« 耐震シェルターを推進する大長ハウスの松峯社長 | トップページ | 地域の母親グループが企画し、地元の小学生3人とプロの劇団俳優の方たちが一緒に作り上げた演劇です。 »

文化住宅は今でも新築されていた!

Photo_4


阿倍野区長池町で、古い文化住宅の一室の再生を計画しています。

その問題意識を持ちながら、町を自転車で走っていると、意外や意外、過去のものと思い込んでいた文化住宅ですが、現在でも建築されているのを発見しました。

それもすぐご近所。

阿倍野区昭和町4丁目です。

パナホームのプレハブアパートのようですが、よく見ると構造が文化住宅とそっくり。

2階建で、上下階にそれぞれ住戸がありますが、玄関はすべて1階にあります。

左から2階の住戸へ上がる専用階段のある玄関。

その隣は1階の住戸。

その隣は2階へ上がる階段。

そのまた隣は1階住戸の玄関。

今から50年くらい前に考案された文化住宅ですが、時代はぐるっと一周回って、今この現代でも、効率の良い土地活用法として、見直されているのかもしれませんね。

« 耐震シェルターを推進する大長ハウスの松峯社長 | トップページ | 地域の母親グループが企画し、地元の小学生3人とプロの劇団俳優の方たちが一緒に作り上げた演劇です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐震シェルターを推進する大長ハウスの松峯社長 | トップページ | 地域の母親グループが企画し、地元の小学生3人とプロの劇団俳優の方たちが一緒に作り上げた演劇です。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ