« 今年もダイコンシンクイムシがやってきました | トップページ | アイディア募集 『むっちゃ駅前で、むっちゃレトロなピンクのビル』 »

ちょっと気持ち悪いヨトウムシの卵も見つかりました

Photo_6

Photo_7

長池小学校の田辺大根栽培農園には様々な虫があらわれます。

先日のシンクイムシの他に、モンシロチョウの幼虫であるアオムシや、写真のような、かなり気持ちの悪い卵を産み付ける虫もいます。

この虫の正体は、夜棟蛾(ヨトウガ)の幼虫ヨトウムシです。

葉っぱの裏側に無数の卵を産み付け、いっせいに幼虫になります。

下の写真では、9匹くらいのヨトウムシが確認できます。

モンシロチョウのアオムシは大根の葉を食べ尽くしてしまいますが、このシンクイムシは葉脈だけをきれいに残して葉を食べます。

葉っぱの食べられ方で、どのような虫が取り付いているか一目瞭然です。

« 今年もダイコンシンクイムシがやってきました | トップページ | アイディア募集 『むっちゃ駅前で、むっちゃレトロなピンクのビル』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もダイコンシンクイムシがやってきました | トップページ | アイディア募集 『むっちゃ駅前で、むっちゃレトロなピンクのビル』 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ