« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

『徳川家康(9)』 山岡荘八

やっと第9巻を読了。

全26巻、ゴールはまだまだ。


Photo_3


貸倉庫

Photo_2

阿倍野区桃ヶ池町2丁目で小さな貸倉庫を募集します。

詳しくは調査が終わってから掲載します。

『ビジョナリーカンパニー』ジェームズ・C・コリンズ著


Photo



読了。不朽の名作には違いないけど、もう古典ですね。

どうなるのか…。(桃ヶ池町2丁目長屋再生工事)

Photo


こちらの現場も海図無き船出をしてしまいました。

現場でしっかり話し合うしかありません。

商店会の活性化

Photo_2


西田辺駅前商店会の打ち合わせに初めて参加してきました。

商店会の活性化についての話し合いです。

今年は、大阪市から助成していただき、プロのコンサルタントの先生を派遣していただいています。

写真は、前回と今回の話し合いの中で出された意見を集約したボードです。

簡素化されたKJ法による意見の集約でした。

今後も月に一回のペースで、話し合いを重ねながら企画を積み上げていくようです。

どのような企画がでてきて実現していくのか楽しみです。

例えば、西田辺で『まちなかバル』なんてやっちゃったら楽しいと思いませんか?

長池小学校で記者会見


Photo_3


今日は5ヶ月に及ぶ長池小学校での田辺大根関連の今年度最後の授業でした。

1学期は、『田辺地域の町歩き』、『パワーポイントを使っての集中レクチャー』、『班長に課せられた課題を整理するワークショップ』 などを行いました。

9月になってからは種まきをし、実際の栽培活動をする上で必要な知識をレクチャーする授業を5~6回ほど実施。

そして、本日がその最後の締めくくりの授業でした。

小学校の畑で繰り広げられる害虫と益虫(天敵)の関係のお話と、大根の病気についてをまとめたパワーポイントを15分ほど説明し、これから収穫までに予想されるアブラムシ対策についての話し合いを行いました。

で、今年初の試みとして寸劇を取り入れました。

今年、長池小学校の栽培活動をしてしてくださっている某企業さんが、『粘着くん』というデンプン溶液を寄付してくれました。

デンプンによって、アブラムシの気門(早く言えば口)を塞いでしまい、窒息させる作用のあるものです。

昨年までは手づくりのデンプン溶液を使っていましたが、濃度の調整が難しくて、狙い通りの効果を得ることがなかなかできませんでした。

この『粘着くん』を使用すれば、100倍希釈なので濃度が安定し、高い効果を期待できます。

成分はほとんどがデンプンなのですが、液剤の中に界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤とはいったいどのようなものなのか、そして小学生が口にする田辺大根の畑に界面活性剤を含む液剤を散布して良いものか。

そのテーマで、子どもたちに話し合ってもらいました。

その導入部分に寸劇を取り入れたわけです。

ボランティアのひとりが大学の博士に扮し、この『粘着くん』が画期的な製品で、長池小学校で使うことを推奨するという記者会見を行います。

その記者会見で、敏腕女性記者が界面活性剤について疑問を呈し、するどく質問を繰り返すという設定です。

その後、ボランティアのファシリテーションにより全員から意見を導き出し、その使用の是非を話し合うという授業です。

あえて、この授業の中では結論は求めませんでした。

引き続き、みんなで良く考えて議論してもらいたいからです。

賛成、反対、中間、様々な意見が出され、途中で何度か挙手によって是非を採ったところ、意見の内容によって結果が流動したのが興味深かったです。

子どもたちには、便利だけども良くわからないものを無条件に受け入れて良いのか。

立ち止まって良く検討し、自分の考えをもって行動する、ということを感じてもらいたっかったので、このような授業を企画しました。

我々のような町のおっちゃん・おばちゃんに、このような機会を与えてくれる長池小学校の先生方に感謝しています。

このような授業を通じて、子どもたちの未来にほんの少し関わりを持つことができたことを幸せに思います。

第58回日本伝統工芸展大阪展


Photo_3



夕方、仕事を抜けて、第58回日本伝統工芸展大阪展を見てきました。

会場は、JR大阪三越伊勢丹です。

お目当ての作品は、中原幸治さんの『備前広口壺』。

当社でご縁のあったお客様です。

お若い方なのに、正統派でかつ、シンプルそして力強い印象の壺でした。

あ、これはあくまでも、鑑賞眼のない私の感想です。

作品の写真を掲載できれば良かったのですが、撮影禁止だったので断念。

普段は琳派(今朝の朝日新聞に琳派の記事がありました))の絵ばかり見ていますが、現代の匠が作る工芸品もなかなか見応えがあります。

また来年も楽しみな展覧会ができました。

ルーフバルコニー

Photo_2



大正12年建築の長屋。

このブログに時々書いている『仕上がりのよくわからない土間のある長屋の貸家』です。

本日、朝早くから現場で打ち合わせを行いました。

あいかわらず図面も仕様書も何もかもないないづくしですが、確実に完成に向けて現場は動いています。

今日、全貌をあらわしたのは、土間の上にできあがったルーフバルコニーです。

狭い路地裏の貸家ですが、ここは飛び切りの開放感があります。

長池連合ふれあいフェスティバル

Photo

10月16日(日)、長池小学校で開催された長池連合ふれあいフェスティバルに参加。

長池おやじの会として、自転車の誘導係を少しと、地域新聞の記者として取材活動を少々。

仕事やら他の会合と重なっていたので、会場を出たり入ったりの一日でした。

累計アクセス数が『222222』になりました!

先ほど、このブログを開設してからの累計アクセス数が『222222』になりました!

キリ番を踏んだのは19時25分に、『i121-112-114-211.s10.a035.ap.plala.or.jp』のリモートホストからのアクセスで、yahooにて『中原幸治』のキーワード検索された方でした。

長池ふれあいフェスティバルの準備

Photo_5


午後、長池ふれあいフェスティバルの準備のために長池小学校へ。

テントの設営を1時間ほど手伝って来ました。

長池幼稚園おやじネットワーク

Photo_2


出張ニシアワーin長池幼稚園が行われている部屋と別の場所では、長池幼稚園おやじネットワークのメンバーによるカブトムシの飼育講座が行われていました。

長池幼稚園おやじネットワークは私が現役の保護者の頃に、他のお父さん数名と共同で立ち上げたいわゆる『おやじの会』です。

幼稚園設備の補修やお父さんの特技を生かした様々なイベントを企画しています。

私が現役を退いたあとも順調に活動が行われているようで安心しています。

この幼稚園の『おやじの会』と同時期に立ち上がった長池小学校の『長池おやじの会』。

こちらの方も様々なことにチャレンジしながら継続的に活動しています。

なぜかご縁で、こちらの『長池おやじの会』の代表を10月から拝命しています。

隣接するふたつの『おやじの会』。

コラボとかできるとおもしろいのですが…。

出張ニシアワーin長池幼稚園

Photo


岡山県の西粟倉村の物産を販売する『出張ニシアワーin長池幼稚園』をのぞいてきました。

長池幼稚園を西粟倉村は何年か前から提携していて、保護者のお父さんたちが西粟倉村まで材木を切り出しに行き、それを花壇の杭に使ったりしています。

りんごジャムひとつ買ってきました。

夜盗虫(ヨトウムシ)


Photo_2


長池小学校の田辺大根畑。

今年はモンシロチョウのアオムシよりもヨトウムシによる食害が目立ちます。

写真はヨトウムシです。

今朝、長池小学校の畑で子どもたちにヨトウムシの話をしているときに、児童の一人が見つけました。

ヨトウムシは夜盗虫と書きます。

昼間は土の中に隠れていて、夜になると葉を食害します。

だから、昼間しか作業できない子どもたちには、めったにお目にかかれない虫です。

見つけた児童も、土を掘り返して見つけました。

児童の皆さんにも見てもらいたいので、ガラス容器に入れて、正門前に展示してもらいました。

いけばな大阪展


Photo


昨夜、仕事を終えたあと、大丸心斎橋店で開催中の『いけばな大阪展』を見に行ってきました。

写真は、私のお客様である草月流の小倉露香先生の作品です。

生け花を鑑賞するのは大好きです。

隠居の身になったら、習いたいと思っているくらいです。

街の記憶(東住吉区南田辺2丁目)

Photo_7


バックナンバーは、

http://marujun.cocolog-nifty.com/nagaya/

です。

昭和町界隈の町歩き

Photo_4

Photo_5



10月19日(水)、インテリアコーディネーター協会関西による昭和町界隈の町歩きが行われ、ガイド兼講師を務めさせていただきました。

参加者は11名。町歩きをするにはちょうど良い人数です。

昭和町駅で集合し、アンティーク着物の姉妹屋さんと古い長屋の金魚カフェを見学し、最後は寺西家阿倍野長屋・寺西家の見学と当主寺西興一さんのお話を聞くというコースでした。

私は、歩きながら町の歴史や建物の特徴、町おこしの現状などのご説明をさせていただき、各訪問先ではインタビュアーにもなりました。

全部で2時間30分の所要時間。

昭和町界隈の町歩きは、まだまだコース開発ができそうな気がしました。



こんな場所で会議しました


Photo_2

10月18日(火)、あべの文化祭実行委員会スタッフ会議に出席。

場所は、あべの文化祭の会場となる阿倍野区民センター大ホールの舞台上です。

この日の議題は主に、当日の進行についてでした。

現地で会議を行うのが一番話が早いと言うことになり、このような場所での会議となりました。

控室に使う部屋もおおよそ確認することができました。

今シーズン最初のアブラムシを見つけました

Photo

長池小学校の田辺大根畑です。

今年もアブラムシの季節がやってきました。

児童はこれから収穫まで、セロテープやデンプン液で駆除し続けます。

来週の火曜日、6年生の対しての最終授業のテーマは『虫』です。

益虫と害虫についてレクチャーし、アブラムシ対策について少し話し合いたいと思います。

長屋再生工事(阿倍野区桃ヶ池町2丁目)

Photo_6



阿倍野区桃ヶ池町2丁目の長屋再生工事の現場です。

写真は2階の屋根裏です。

天井を貼らずに、梁を見せたままにします。

仕上げは、B工事です。

昭和町界隈町歩き企画の講師をします


Photo_4


10月19日(水)、インテリアコーディネーター協会関西から依頼を受けた町歩き企画を実施します。

昭和町界隈の散策をしたい、とのご相談をいただいたので、アンティーク着物の『姉妹屋』さんと、大正時代の長屋を改装した『金魚カフェ』を見学。

その後、登録文化財の『寺西家阿倍野長屋』の見学、そして、同じく登録文化財の『寺西家』で、当主の寺西興一さんのお話を聞くという企画です。


町歩きのガイドと訪問先での進行は私が行います。

残念ながら、申し込み受付は終了しています。

「あ~、残念」という方がいらっしゃいましたら、私までご相談ください。

企画に寄れば、昭和町と田辺界隈なら対応可能です。

第58回日本伝統工芸展大阪展

Photo_3



第58回日本伝統工芸展大阪展に当社のお客様が入選されました。

陶芸家の中原幸治さんです。

岡山県で修行され、このほど大阪市内某所に築窯されました。

10月19日(水)から24日(月)まで、JR大阪三越伊勢丹10階催物会場です。

入場は無料。

ご興味ある方はぜひどうぞ。

長屋再生工事(阿倍野区阪南町1丁目)

Photo_2


阿倍野区阪南町1丁目の工事現場です。

先週、土間コンを打ちました。

手前が、この貸家の特徴となる土間の部分です。

真ん中の柱から奥の部分が、DKと浴室やトイレになります。

居室は2階部部だけです。

土間を居室にすることもできましたが、そこはあえて“土間”にこだわりました。

教えてください!この虫の名前を。

Photo


今朝、長池小学校の田邊大根の畑で見つけた虫です。

子どもたちから質問を受けましたが、知らない見たことのない虫です。

どなたか、ご存じ方がいらっしゃいましたら教えてください。

金魚カフェ6周年


Photo_11


大正時代の長屋を改装したカフェ 金魚カフェ(阿倍野区阪南町1丁目)が6周年を迎えました。

それをお祝いするイベントが11月6日(日)に開催されるそうです!

裏庭


先週、お世話させていただいた長屋の裏庭です。


ご案内の時には写真のとおり、荒れた状態でした。




Photo_9



今日、引き渡し前の点検に行くと、下の写真のとおり、きれいに整えられていました。

家主さん自ら、手入れをしていただいたようです。

こんなことまで気づかってくださる家主さんは少数派です。




Photo_10

長屋再生工事(阿倍野区桃ヶ池町2丁目)

Photo_8


阿倍野区桃ヶ池町2丁目の長屋再生工事の現場です。

アルミサッシで閉ざされていた廊下部分をすべて撤去し、中庭に面した渡り廊下を開放廊下として、復活させます。

左側の土間は、ユニットバスを据え付ける台座です。

長屋再生工事(阿倍野区阪南町1丁目)

Photo_7

阿倍野区阪南町1丁目の長屋再生工事の現場です。

大正14年建築の長屋を改築しています。

玄関に大きな土間ができる予定ですが、写真はその天井部分です。

 

街の記憶(阿倍野区昭和町3丁目)

Photo_4

Photo_5

Photo_6 


バックナンバーはこちら
http://marujun.cocolog-nifty.com/nagaya/

育成会総会

Photo_9

10月16日(日)、ボーイスカウト大阪第119団の育成会総会が行われました。

場所は、阿倍野区長池町の『いくとく2』です。

あべの あきないプラザ

Photo_7
Photo_8


10月16日(土)、あべの あきないロードの最終イベント『あきないプラザ』を見学してきました。

場所は、阿倍野区長池町の長池公園です。

第2回手づくり・てん

Photo_6


10月16日(日)、登録文化財に登録されている寺西家で第2回『手づくり・てん』を見学。

素敵な手作り品がたくさんありました。

ビーバー隊隊集会

Photo_5

10月16日(日)、大阪第119団ビーバー隊の隊集会に参加しました。

場所は、阿倍野区長池町の『いくとく2』です。

第79回長池幼稚園運動会

Photo_4

10月16日(日)、長池幼稚園の運動会を見学しました。

場所は、大阪市立阪南小学校です。

あべの王子みのり市

Photo_3

10月15日(土)、阿倍王子神社にて第1回『あべの王子みのり市』が開催されました。

雨にもかかわらず、たくさんのお客さんで、にぎわっていました。

防災倉庫

Photo_2

まちなか防災訓練の後、町会で整備した防災倉庫の見学会がありました。

まだ、資材はあまり入っていませんが、今後整備予定とのことです。

まちなか防災訓練

Photo

10月15日(土)、長池連合町会の『まちなか防災訓練』に無線担当として参加しました。

写真は、最終集合場所の昭和中学校講堂です。



第2回 手づくり・てん

Photo_5

第2回 手づくり・てん が10月15日(土)と16日(日)の両日、寺西家阿倍野長屋のオーナーさん、寺西さんのご自宅で開催されます。

昨年、大好評で今年、第2回となりました。

なんでも、ABCクラフトなどで、手芸等を教えておられる方々が集まり、ご自分の作品などを展示販売するそうです。

ご自宅の1階と2階を開放して、かなり大規模な展示販売会になるとのことでした。

売り上げの一部は、義援金として被災地に送られるとのこと。

ぜひご来場ください、とのことでした。

地域につながる田辺大根の種

Photo_3

松の実保育園(阿倍野区阪南町1丁目)の田辺大根です。

9月中旬に種まきをしたので、順調に育っています。

ここの種も長池小学校の児童たちが育てた田辺大根から採取した種です。

他の小学校等にも種をおわけしたと聞いています。

田辺大根の種を通じて、子どもたちがつながっていくって、いいですね。

負担にならない交流プログラム、なんかないですかね?

せっかくのつながりなのに、種を分けただけで終わるのはもったいないです。

長池幼稚園と長池小学校の田辺大根

Photo

9月8日に種まきをした長池小学校の田辺大根です。

今年は害虫も少なくて、順調に育っています。

Photo_2

こちらは、9月28日に種まきをした長池幼稚園の田辺大根です。

種は、長池小学校産です。

まだやっと、双葉が出そろったところです。

種まきの時期が遅かった分、あまり大きくならない可能性がありますが、害虫のタイミングもずれるので、ひょっとするとシンクイムシなどの影響を受けないかもしれません。

あー、解体されゆく長屋

Photo

大阪市東住吉区山坂3丁目の解体現場です。

なかなか良いスタイルの長屋が建っていたのですが、解体されるようです。

屋根がうねっていたので、もう建物は限界だったのでしょう。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近読んだ本

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ