« 紀州街道をポタリング | トップページ | 小学校の田辺大根の様子を見に行ってきました。 »

長屋の事務所転用は悲願でした。

 昭和町・西田辺エリアの某所ある長屋に、事務所を誘致することができました。長屋の事務所転用は、寺西家阿倍野長屋の再生に関わってから10年来の悲願でした。それも、ヨーロッパのとある国の政府が関係する財団法人の事務所です。日本の暮らしや文化を体感できるスペースで事務所を設けたいとのご依頼で、さきほど無事契約を終えることができました。事務所の場所に、昭和町を選んでいただけたのは心から喜ばしいことです。

 今まで、長屋で飲食店をされる方や、住みながら一部を事務所として使われるケースはありましたが、完全な事務所は初めてです。事務所の場合、基本的に建物の用途変更が必要ないので、長屋の活用方法としては幅が広がります。また、もともと昭和町は小さな事業所の事務所が点在するエリアでした。その雰囲気を新しい形で復活させたいとも思っていました。規模としては小さな仕事ですが、自分のなかでは、新しい第一歩として記したい仕事です。

« 紀州街道をポタリング | トップページ | 小学校の田辺大根の様子を見に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀州街道をポタリング | トップページ | 小学校の田辺大根の様子を見に行ってきました。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ