« 地下室の物件をご案内しました。楽器演奏ができる物件をお探しです。 | トップページ | 家賃が変更になったので再掲します。昔の趣を残した素敵な貸家です。 »

琵琶湖の風で建物そのものを奏でる『楽器建築』。滋賀県守山市のホテルにあります。

Photo_5

琵琶湖畔に建つホテル『セトレ マリーナびわ湖』。わずか14室しかない小さなホテルです。環境に配慮し、地域との共生を考えたホテルで、その土地本来の植栽を調査復元し、家具や建築に使用される木材やレストランの食材は地元産にこだわっているそうです。そのホテルにこの写真のチャペルがあります。

ギリシャ神話に登場するエオリアン・ハープという弦楽器があります。その楽器を解釈し、風が通り抜けると音を奏でる空間作りがスタートしたそうです。そのプロジェクトに参加したのが、中川弦楽器製作所(阿倍野区阪南町3)の中川さん。当社で工房をお世話させていただいたお客様で、工房開設当初から、このチャペルの計画に取り組んでおられました。工房にはその大きな模型が置いてあり、風洞実験などを繰り返しているお話を伺ったものです。

仕組みは、内部空間の上部を風道とし、0.72mmのSUSワイヤーを91mmピッチで張ることにより、流れる空気によって弦の周囲にカルマン渦が発生して、それを加振力として弦が共振し、木造の建築壁内で共鳴音が生まれる仕組みだそうです。

雑誌『新建築』2014年1月号に、このホテルの詳細が紹介されています。お手元に新建築がある方はぜひご覧ください。中川さんは本来はギターやベースなどの普通の楽器製作をされる方ですが、今回の建築のように様々な弦楽器にチャレンジされています。先日、工房にお邪魔した際も、竹がたくさん置いてあったのでお聞きすると、フィリピンに竹を使った弦楽器があり、その製作にチャレンジする予定とのこと。この人を阿倍野区に招き入れたこと、私のちょっとした自慢です(笑)


中川弦楽器製作所
大阪市阿倍野区阪南町3-32-30
06-7493-3039
http://nakagen.info
https://www.facebook.com/home.php#!/8nakagen8

« 地下室の物件をご案内しました。楽器演奏ができる物件をお探しです。 | トップページ | 家賃が変更になったので再掲します。昔の趣を残した素敵な貸家です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地下室の物件をご案内しました。楽器演奏ができる物件をお探しです。 | トップページ | 家賃が変更になったので再掲します。昔の趣を残した素敵な貸家です。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ