« 6年前に実施したコーポラティブハウスの関係書類です。ちょっと参考にしたいことがあるので、引っ張り出してきました。 | トップページ | 西田辺駅前『まちなかバル』計画。商店会コミュニティが成立していないにしては、まずまずの滑り出しではないかと。 »

古い建物でも、外壁材を替えるだけで、大きく印象が変わるんですね。

平成24年1月19日(木) ---------------------

Photo

写真は東住吉区の某所。昨日、普段通らない道を自転車で走っているときに見つけました。近所なんですけど、この道を通ったのは何年ぶりでしょう。古い一軒家です。2階部分の外壁は古いままですが、1階の入り口付近を中心に石張りのリフォームが施されています。玄関周りの植栽も、ナチュラルな雰囲気です。昔は正面に高い板塀と門があったんでしょうね。今は、オープンで、とても良いと思います。



Photo_2


この写真は、石張りの家の斜め前にあった二戸一連棟の長屋です。こちらも、もともと門塀型の長屋だったのを塀を取り除き、駐車場にしています。外壁に使用しているのはタイルでしょうか。写真ではわかりにくいのですが、ピカピカ光る素材でした。柔らかな印象の木造建物が、硬質で丈夫な建物の印象に変わっています。

どちらの外壁材やデザインも、専門家から見れば様々なご意見があると思います。古い長屋の外壁リフォームといえば、サイディングが使われることが多いと思いますが、石やタイルなど、ちょっと工夫するだけで、大きく印象が変わるものなんだな、と勉強になりましたという報告です(笑)

« 6年前に実施したコーポラティブハウスの関係書類です。ちょっと参考にしたいことがあるので、引っ張り出してきました。 | トップページ | 西田辺駅前『まちなかバル』計画。商店会コミュニティが成立していないにしては、まずまずの滑り出しではないかと。 »

07.長屋・町家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6年前に実施したコーポラティブハウスの関係書類です。ちょっと参考にしたいことがあるので、引っ張り出してきました。 | トップページ | 西田辺駅前『まちなかバル』計画。商店会コミュニティが成立していないにしては、まずまずの滑り出しではないかと。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ