« シェアキッチン第1回説明会は、ご予約の受付を終了させていただきます。 | トップページ | 『世界が恋した日本のデザイン KATAGAMI もうひとつのジャポニズム』展を見に行ってきました。 »

シェアキッチン第1回説明会のご報告

阪南町シェアキッチン計画は中止となりました。
http://marujun.cocolog-nifty.com/log/2012/07/post-da6a.html

昨日の第1回シェアキッチン説明会は、14組19人の方にご参加いただき大盛況でしたが、主催者側のもくろみと異なる展開になってしまいました。まず、私たち企画チームが想定しているタイプの人は少数派でした。従来のレンタルキッチンに近いかたちで、気軽に利用できる施設を考えておられる方が多かったようです。

通常のレンタルキッチンは、管理者が常駐し、常にキッチンの状態をチェック・清掃をしていますが、シェアキッチンの考え方は、会員になっていただいた人たちが、自ら管理運営していくような形式を考えています。そのためには、他の利用者のことに思いをはせることができる人、その結果、施設をちゃんと使ってくれる人、キッチンを中心としたコミュニティーを形成し、それに参加できる人を会員としたいと考えていました。

また、食に関することでマイクロビジネスを起こしたいのだが、そのための場所が確保できなかったり、大きな投
資はできないので、わずかな初期投資でビジネスを始めたい!というタイプの人も少なかったと思います。初期投資はゼロに抑えたいという感覚でした。

このように、私たち企画チームと参加者の間に大きなギャップが生じたのは、募集の仕方に問題があったのは間違いありません。私たちの考えは当初からぶれずに、そして、昨日の説明会を経てからもまったくぶれていませんが、そのことをシェアキッチンに興味を持ち、説明会に参加する人に伝える努力を怠ったのが最大の原因です

多少の初期投資をご負担いただくこと(20万円程度)、説明会と言うよりも前例のないシェアキッチンにチャレンジするための意見交換会的な要素が強いこと、そして、会員になっていただくには会員どうしの話し合いの場にも参加していただくこと。それらを説明する努力を怠り、説明会に人数を集めることに力点をおいてしまったことに問題があったと思います。

今日は朝から、昨日の説明会に参加してくださった方々にお礼とお詫びのメールを送信し、第2回説明会と個別の説明を希望されている12組の方に、上記のようなことを説明したメールを送り続けています。中には、そのメールを見て辞退を申し出てこられた方もいらっしゃいますし、また、それでもぜひ説明を聞きたい、とご連絡いただいた方もいらっしゃいます。


私たちがこのシェアキッチンを企画したのは、キッチンを通じて主に女性が『仕事』として社会に参加するための仕組みを作りたいと思ったのが原点です。会員どうしで助け合い、高め合い、ちゃんと仕事として成立を目指すためのフォローもしていかなけらばならないと考えています。

先行して事業化している地下鉄昭和町駅の駅前の昭南ビル再生事業は、雑貨店などのお店やビーズやプリザーブドフラワーなどの教室をやってみたい、仕事としてチャレンジしたい!という女性のためのテナントビルとして再生させたものでした。

このように、私たちは町に小さな成功体験を散りばめたいと考えています。女性が生き生きと元気に働く町は、町も元気があふれます。それが私たちの願いです。

第2回説明会まで2週間。修正する方向は昨日のメーティングではっきりしました。あとは実行あるのみです

« シェアキッチン第1回説明会は、ご予約の受付を終了させていただきます。 | トップページ | 『世界が恋した日本のデザイン KATAGAMI もうひとつのジャポニズム』展を見に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シェアキッチン第1回説明会は、ご予約の受付を終了させていただきます。 | トップページ | 『世界が恋した日本のデザイン KATAGAMI もうひとつのジャポニズム』展を見に行ってきました。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ