« 阿倍野区で国際体験したければ、ここに泊まるという方法も。 | トップページ | 桃ヶ池公園にて町会活動のPR企画 »

残念ながら『奇跡の貸家』ではありませんでした。

Photo

先日、北風が吹き荒れた日に、貸家の案内がありました。寒かった~(^_^;)。間取り図面や外観から、古い趣を残しながらも水回りが新しい『奇跡の貸家』ではないか?と期待しましたが、そうではありませんでした。でも、『the・昭和の暮らし博物館』みたいな家でした。これほど、しっかりと昔の趣を残している物件は珍しいですね。ただ、借りるとなると家主さんとの間で交渉しなければならないことも多々ありそうなので、そういう意味では長屋暮らし上級者向きの物件と思います(笑)


Photo_2


« 阿倍野区で国際体験したければ、ここに泊まるという方法も。 | トップページ | 桃ヶ池公園にて町会活動のPR企画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿倍野区で国際体験したければ、ここに泊まるという方法も。 | トップページ | 桃ヶ池公園にて町会活動のPR企画 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ