« 日経グローカルを購読している人が読みそうな本だったので、私にはほとんど参考にならず。 | トップページ | 年末に収穫した自然薯(ヤマノイモ)のお味は? »

徳川家重臣の石川数正が出奔した背景がやっとわかりました。

Photo


山岡荘八の徳川家康(11)竜虎の巻を読了しました。

最近、自宅で晩酌しなくなったので、夕食後は寝るまで本や資料を読んでいます。

この『徳川家康』も昭和63年、24~5歳の頃に一度読みましたが、その時は、家康の重臣である石川数正がなぜ、徳川家を出奔し、秀吉に身を寄せたのか、深く読みとることができませんでしたが、47歳になって再読し、今回やっと真意がわかりました。

年齢や経験と共に読書感が変わる。

まさしく、読書の醍醐味を楽しんでいます。

第11巻は、秀吉の実妹の朝日姫が、家康に嫁ぐシーンで次ぎに続きました。

« 日経グローカルを購読している人が読みそうな本だったので、私にはほとんど参考にならず。 | トップページ | 年末に収穫した自然薯(ヤマノイモ)のお味は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経グローカルを購読している人が読みそうな本だったので、私にはほとんど参考にならず。 | トップページ | 年末に収穫した自然薯(ヤマノイモ)のお味は? »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ