« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

阪南町ヘルパーステーション

T_13254912_1221217234590351_3537234




7月に開設予定の「阪南町ヘルパーステーション」の見学をさせていただきました。場所は阿倍野区阪南町4丁目。昭和初期の佇まいを残した、かなり質の高い長屋です。ずーっと以前、この長屋の仲介をしたことがあるのですが、その後、入居者が入れ替わるたびに手が加えられ、当時よりもかなり建物の価値が上がっていると思います。私が見たのはリノベーションされる前の原石の状態でしたから。こうやって、住み継がれて家の価値が高まっていくのは欧米では当たり前なのですが、日本でもそのような文化が広がると良いですね。

※今、ヘルパーさん絶賛大募集とのことでした。





T_13320404_1221217237923684_3906911

T_13308429_1221217241257017_5677599

マンション外壁の改修工事

Photo_2





阿倍野区阪南町5丁目にて、古い賃貸マンションの改修工事をしています。昭和40年代に建築されたRC造3階建の建物ですが、外壁のコンクリートが剥落してかなり危険な状態になっていました。今日は、鉄部のケレンや外壁の高圧洗浄を一気にやってしまうようです。今回の工事は、住吉大社近くの株式会社グラードさんにお願いしています。

株式会社グラード http://www.grado-infinito.com/

※写真は株式会社グラードから提供していただきました。

桃ヶ池長屋のむすびの市

13055949_1727123327504702_674014294 13040917_1727123394171362_300095528




5月28日(土)29日(日)は桃ヶ池長屋のむすびの市です。今回で8回目。すっかり阿倍野区のイベントとして定着した感があります。当日は桃ヶ池長屋に近隣遠方を問わず、素敵な作家さんや美味しいフードが集まります。当然、私も遊びに行きます。

ホームページ http://momogaikenagaya.jimdo.com/

貸店舗(阿倍野区阪南町3丁目・マンションささき)

Dscn4978



※この物件は契約の申し込みがありました。


種目/貸店舗
家賃/
礼金/
所在地/大阪市阿倍野区阪南町3丁目
名称/マンションささき
交通/地下鉄御堂筋線昭和町駅徒歩10分
構造/鉄骨造陸屋根4階建の1階部分
床面積/27.54平米(8.33坪)
建築年/昭和59年8月
引き渡し/即時
取引態様/仲介
広告有効期限/
当社の概要/http://marujun.cocolog-nifty.com/log/2006/01/post_511b.html





Photo




Dscn4984 Dscn4983 Dscn4985 Dscn4981_2
Dscn4986 Dscn4988 Dscn4989

阪南町で改修工事が始まりました。

13254508_1213384218706986_796971804




今日から阿倍野区阪南町でふたつの工事が始まりました。ひとつは入居者のいらっしゃる賃貸マンションのユニットバス交換工事。築後30年以上経過し、排水がダメになったので取り替えます。居住中の上、昼間はお仕事に行っておられるので鍵をお預かりしなければなりません。気を使う工事です。

もうひとつは、築後50年ほどの古い賃貸マンションの外壁補修工事。壁面が劣化し、コンクリート片がぼろぼろと落下するようになりました。家主さんとしては取り壊しも視野に入れておられますが、入居者がたくさんいらっしゃるのでそれもかなわず、改修工事を行うこととなりました。

長屋や町家だけじゃなくて、古い賃貸マンションの改修工事も増えてきました。

山之内元町長屋の賃貸条件を変更しました。

1mb


山之内元町長屋について、賃料などの賃貸条件を変更しています。

下記から、フライヤーをダウンロードしていただくのが便利と思います。
「yamanouchi.jpg」をダウンロード

画像ファイルになっています。
右クリックをして、「名前を付けてリンク先を保存」してください。

室内写真はこちらから(Googleフォト)
https://goo.gl/photos/LuorEhkwzDYCeFgB8


特設サイトも合わせてご覧ください。
http://yamanouci.jimdo.com/

耐震シェルターを設置した長屋のリノベーション見学会

Dscn4890



東成区中道3丁目。JR環状線玉造駅から徒歩3分ほど歩いた狭い路地の奥が現場です。大長ハウスさんが耐震シェルターを設置し、ふんだんに杉の無垢材を使ったリノベーションをしました。大正10年建築の長屋が安全性を高めながら、快適な住宅に生まれ変わっています。完成後は貸家として入居者を募集するそうです。

耐震シェルターや耐震補強工事などもぜひご相談ください。工事後の活用・管理までお手伝いさせていただきます。



Dscn4884 Dscn4891_2 Dscn4892
Dscn4903 Dscn4905 Dscn4887_2
Dscn4888_2 Dscn4889_2 Dscn4894
Dscn4895 Dscn4899 Dscn4900
Dscn4886 Dscn4902
Dscn4893 Dscn4897

馬場正尊編著 『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』

Photo





学芸出版さんから刷りたての本が届きました。
馬場正尊さんの新著『エリアリノベーション:変化の構造とローカライズ』。
本書で紹介されている6つの街のひとつに選んでいただけるだけでも光栄なのに、まさか共著者のひとりに名前を入れていただけるとは思ってもみませんでした。
私が死んだら棺桶に入れてください。

全国の書店もしくはネット書店で!


学芸出版社 特設サイト
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2622-1.htm

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/476152622X/ref=cm_sw_r_tw_dp_.lvnxb15A1PE0


目次


  この本の目的と使い方
   エリアリノベーションとは
   エリアリノベーションの法則を探して
   6つの街をめぐって
   街の変化を比較する9つの視点

第1部 エリアリノベーションとは  馬場正尊

01 エリアリノベーションの背景
   「まちづくり」という言葉からの脱却
   郊外化のメカニズム
   資本の流れと風景の関係
   マスタープラン型から、ネットワーク型へ
02 基本構造:3つのポイント
   空間ができるプロセスの逆転
   職能を横断するプレイヤーの登場
   街を変える4つのキャラクター
     [1]不動産キャラ
     [2]建築キャラ
     [3]グラフィックキャラ
     [4]メディアキャラ
03 ローカライズ:9つのポイント
   変化の兆し/サイン
   きっかけの場所/スペース
   事業とお金の流れ/マネタイズ
   運営組織の形/オペレーション
   地域との関係/コンセンサス
   行政との関係/パートナーシップ
   プロモーションの手法/プロモーション
   エリアへの波及/インパクト
   継続のポイント/マネジメント
04 計画的都市から、工作的都市へ
   産業構造の風景化
   工作的都市の出現

第2部 エリアリノベーションの実践

01 東京都神田・日本橋  馬場正尊
02 岡山市問屋町  明石卓巳
03 大阪市阿倍野・昭和町  小山隆輝・加藤寛之
04 尾道市旧市街地  豊田雅子
05 長野市善光寺門前  倉石智典
06 北九州市小倉・魚町  嶋田洋平


  街と観察者

室内写真の公開と賃貸条件の変更のお知らせ(山之内元町長屋)

T_imag3829




入居者募集中の山之内元町長屋。

GW前に竣工し、先日、写真を撮影してきました。

Googleフォトにアルバムを作成しています。

完成を機に、賃貸条件も大幅に変更になっています。


室内写真はこちらから(Googleフォト)

新しい賃貸条件はこちらから(特設サイト)

昭和のまちのバイローカル

Photo




4月29日(金・祝)、桃ヶ池公園で開催された『昭和のまちのバイローカル』マーケットは、お陰様で事故も無く、盛況の内に終えることができました。ありがとうございました。

今回は第4回でしたが、第2回が雨のため中止になったので3回目の開催です。回を重ねるごとにお客さまの人数が増え、今回は推計で4~5千人程度の方に来場いただきました。本部にて配布したパンフレットの枚数から推計しています。イベント『どっぷり昭和町』とバイローカル参加店それぞれの集客力と思います。

良きお店と地域住民との出会いの場がバイローカルのマーケットです。一日限りのイベントでは無く、街の良いお店を利用して守り育てることがバイローカルの目的です。その延長線上には大資本が提供する画一的なサービスや商品だけで無く、多様な消費の選択肢が保障されます。住みたい街は自分たちで作る運動がバイローカルです。

井尻珈琲焙煎所がオープンしました。

Photo





JR大阪環状線・大正駅近くに素敵な珈琲専門店が4月27日にオープンしました。

井尻珈琲焙煎所。

1年ほど前から関わっていた珈琲専門店「クリサン・リバー」跡です。
昭和の純喫茶の雰囲気を継承した、とても落ち着く空間です。
店主の井尻さんがセレクトする音楽も心地よく、店全体を包み込んでいます。
今までの大正区のイメージを覆す、新しいムーブメントの発信基地になりそうな予感。
良いお店のお世話が出来て光栄です。

井尻珈琲焙煎所 http://ijiricoffee.thebase.in/
facebookページ https://www.facebook.com/ijiricoffee

 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

最近読んだ本

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ