです。

早く入居される方を見つけないと、ジャングルになってしまいます。

無事に契約できました

Photo

紆余曲折がありましたが、昨日、無事契約が完了しました。

アベノ思い出アルバムと活動写真

Photo_2

8月25日(水)18:00~

昭和町駅前の寺西家にて、あべのの古い写真のお話と手回し活動写真の上映が行われます。

お問い合わせは、四井(よつい)さんまで。

06-6624-1127

負けるはずやね

Photo

太平洋戦争中、アメリカがどれだけ“情報”を大切にしていたか。

また、その“情報”を得るために、どのような戦略をもっていたのか。

現代の企業活動にも通じるものがあると思います。

『もしドラ』に続く、今年おすすめの一冊です!

内覧してきました

Photo_7

阿倍野区西田辺町1丁目18番21号の賃貸マンション『グランシャリオ702号室』が空きました。

家主さんから鍵をお預かりしたので、今朝、さっそく室内を見学してきました。

51㎡の2LDK。

リフォームはこれからです。

詳しくは、資料を作成後、また再掲載します。

リニューアルオープンしました

Photo_3

阿倍野区昭和町5丁目8番15号にある坂口鍼灸接骨院がリニューアルオープンしました。

隣家部分を新たに受け付けにしたので、床面積が倍増しました。

Photo_4

内装は以前と同じ、古い長屋の構造を生かした古民家風になっています。

Photo_5

Photo_6

きっかけはこれでした

Photo

長屋の再生や有効活用にかかわるようになったきっかけは、この案件からでした。

福屋工務店の東住吉店。

2004年のことです。

ご所有者様から土地の有効活用についてのご相談を受けて行った事業です。

更地の状態で、看板だけを立て、賃料その他の賃貸条件、どのようなものを建築するかもなにも決めずに、すべて話し合いで積み上げた案件です。

結局、福屋工務店さんの意向に添う建物を所有者名義で建築して、長期の定期建物賃貸借契約を締結しました。

この仕事をきっかけに、長屋の有効活用やコーポラティブハウスなどの仕事につながっていきました。

実は、このときお世話になった土地のご所有者様がお亡くなりになりました。

昨夜はお通夜で、今日はこれから告別式に参列します。

ご心配やご苦労をおかけして、いっぱいいっぱい叱られながらの仕事でしたが、私のことを一番かわいがってくださったお客様でもありました。

心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

ルイヴィトンの3輪バイク

ルイヴィトンの3輪バイク
今日から二泊三日で京都府立青少年海洋センターです。途中のパーキングエリアで見つけました!

あわただしい日常の中で

Photo_9

ここ2週間ばかり、とんでもない日々を過ごしています。

今日も夏期休暇二日目でしたが、朝から出勤しています。

明日からボーイスカウトで日本海へ行くものですから、その準備もありますし、週明けの仕事を少しでも円滑にすすめたいので、下準備も今日中にしなければなりません。

お昼過ぎ、すこし時間を作って、次女をともないお墓参りに行ってきました。

当家のお墓は、田辺の法楽寺にあります。

宗派は異なるのですが、祖父の代にここに墓地を分けていただきました。

朝から時計とにらめっこのスケジュールをこなしていますが、ここへ来ると、そんなあわただしさも忘れ、心落ちが着きます。

8月下旬から9月にかけて、猛烈な忙しさが予想されています。

この秋は、意識的に法楽寺を訪ねて、心のバランスを取っていきたいと思います。

仏像巡りのしめくくり

Photo_7

仏像巡りの締めくくりは、最近改装された奈良国立博物館本館。

「なら仏像館」としてリニューアルオープンしました。

本館は常設展示として様々な仏像が展示されており、企画展を見に行くたびに本館に立ち寄り、良く見学に行っていました。

今回のリニューアルは、主に照明です。

しっかりと仏像の魅力を伝えることができる照明に変更になりました。

現在、東大寺法華堂の改修工事にともない、金剛力士立像が特別展示されています。

これは見ごたえあります。

Photo_8

東新館の方では、仏像修理をテーマにした特別展が催されています。

こちらはいわゆる“お宝”は少なめですが、仏像の構造や修理手法などがわかり、なかなか興味深い展示となっています。

日の光と月の光

Photo_6

8月11日、夏期休暇初日の次の目的地は薬師寺。

唐招提寺のすぐ隣にあります。

ここの目的は、薬師三尊像。

薬師如来をはさんで、日光菩薩と月光菩薩。

特に、日光と月光の両菩薩がすばらしい。

2年前に、東京国立博物館で薬師寺展が開催された折りは、この日光菩薩と月光菩薩が展示されました。

その時は、後ろにある金色の光背がはずされて、後ろ姿を拝見することができました。

どうしても東京まで見に行きたかったのですが、どうしても行けませんでした…。

※この写真もパンフレットからの転載です。

47本足りない

Photo_2

仏像や屏風などの鑑賞を趣味とする私の影響を受けて、小学生の娘も仏像鑑賞を好みます。

先日、唐招提寺の千手観音が新聞に掲載されていたのを見て行きたがっていたので、昨日、夏期休暇の初日に行ってきました。

奈良国立博物館で開催された鑑真和上展は見学に行きましたが、唐招提寺は私も初めて。

さっそく金堂の千手観音とご対面。

Photo_4

なんちゃって千手観音が多い中、この千手観音は手が953本あります。もともとはちゃんと千本あったようです。

当時の技術の高さというか、これを作り上げる根性には脱帽します。

※千手観音の写真はポストカードからの転載です。

読ませるためにはまず親が読む!

Photo

今夏の中学生の課題図書です。

我が家には、高校生と中学生と小学生がいます。

上と下は、ほっといても本を読みますが、真ん中がどうも…。

夏休みの宿題ということもあり、課題図書を探して買ってきました。

ハードなノンフィクションに取りかかっている最中ではありますが、読ませるためにはまず親が読む!作戦を敢行し、昨夜一気に読みました。

部活動がオフになるこの週末、彼はこれを読み切ることができるのでしょうか?

夏期休業のお知らせ


本日11日(水)から15日(日)まで夏期休業します。

魚へんに豊とかいて鱧(はも)

Photo

昨夜は、はぐくみネット関連で親しくなった人たちと、阿倍野区阪南町7丁目にある『ふぐ料理 まんぷく』で、鱧料理をいただいてきました。

恥を知れ!

Photo_5

これも某賃貸マンション。

階段下のスペースにテレビとラジカセを不法投棄されました。

最近、この手の不法投棄があちらこちらで頻発しています。

誰にも見られていないつもりでも、おてんとさんはちゃんと見ていますよ!

町会とは仲良く

Photo_4

当社管理の某賃貸マンションに掲示板を設置しました。

このマンション、入居者の高齢化が進み、町会や地域との連携の中で入居者管理をする必要に迫られています。

今まで、回覧板など放置状態でしたが、これからは様々な行政情報や地域の行事の連絡を告知し、入居者と地域をつなぐことに力を注ぎたいと思います。

今風の長屋ですなあ

Photo_3

この物件は成約済みです。

阿倍野区昭和町4丁目で、大和ハウス施工のテラスハウスを募集します。

ガレージ付き。

オール電化。

詳細は後日発表。

いろんな資格があるもんですね

Photo_2

古民家鑑定士ですって。

テキストは見てみたいけど、資格は必要ありません。

鑑定が必要な場合、当社は大学の先生か某博物館の学芸員さんにお願いします。

景気の良い景色ではありますが…

Photo_4

天王寺駅前の再開発工事現場です。

クレーンが建ち並び、ほんとうに景気の良い景色ではあります。

しかし先の記事、藻谷浩介氏の『デフレの正体』を読んだ後にこの景色を見ると、企業は重大な戦略ミスを犯しているのかもしれない、と思い始めました。

そうか、生産年齢人口の減少だったのか!

Photo_3

分厚いノンフィクションをしばし中断し、藻谷浩介氏の『デフレの正体』を読みました。

久々のクリーンヒット。

オススメです。

現実の経済は悪循環の方向に向かっています。すなわち、団塊世代の一次退職→彼らの年収の減少→彼らの消費の減退→内需対応産業の一層の供給過剰感→内需対応産業の商品・サービスの値崩れ→内需対応産業の採算悪化→内需対応産業の採用抑制・人件費抑制→内需の一層の減退という国内経済縮小の流れが、渦を巻いているのです。(P263から引用)

意外に涼しかったです

Photo

Photo_2

昨夜は、なにわ淀川花火大会に行って来ました。

地下鉄の中津駅から歩いて20分超。

新十三大橋近くの土手の上から見てきました。

ここまで会場に近づくと、かなりの迫力があります。

でも、ちょっと早めに行かないと、座る場所もなくなるのでご注意を。

最近はこの手のお店が多いですね

Photo_6

西田辺の交差点をちょっと西に行ったところ。

前の居酒屋「吉兵衛」のあった場所です。

金鳥の夏 日本の夏

Photo_5

この看板を見て、昔のCMを思い出しました。

長居球技場の名称が、KINCHOスタジアムに変わりました。

4ヶ月も気づかないとは…

Photo_3

Photo_4

すぐ隣の阿倍野区役所には、月に何度も行っているのに、気づきませんでした。

ハローワーク阿倍野が3月に移転していたんですね。

人は、ついつい同じ道を通ってしまいがちです。

仕事を始めた頃、社長から、行きと帰りは違う道を通るんや!そしたら、知らん物件を見つけたりするんや!と良く言われました。

ほんまに、偶然にもこの前を4ヶ月間、通らなかったんでしょうね。

ちっちゃいけど、ちゃんとできてますやん!

Photo_2

長池小学校です。

こんなオレンジ色のゴーヤもあるんですね。

今夏は買わないつもりでしたが

Photo

来年の夏は、今年よりもワンサイズ細くなっているはずなので、今夏は服を買わないつもりでした。

が、必要に迫られ1枚だけユニクロで購入。

高度1万メートルでは、もう秋やね

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

引っ掻いたのがオシャレでした

Photo

旧帝国ホテル本館にも使われたスクラッチタイル。

昭和初期、大流行したタイルです。

昭和初期に建築された阿倍野や田辺界隈の住宅にも多用されています。

しかし、今ではかなり数少なくなってきました。

写真は、東住吉区某所の全面スクラッチタイル張りの散髪屋さんです。

下は時間がかかりました

Photo_8

海堂尊さんの『チーム・バチスタの栄光 下』。

やっと読み終わりました。

上を読んでから中12日もかかってしまいました。

ちょっと忙しかったんですよね。

読後の感想?

特にありません。

次は、ちょっとヘビーなノンフィクションにとりかかります。

時間かかりそう~。

ここから出てきたんやね

Photo_6

Photo_7

金魚カフェの帰り、自転車に乗ろうと思ったら、地面が穴だらけ。

セミがここから出てきたんやね。

こんな硬い地面を掘って出てくるとは…。

阪南中公園でした。

めずらしく満席でした

Photo_5

Photo_4

仕事の打ち合わせで、久しぶりに金魚カフェへ。

角のまあ~るい窓

Photo_3

ご無沙汰していたお客様から久しぶりにお電話をいただきました。

ご所有しておられる賃貸マンションに空室があるので、募集して欲しいとのこと。

さっそくお部屋を拝見してきました。

窓に特徴があるお部屋です。

賃貸条件等、決まりましたら、このブログでご紹介させていただきます。

放置三輪車

Photo_2

西田辺の某所。

数週間前から、三輪車が放置されています。

なぜなんだろう?

どんな子どもが乗っていたのかな?

置いた場所がわからなくなっているだけなら良いのですが…。

お心当たりの方、ご連絡ください。

取り壊しの方向で…

Photo

阿倍野区某所の長屋。

家主さんから相談を受けています。

家主さんのご希望は、取り壊してガレージに。

今日、解体業者による見積もり作業に立ち会いました。

ガレージにするのは、ひとつの案として。

しばらく、その他の可能性について検討することになります。

昭和町を心から愛する人にオススメ

Photo_9


窓から、昭和町の交差点がばっちり見えます。

昭和町を心から愛する人にとっては、憧れの眺めですね?

Photo_10

Photo_11

Photo_12

昭和町の某家主さんを訪問した際に、空室があるとのことで、見学させていただきました。

1971年建築の賃貸マンションですが、思い切ってリノベーションされていました。

Photo_13

募集窓口は当社ではありませんが、仲介可能です。

この物件は成約済みです。

マンション名/松田マンション
所在地/大阪市阿倍野区昭和町1丁目21番
交通/地下鉄御堂筋線昭和町駅 徒歩1分

賃料/
管理費/
礼金/

面積/33.5㎡
賃貸箇所/7階建ての5階 501号室
建築年/1971年4月
窓/西向き

その他/保証会社加入要
取引態様/仲介

広告有効期限/平成22年9月4日
※本物件は他業者の物件につき、他で成約の場合はご容赦ください。

私はここで更新します

Photo_8

運転免許の更新。

5年間、無事故無違反でした。

少々お金はかかりますが、時間を買うと思って、いつもここで更新手続きをします。

緑のカーテン

Photo_6

大阪市内のすべて公立小学校で取り組んでいるみたいですね。

間取りはこんな感じ

Photo_4

Photo_5

阿倍野区桃ヶ池町2丁目の貸家。

間取り図を簡単に書いてみました。

1階、右側の細長いところは、いわゆる通り庭です。

部屋は、2階の1室をのぞいてすべて板張りです。

浴室付近が増築部分で、この家の最大のネックです。

こんなん見つけました

Photo_2

Photo_3

阿倍野区昭和町5丁目です。

さて、ほんまもんのcafeになるか否かは、まだ未定とのこと。

Photo

午前中、仕事の打ち合わせで長池幼稚園へ。

その際、幼稚園で育った梨をいただきました。

持っているのは、会社に涼みに来た次女です。

HOPEゾーンのど真ん中で

Photo_5

HOPEゾーンのど真ん中。

法楽寺の真正面で、これはナイでしょ!

貼り紙

Photo_4

会社のご近所で見つけた貼り紙です。

玄米おうちゴハン 治 ~はる~

治の一文字で、「はる」と読ませるみたい。

玄米を出すゴハン屋さんなんでしょう。

9月初旬オープン予定。

場所は、阿倍野区昭和町5丁目12-14。

以前、「うどん たむら」があった場所です。

貸家が空きました

Photo_3

阿倍野区昭和町4丁目です。

やっぱり涼しいのでしょうか?

Photo_2

大阪のおばちゃんはすぐに持っていくからなあ

Photo

あべのカーニバル

Photo_4

Ing

あべのカーニバルを見学。

長池小学校のはぐくみネット参加団体、「ナッケ手話教室」と「夢舞ing」が演舞しました。

オープンハウス

Photo_3

螺旋階段のあるメゾネットの中古マンションでした。

他業者の行うオープンハウスを見学させていただくのは久しぶりでした。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

最近読んだ本

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ