« 業務用不動産の世界で始まっている仲介業者飛ばしの実態 | トップページ | ひとりで何でもこなす大工さん。いつも助けてもらっています。 »

調査に入った長屋で若かりし頃の吉永小百合さんを見つけました。

Photo


1968年4月号の婦人倶楽部。

先日、調査に入った阿倍野区昭和町の長屋で見つけました。

1968年と言えば、私が4才の時。

昭和43年です。

今から45年前の雑誌と思えないくらい状態良く保存されていました。

ここに住んでおられた方が、吉永小百合さんのファンだったのかもしれませんね。

なのになぜ、引き出しの奥に一冊だけ残されていたのか?

古い家は、長い歴史の中で、どんな暮らしがあったのかを想像するのも楽しみです。

知らない家族の長い歴史を感じてしまって、それが嫌だと言う人もいますが。

« 業務用不動産の世界で始まっている仲介業者飛ばしの実態 | トップページ | ひとりで何でもこなす大工さん。いつも助けてもらっています。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務用不動産の世界で始まっている仲介業者飛ばしの実態 | トップページ | ひとりで何でもこなす大工さん。いつも助けてもらっています。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ