« 雨の桃ヶ池公園 | トップページ | 隠すということ »

共同で修理することになりました

Photo_2

 数ヶ月前に契約したリノベーションOKの貸家です。入居者自らが、休日を利用して作業を続けています。完全なプライベートスペースである浴室は、まったくの手つかずの状態で、そのまま利用されていました。

 ところが数日前から、浴槽が傾きはじめ、壁との間に亀裂が生じはじめました。入居者より当社に連絡があり、対応について検討していました。

 というのも、この物件は、家主さんは家賃が安くても良いので、あまりお金をかけたくない、というニーズがあり、また入居される方も、古くても良いので家賃が安くてリノベーションできる物件を探していると言うところが、そもそものスタートでした。

 両者の思いを書面化し、契約書を作成したので、少し特殊な内容の契約書になっていました。簡単で費用のあまりかからない修理は入居者が自ら行い、まとまった費用のかかる修理は家主さん負担。しかし、その費用が余りに多額になる場合は、契約を解除できるという内容のものでした。

 この浴槽の傾きがあまり費用のかからない修理にはいるのか、それともまとまった費用のかかる修理に該当するのか、解釈によっては判断が異なる結果になる可能性がありました。

 昨夜、現場にて家主さんと入居者さんとの話し合いがもたれて、私の提案により、家主さんと入居者さんが共同で修理を行うことになりました。自らリノベーションしている入居者さんはもちろんですが、家主さんも簡単な大工仕事ならできる方でしたので、一緒に作業してはいかがですか?という提案です。

 ご親戚の方に、引退した水道工事屋さんがいらっしゃるようです。その方に監督なり、アドバイスをいただきながら、家主さんと入居者さんが共同でお風呂の修理をする。そこでどのような会話が飛び出すのかはわかりませんが、お互いが権利を主張しあったり、契約書の条項の解釈論を戦わせるわけでもなく、共同で問題に対処する。当たり前のことだけで、最近では珍しい結果となりました。厳しい時代は、お互いに協力しあって物事を進めていく。これからのスタンダードになると思います。

« 雨の桃ヶ池公園 | トップページ | 隠すということ »

07.長屋・町家」カテゴリの記事

コメント

足立さん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
ブログを引き続き、読んでいただいていたとは…。
ありがとうございます。
なかなか物件探しができていません。
ゴメンナサイ。
良いお仕事をなさっている方…、う~ん、今の私にはふさわしくないです。

そういうお話を知る事が出来て、とても嬉しいです。
そして、不動産屋さんがよい方。。というか、良いお仕事をなさっている方なので、話が成立するのだと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の桃ヶ池公園 | トップページ | 隠すということ »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ