« 仕事と遊びとボランティアの垣根が無い生き方をしてまんねん。 | トップページ | 大阪市立大学で阿倍野区美章園の歴史を聴き、当社の屋号の由来に思いをはせる。 »

暮らしを豊かにするハンドメイドの製品を扱うショップや工房が点在する街を目指しています。

Photo




今、木工の工房ができる場所を探しているお客さまのお手伝いをさせていただいています。先日から週末のたびにいくつかの物件を見学していただいています。今日も朝から、阿倍野区播磨町2丁目にあるスペースの内覧でした。昭和町・西田辺周辺に「ものづくり」の方を誘致したいと思っているので力の入っている案件です。

今日ご案内した物件から徒歩数分の場所に森森舎(しんしんしゃ)というカフェがあります。ここのオーナーさんは、木工、金工、陶芸など「ものづくり」についてマルチな才能を発揮する方で、カフェの隣にアトリエを開設し、そこで様々な「ものづくり」の教室やワークショップを開催しています。今日のお客さまにお聞きしたらご存じなかったので、そのまま現場から歩いてカフェを訪問。ご紹介させていただきました。

まだまだ数は少ないですが、周辺には少しずつ「ものづくり」の人たちが集積しつつあります。鍛金(たんきん)のDine Factory、弦楽器工房の中川弦楽器製作所、レザークラフトのKOUZ and MOKOBO、陶芸クラブ桃久李(とくり)などなど。

西田辺のシャープ本社跡には数年後にニトリの店舗ができる予定です。ニトリで扱われる商品とは対極的なハンドメイドの家具や食器、そして暮らしを豊かにする製品の数々。それらを扱うショップや工房がエリアの各地に点在している…。そんな街を実現するために、木工の工房探し頑張ります!



« 仕事と遊びとボランティアの垣根が無い生き方をしてまんねん。 | トップページ | 大阪市立大学で阿倍野区美章園の歴史を聴き、当社の屋号の由来に思いをはせる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事と遊びとボランティアの垣根が無い生き方をしてまんねん。 | トップページ | 大阪市立大学で阿倍野区美章園の歴史を聴き、当社の屋号の由来に思いをはせる。 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ