« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

馬場正尊さんのトークセッション。「Central East Tokyoの地域再生の道筋」。

Photo


明日(30日)の午前中、仕事を抜けることができる人はぜひ!設計事務所OpenAの代表で、東京R不動産の運営をしている馬場正尊さんと、同じくOpenAスタッフの大我さやかさんによるトークセッションがあります。テーマは「Central East Tokyoの地域再生の道筋」。空きビルを時限的にギャラリー化するアートイベントをきっかけに、「東東京」 つまり、東京の東側にある地域、場所で言うと、神田、秋葉原、人形町、日本橋近辺を再生し、エリアの価値を高めたお話をうかがいます。このテーマで、馬場さんが講演をされることは貴重なので、ほんと、お時間のある方はぜひ!事前の申し込みは不要です。

トークセッション1

Central East Tokyo 地域再生の道筋(馬場 正尊・大我さやか)
1/30(金)10:30~12:00
http://machicamp-talkprogram01.peatix.com

馬場正尊のまちづくりキャンプ@大正区

Photo_3



馬場正尊のまちづくりキャンプ@大正区。いよいよ開催が迫ってきました。1月30日から2月1日までの三日間、大正区平尾5丁目の大正沖縄会館にて開催されます。各地から、お仕事や学校、家庭の都合をつけて参加される皆さんには、ほんとうに頭が下がります。各コースへの参加申し込みは終了していますが、一般の方も気軽に参加できるプログラムもたくさん用意されています。事前申し込みの必要なものもあるので、必ず全体プログラムをご確認ください。事務局を担当してくださっている方たちは、明日(29日)の午前中から準備を始めるとのこと。いよいよです!楽しい三日間にしましょう!

全体プログラム
PDFダウンロードは、下記からどうぞ。
http://open-a.net/file/og/machiCAMP_panf.pdf

キッチンの窓枠がちょっと洋風。でも、床の間なども備えたトラディショナルな長屋の貸家です(阿倍野区播磨町1丁目・貸家)


Dscn3518

先日、どしゃ降りの中、お客様と内覧してきました。ずっと以前から気になっていた物件だったのですが、室内を見るチャンスが無かったので、実はお客様よりも私の方が楽しみにしていた物件内覧でした。図面から予想していたとおり、とても良い長屋の貸家です。玄関を入ってすぐ右側のキッチンのみ、少し洋風になっています。キッチンの上にあるバルコニーや窓枠などに、その趣が残っていました。それ以外のお部屋は純和風で、この長屋が建築されたと予想される昭和初期のたたずまいが残っていて、長屋好きにはおすすめの物件です。バルコニーは南向きで、水回りの設備も比較的新しい。内覧ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

種目/貸家
賃料/89,000円
敷金/100,000円
礼金/200,000円
所在地/大阪市阿倍野区播磨町1丁目7番8号
交通/地下鉄御堂筋線西田辺駅徒歩8分
構造/木造瓦葺2階建(長屋・連棟中家)
延床面積/85.65㎡(約25.90坪)
建築年/不詳(築後30年以上・昭和初期の建物と推定)
その他/小型犬もしくは猫一匹のみ相談可能
その他/ペット飼育の場合、敷金10万円アップ
その他/ペットによる建物の損傷は借主負担にて修理
その他/貸主指定賃貸保証会社との契約が必要です
その他/火災保険への加入が必要(2年・20,000円)
引き渡し/相談
取引態様/仲介
広告有効期限/平成27年3月26日
当社の概要/http://marujun.cocolognifty.com/log/2006/01/post_511b.html

Photo

Dscn3466

Dscn3465

Dscn3467

Dscn3468

Dscn3472

Dscn3470

Dscn3471

Dscn3479

Dscn3473

Dscn3474

Dscn3484

今年最初の講演会は、奈良県桜井市の本町通り商店街でした。

10896880_766052826803964_8902453105


平成27年、最初の講演会は、奈良県桜井市の本町通り商店街でした。商店街を中心としたまちづくり協議会の皆様にお声をかけていただきました。

桜井駅の南側にある本町通り商店街は、かつて、奈良県三大商店街と言われるほどの賑わいでしたが、今はもう、アーケードも取り外され、商店街と言うよりも、空き地と住宅が並ぶ通りになりつつあります。しかし、かつて奈良県の木材集積地として栄えた街には、質の高い町家がたくさん残っていて、それらを活用したまちづくりを目指しておられます。昭和初期に建築された長屋などを活用して、まちづくりやエリア価値の向上を目指す活動をしている私の仕事の噂を聞きつけ、お声をかけていただいた次第です。

協議会の皆様や、桜井市役所の方、地元の商工会の方、そして奈良県庁の方など、三十名ほどの方にお集まりいただき、約1時間ほどお話をさせていただきました。講演会が始まる前に、少し街を歩いた印象。かつての商店街を復活させるにはもう厳しい状態ですが、駅の近くには新しいペンションができていました。桜井市は、日本最古の神社と言われる大神神社や山辺の道をはじめとする歴史的な遺産がたくさんあります。市街地から少し離れると、日本の原風景と言っても過言ではない風景が広がっています。それらを生かした観光に力を入れるのはきっと有効でしょう。特に、町家を活用したゲストハウスなどは、外国の方に支持されるでしょう。

また、駅前周辺には、古いボーリング場などの、かつての反映を記憶するような建物がたくさん残っており、それらをリノベーションするまちづくりも考えられると思います。子育て世代の若いご家族がたくさん住んでおられるそうですが、皆さん、食事や買い物は隣町の八木へ行かれることが多いとのこと。その層をしっかりとフォローして、支持されるまちづくりが大切と思います。桜井が意外に近いことを改めて再認識したので、また、プライベートで遊びに伺いたいと思います。


********** これからの講演予定 **********

1月30日(金)31日(土)2月1日(日)
馬場正尊のまちづくりキャンプ@大正区にて、コース3:リノベーションプランニングコースのチューターをさせていただきます。

2月16日(月)
堺商工会議所商業部会による長屋再生事例の見学と講演会をさせていただきます。

*********************************

平成26年12月11日(木)
NPO法人 住宅長期保証支援センター(会場:エルおおさか)

10月下旬から続いていた講演会ラッシュも昨日のNPO法人 住宅長期保証支援センターの空き家部会における講演で一段落つきました。2ヶ月弱の間に、4回もの講演をさせていただきました。講演後の質疑応答や懇親会で、皆さんからのご意見や感想を聞かせていただくことにより、自分の役割を再認識することも。ほんとうに貴重な機会をいただいたと思います。

*********************************

平成26年11月28日(金)
全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)
第2回 中小不動産業者及び不動産取引のあり方に関する研究会

Photo



東京にある全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)、いわゆる宅建協会の本部にて講演をさせていただきました。私が10年ほど前から地元で取り組んでいる既存建物を活用したまちづくりや、地域貢献活動とビジネスを連動させている取り組みが、不動産業者の今後のあり方の参考になるかも?ということでお声をかけていただいた次第です。


もう少し気軽な研究会と思っていましたが、役員会議室に通され、この光景を見た瞬間、緊張はマックスに。また、テーブルに置かれているプレートには、国土交通省や経済産業省、金融機関系の研究所が複数、そしてNHKなどのマスコミも。その他、大学の先生や弁護士さん、宅建協会の専務理事やその他の役員など、そうそうたる顔ぶれで、講演慣れしている私でも、かつて無いほどの緊張をしいられました。

皆さんからは、一定の評価をいただいたようで安心したのですが、中でも一番皆さんの関心が高かったのは、地元の建築士やまちづくりコンサルタントと一緒に取り組んでいるバイローカルの運動(地域商業を守り育てる活動)や、地域の不動産の新しい活用方法を提案するビーローカルパートナーズの取り組みでした。このように、専門家と協働したり、地域活動を不動産業者が中心になって担っていく姿が、全宅連が思い描く今後の不動産業者のあり方のひとつとしてうつったようです。


Photo_2



*********************************


平成26年11月7日(金)
リノベ@大正区 第3回リノベーション講演会

10175984_995425970473567_31346797_2



リノベ@大正区の3回目の講演会、無事に終わりました。やはり前2回の講師陣にくらべると明らかに私の役不足で、来場者数は少し減ってしまいました。それでも100名を超える方に足を運んでいただき、登壇した私としてはいくら感謝しても仕切れない感じです。私が昭和町付近にて10年前から取り組んでいる不動産からアプローチするまちづくりの方法と、今までの事例について45分間、思いっきり話すことができました。大正区の皆さんに、まちづくりのヒントを提供させていただくのを目的とした講演でした。地域のおっちゃんやおばちゃんにも共感してもらいたかったので、新しい今風の横文字は絶対に使わないぞ!と心に誓っての登壇でしたが、何回か使ってしまいましたね。これが一番の反省点です。

写真は、私の講演の後に行われたOpenAの馬場さんと、サルトコラボレイティヴの加藤さんとのクロストークの模様です。馬場さんは大正区の水辺の可能性について話をされ、加藤さんは集客イベントをいくら繰り返しても街は変わらないということを話されました。どちらも、それぞれの分野で結果を出しておられる方々です。そのおふたりとクロストークできたことは、一生の思い出と言っても過言ではありません。私のような街の不動産屋ごときにチャンスをくださった関係者の皆様に感謝申し上げます。講演会の最後にはOpenAの大我さんから、今後の大正区での取り組みについての説明もありました。大正区は絶対に変わりますよ!


*********************************


平成26年10月30日(木)
大阪府建築士事務所協会(町歩き~寺西家)



10358125_857051994340212_4926681779




一般社団法人大阪府建築士事務所協会の会員さんを対象に講演会をさせていただきました。講演をするのはたぶん3~4年ぶりと思います。テーマは『既存建物を活用したまちづくり』。事務所協会の中でもまちづくりに興味がある方が集まられたようです。夕方、JR阪和線の南田辺駅を出発し、桃ヶ池長屋、昭和町おうちカフェきっちん、金魚カフェ、昭南ビルなどを見学しながら町歩きをし、最後に寺西家阿倍野長屋前の寺西さんのお宅で講演という流れ。30数名の方に、私が10年間取り組んできた、昭和町界隈の古い建物を活用したまちづくりについてのお話しを約40分間させていただきました。

JR大阪環状線大正駅徒歩1分。珈琲専門店『クリサン・リバー』跡の貸店舗。

Photo



JR環状線大正駅から徒歩1分。店舗付き住宅の活用についてのご相談がありました。『クリサン・リバー』は珈琲専門店として地域で愛されていましたが、店主のご病気等で2年ほど前に営業を停止し、現在に至っています。


Photo


先日、室内を拝見し、間取り図面を作成しました。1階はすべて店舗で、2階が居室となっています。居室への玄関は、店舗入り口とは別に設けられており、プライベートを確保できる間取りになっています。2階にもトイレがあります。最大の欠点は、お風呂が無いこと。でもご安心を。駅の反対側に、とても風情のあるお風呂屋さんを見つけました。逆に、この物件の最大の特徴は、眺めの良い屋上があること。店舗が密集するエリアですが、ここに上がれば、開放感は抜群です。


T_dscn3867


T_dscn3869


店内は昔ながらの純喫茶そのものです。ご家族にお聞きすると、豆を一粒一粒、選んでいたそうです。手間はかかるものの、ここのコーヒーの愛好者はたいさんいらっしゃったとのこと。カウンターとテーブル席があります。今なら、什器備品をそのままお使いいただくことも可能ですが、基本的には処分の方向で見積もりを依頼しています。







サードウエーブコーヒー

最近、サードウエーブコーヒーという言葉をよく耳にします。第3の波とでも言うのでしょうか。第1波は1960年代までの大量生産、大量消費型のアメリカンコーヒー。第2波は90年代以降、世界に広まったスターバックスなどのシアトル系チェーンのコーヒー。そして第3波は、こだわった豆を、こだわって焙煎し、1杯1杯ドリップするコーヒーのことを言うようです。記事は、それは1周まわって、日本にある昔ながらの喫茶店のようだと結んでいます。

JR環状線大正駅から徒歩1分の珈琲専門店『クリサン・リバー』跡の貸店舗。サードウエーブコーヒーの喫茶店として、どなたか再生にチャレンジしてみませんか?家主さんも地域の方々も、ここが喫茶店として復活することを望んでおられます。大正区の方にヒアリングすると、聞いた人全員が、ここのお店の愛用者でした。



Photo


Photo_2

桜井市本町通り商店街の活性化推進プログラム連続講座で、講演をさせていただくことになりました。

Photo




講演会バブルは、まだ密かに続いています。1月22日(木)、奈良県桜井市の本町通り商店街で講演をさせていただくことになりました。地域密着型の不動産屋が古い建物を活用して、どのように街を変えるきっかけを作っていったか!みたいな話になりそうです。

これを読んで、正しい大阪のおっちゃんを目指したいと思います。

Photo



イラストレーターの千秋育子さんの新刊を友人からいただきました。

小山隆輝さんへ、と書かれたサイン本です。

大阪のおっちゃん! かわいくて愛すべき生き物。

これを読んで、私も正しい大阪のおっちゃんを目指したいと思います。

amazon
大阪のおっちゃん!(タツミムック)

文の里商店街のテナント募集中の貸店舗にて、居留守文庫さんが第5回出張古本市を開催しています。

T_dscn3765



文の里商店街のテナント募集中の貸店舗にて、居留守文庫さんが第5回出張古本市を開催しています。

1月12日(月・祝)まで開催中です。
10:00~20:00(最終日は17:00まで)


居留守文庫
http://www.irusubunko.com/

貸店舗(阿倍野区昭和町1丁目・文の里商店街)
http://marujun.cocolog-nifty.com/log/2014/12/post-9ffe.html

昭南ビルにて、新規テナントを募集しています(阿倍野区阪南町1丁目・昭南ビル・貸店舗)

T_dscn3520



昭南ビル201号室・206号室、どちらもテナントが決まりました。
ありがとうございました。



年末年始の期間中、206号室の商談をしておりましたが解除となりましたので、正式に告知をさせていただきます。あびこ筋と反対側の部屋なので日当たりは悪いですが、月極駐車場の賃料に近い家賃で、昭和町駅前にスペースを確保できるのが最大の魅力です。なお、入居に際しては審査がありますので、あらかじめご了承ください。


206

種目/貸店舗
賃料/
共益費/
敷金/
礼金/
所在地/大阪市阿倍野区阪南町1丁目50番28号
交通/地下鉄御堂筋線昭和町駅徒歩1分
構造/鉄筋コンクリートブロック造3階建の2階部分・206号室
専有面積/9.91㎡(約2.99坪)
建築年/昭和33年
その他/現状のまま引き渡し
その他/流し台とガスは使用できません
その他/火災保険への加入が必要です
その他/入居審査があります
引き渡し/相談
取引態様/仲介
広告有効期限/平成27年2月6日

**********************************


昭南ビル201号室・206号室、どちらもテナントが決まりました。
ありがとうございました。




地下鉄御堂筋線・昭和町駅の駅前にある昭南ビル。1階にミスタードーナツのあるピンクのビルです。昭和33年建築のレトロビルは今から2年前に、小さな雑貨店やアトリエの入る商業ビルに生まれ変わりました。久しぶりに新規の募集を開始します。201号室と202号室をつなげた他のお部屋の2倍の広さがある店舗です。以前は、女性でかつ、初めて開業する方を募集の対象としていましたが、今回からその条件を廃止します。男性も応募可能です。但し、現在の昭南ビルの雰囲気を踏襲する業種の方が対象です。スケルトンによる募集なので、改装工事についてもご相談を承ります。軽飲食も可能なので、いろいろとご相談ください。お問い合わせをお待ちしています。

種目/貸店舗
賃料/
共益費/
敷金/
礼金/
所在地/大阪市阿倍野区阪南町1丁目50番28号
交通/地下鉄御堂筋線昭和町駅徒歩1分
構造/鉄筋コンクリートブロック造3階建の2階部分・201号室
専有面積/27.49㎡(約8.31坪)
建築年/昭和33年
その他/現況スケルトン・現状のまま引き渡し
その他/火災保険への加入が必要です
その他/軽飲食は相談可能です
その他/入居審査があります
引き渡し/相談
取引態様/仲介
広告有効期限/平成27年2月6日

『馬場正尊のまちづくりキャンプ』のリーフレットが届きました。

いよいよ今月末に開催が迫ってきた『馬場正尊のまちづくりキャンプ』。リーフレットができあがり、各所で配布が始まっています。主に、大正区内での配布ですが、当社にも大量に届きましたので、ご希望の方は取りに来てください。

なお、各コースへの申込期限は1月16日(金)17時です。
おかげさまで、私が担当するコース3:リノベーションプランニングコースは定員に達しています。


Photo_3


T_20150106170221117_0001


T_20150107172914542_0001


T_20150107172941932_0001





*********************************

T_

https://www.facebook.com/machicamp.jp?pnref=story

来年1月30日から2月1日にかけての3日間、大正区の平尾で開催される『馬場正尊のまちづくりキャンプ』。参加申し込みの受付が始まっています。イベントや補助金などに頼らない、民間主体による新しいまちづくりや地域活性化の手法を学び体験できる3日間です。


*********************************



10847939_1504377103175320_234485579



1月30日から2月1日にかけて大正区・平尾で開催される「馬場正尊のまちづくりキャンプ」の詳細が発表されました。

1月30日から2月1日にかけて大正区・平尾で開催される「馬場正尊のまちづくりキャンプ」の詳細が発表されました。なんと、私小山もチューター(講師)として参加します。私が担当するのは、リノベーションプランニングコース。実際にある空き家を対象に、まちや空間の魅力を最大限に引き出しながら、平尾にしかない新たな事業計画・コンテンツを考えます。私と一緒にこのコースを担当してくれるのは、和歌山県田辺市で活躍する若きリノベーターTSUGU DESIGN(継ぐデザイン)代表の松本晃樹さん。他の講師陣もきら星のごとく輝く第一線で活躍する方々です。リノベーションを活用したまちづくりに興味ある方はぜひご参加ください!

https://www.facebook.com/machicamp.jp/timeline

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近読んだ本

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ