« 賃料の減額交渉 | トップページ | 玄関を開けると、そこには階段しかありません。 »

配管は床ころがしでした。

朝から某マンションの水漏れ対応でした。

工務店と水道業者さんと現場に行き、水漏れ箇所の天井を破る予定でしたが、ユニットバスの点検口から確認すると、天井裏には配管がありませんでした。

上の階と下の階を隔てるコンクリートを床スラブと言いますが、その下に上の階の配管が通っていると思い込んでいましたが、実態は上の階の床下とコンクリートスラブの間に配管が通っているようです。

このような状態を業者さんは『床ころがし』と言います。

下の階から施工できないのならば、上の階の床を破らなければなりません。

これは少々おおごとです。

« 賃料の減額交渉 | トップページ | 玄関を開けると、そこには階段しかありません。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 賃料の減額交渉 | トップページ | 玄関を開けると、そこには階段しかありません。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ