« 長屋の裏庭に作られたのは水族館か、はたまた竜宮城か? | トップページ | あの頃、レイチェル・カーソンの警告を立ち止まって聞いていれば、今日の災禍は無かったのかもしれない。 »

ピンクの扉

Photo_2

『ピンクの扉』って、なんかあったなあ?と考えながら写真を撮影しましたが、よくよく考えると『ピンクの電話』でした(^_^;)女性のお笑いコンビですね。

写真は、昭南ビルの扉です。色は今から20年近く前に、家主さんが決めたそうです。当初はもっとハデハデな色調だったとのことですが、年月を経て今のような落ち着いたピンクになりました。

今回のビル再生計画で、この扉を含む外壁の色をどうするかという議論がありましたが、この色に接している内に『味』も出てきているし、何よりも長年にわたって街の風景に溶け込んでいるのでこのまま!という結論に達しました。

見かけはカワイイ色をしていますが、造りは重厚な鉄の扉です。テナントさんの営業時間中は開放されていますが、ビルの目印として、皆さんに愛着持っていただけるように願っています。本日、五つ目のお部屋の契約が完了しました。
(阿倍野区阪南町1丁目)

« 長屋の裏庭に作られたのは水族館か、はたまた竜宮城か? | トップページ | あの頃、レイチェル・カーソンの警告を立ち止まって聞いていれば、今日の災禍は無かったのかもしれない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長屋の裏庭に作られたのは水族館か、はたまた竜宮城か? | トップページ | あの頃、レイチェル・カーソンの警告を立ち止まって聞いていれば、今日の災禍は無かったのかもしれない。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ