« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

今年15冊目は千地万造さんの「自然史博物館」。

Photo




月末月初は忙しい。

それでも頑張って読書と物件は見に行っています。

今年15冊目は千地万造さんの「自然史博物館」。

自宅から自転車で10分で行ける大阪市立自然史博物館の初代館長が自然史博物館を語る学術書。

昨日は鶴見区横堤、今日は都島区の北通に収益マンションを見に行ってきました。

昨日は浪速区の下寺にある一棟売りのビルを見に行ってきました。

Photo



地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅から口縄坂を下って浪速区へ。

昨日は浪速区の下寺にある一棟売りのビルを見に行ってきました。

口縄坂は天王寺七坂と呼ばれている坂のひとつ。

石畳が風情を醸し出しています。

作家の織田作之助が七坂の内で一番愛した坂と言われています。

坂の東側には文学碑も。

今年14冊目は久賀谷亮さんの「最高の休息法」。

T_dsc_1541




知り合いに言われました。

「facebook見てると破滅的に忙しいみたいやけど大丈夫ですか?」。

え~そんな感じに見られてるの(笑)

体は大丈夫。

頭が忙しいんです。

完全に能力不足。

今年14冊目は久賀谷亮さんの「最高の休息法」。

読み進めると基本は「いまここ」。

禅の考えが根底の本でした。

今日は北区の西天満に巨大な一棟売り収益ビルを見に行きました。

今日は北区の西天満に巨大な一棟売り収益ビルを見に行きました。

成約できたら2年くらい遊んで暮らせます。

たまには夢も見ないとね(笑)

しかし、西天満の町家は質が高いですね。

近代的なビルとのコントラストが素敵な景観です。

以前、偶然見つけた馬刺し屋さんの並びにテナント募集の長屋が。





Dsc_1582


Dsc_1583


Dsc_1584


Dsc_1588



今年13冊目は髙橋大輔さんの「漂流の島」。

Photo_2





東京都にある絶海の孤島。

火山島でアホウドリの生息地、それゆえに島全体が天然記念物のため上陸が厳しく制限されている鳥島。

この島には古来から漂流民が流れ着いた記録が数多く残っています。

かのジョン万次郎も。

今年13冊目は髙橋大輔さんの「漂流の島」。

漂流民の記録を追うノンフィクション。

今日は西区の南堀江に一棟売り収益マンションを見てきました。

Photo





大阪はやっぱり川の街ですね。

意識していなくても川に出会います。

阿倍野区には川が無いので水辺の景色に憧れます。

今日は西区の南堀江に一棟売り収益マンションを見てきました。

近くには木津川にかかる千代崎橋。

こんな景色を毎日ながめる暮らしに憧れます。

この付近は心斎橋まで徒歩圏なので便利~。

今日は地下鉄谷町線平野駅まで売土地を見に行ってきました。

Photo_2




一日一物件。

レインズに掲載されていない事業用不動産を見に行くことを目標にしています。

毎日忙しいので時間を作るのが大変なんですが。

今日は地下鉄谷町線平野駅まで売土地を見に行ってきました。

自社ビルかマンション用地って感じかな。

物件前の街路樹のコブシが芽吹いていました。

春はもうすぐ。

第6回オープンナガヤ大阪2016記録集

Photo




オープンナガヤ大阪の記録集を実行委員会事務局から送っていただきました。

もう6回を数えるんですね。

年々、会場数もイベントも増えて、実行委員会の皆さんのご尽力が手に取るようにわかる記録集です。

今回は会場のひとつであるレンタルスペース阿倍野長屋で講演とまちあるきをさせていただきました。

バイクを駐車するためのコンテナ。

今日は忙しい一日でした。

少し時間が出来たので日課にしている物件の下見に。

あいにく雨風の強いタイミングだったので歩いて行ける阪南町の売土地へ。

途中で見つけたバイクを駐車するためのコンテナ。

長屋を切り取った跡の2間×10間の細長い土地に4つ設置されていました。

土地活用のひとつの方法。



Dsc_1546


Dsc_1550

今朝の日経新聞に掲載された住友商事の広告。

Photo


今朝の日経新聞に掲載された住友商事の広告。

新しい建物をつくるだけではなく、人々と手を取り合い街を生まれ変わらせていくというコンセプト。

時代も変わったなあと思っていたら、エリアリノベーション増刷のお知らせが。

馬場さんの本だけどうれしい。

http://www.sumitomocorp.co.jp/special/scrum/urban.html

今日は地下鉄谷町線の出戸まで収益物件を見てきました。

今日は地下鉄谷町線の出戸まで木造2階建アパートの収益物件を見てきました。

出戸は古い集落なので町家などの撮影ができると思っていましたが収穫はゼロ。

新しい建物ばかりでした。

その代わり、卵の自動販売機を発見!近くに養鶏場が集まっているエリアなどあるのか。

直売所は年末に閉店したようです。



Dsc_1519_2


Dsc_1520


Dsc_1517


Dsc_1515

今年12冊目は猪谷千晴さんの「町の未来をこの手でつくる」。

Photo




1月下旬の風邪引きでペースが落ちていました。

読書再開。

今年12冊目は猪谷千春さんの「町の未来をこの手でつくる」。

岩手県紫波町の補助金に頼らない公民連携によるまちづくのお話。

オガールプロジェクトは話が大きすぎて全貌が見えませんでしたが、これでよくわかりました。

読みごたえ有ります!

中央区の北浜にちょっと大きめの売ビルを見に行ってきました。

中央区の北浜にちょっと大きめの売ビルを見に行ってきました。

春を感じさせる陽気だったので周辺を少し散策。

少彦名神社は初めて。

ビルに囲まれた都会のエアポケット。

不思議な風景でした。

そして木造の重要文化財を三連発。

小西家住宅、愛珠幼稚園、適塾。

なんど見ても見飽きることはありません。


Dsc_1446

Dsc_1448

Dsc_1464

Dsc_1468


今日は堺市の北花田に、事務所兼倉庫の売物件を見てきました。

Photo_3



気がつけば毎日、川を見に行っているような(笑)。

今日は堺市の北花田に、事務所兼倉庫の売物件を見てきました。

配送をともなうような業務の本社や営業所に向いているかな。

今日の川は大和川水系の一級河川「西除川」。

上流では天野川と呼ばれている川です。

物件はこの土手まで徒歩30秒くらいです。

今日は北区の東天満まで収益ビルの売物件を見てきました。

今日は北区の東天満まで収益ビルの売物件を見てきました。

地図を確認すると大川がすぐ近くにあり、そのほとりに重要文化財の泉布観があったので、ちょっと足を伸ばして見学してきました。

何年か前に一般公開に参加したことがあります。

しばらく来ない間に、公園としてきれいに整備されていました。



Dsc_1400


Dsc_1401

Dsc_1402


Dsc_1406






大正区の千島にも古い町家が残っているんですね。

今日は大正区の千島に売倉庫を見に行ってきました。

大正区役所の裏側という感じの場所です。

千島にも古い町家が残っているんですね。

外壁が銅板で覆われたりっぱな町家がありました。

落合上の無料渡船の船着き場があり、そして護岸から眺めると木津川水門がすぐそこに。

今日はあまり時間がありませんでしたが、こんどゆっくり探訪してみたいエリアです。




Dsc_1381


Dsc_1382

 

Dsc_1384


Dsc_1383  

地域計画建築研究所(アルパック)さんのセミナーに登壇しました。

Photo



2週間前に引いた風邪がなかなかスッキリしません。今日は久しぶりに仕事を休んでゆっくりしました。もう大丈夫と思います。
もう3日もたちましたが、9日(木)の夜、地域計画建築研究所(アルパック)さんのセミナーにサルトコラボレイティヴの加藤寛之さんと一緒に登壇してきました。アルパックさんの経営理念に掲げる社会的使命「持続可能な地域づくりへの貢献」の一環としての連続セミナー。この日は第3回でした。私たちへのお題は「地域発の事業がまちを変えていく エリアリノベーション」。私は昭和町での取り組みとバイローカルの話、加藤さんは伊賀や芦原橋の話。セミナー修了後の飲み会でも濃密な意見交換ができました。アルパックの皆さん、お声をかけていただき、ありがとうございました。

生野区は宝の山!

Dsc_1336




大阪商工会議所のリノベーションビジネス連続セミナーでの登壇後、生野区で長屋を所有している方から活用のご相談をいただきました。今年の目標は「より狭くより深く」なので、生野区で継続的なお仕事をするのはなかなか難しいのですが、セミナーを聴いていただいたご縁なので、現地を拝見し、アドバイスをさせていただきました。

JR大阪環状線の寺田町駅から徒歩圏の対象エリアは、銭湯および風呂屋として日本で最初に登録有形文化財になった「源ヶ橋温泉」やサイズ感の素敵な栄通商店街などがあり、路地の奥には長屋をリノベーションしたカレー屋さんとステンドグラスの工房がありました。生野区って宝の山なんですよね~。じっくりと腰を据えて仕事に取り組む時間がほしい~!




Dsc_1338

Dsc_1340

Dsc_1335

Dsc_1334

行政情報をあつかう雑誌 『時評』 にて、当社の取り組みを紹介していただきました。

Photo




霞ヶ関界隈で購読されている雑誌だそうです。行政情報の総合誌 『時評』 にて、当社の取り組みを紹介していただきました。昨年、国土交通省を退官し、現在は新都市センター開発株式会社・専務取締役の井上雅夫さんが投稿した「まちなか再生、主役は中小不動産事業者」の記事の中での紹介です。



Photo_2

地域の空き家相談員(京都市)の更新研修会で事例紹介をしました。

地域の不動産業者を空き家相談員として登録し、空き家問題の解決を図る京都市の取り組み。その登録を更新するためには、年一回研修を受けなければならないそうです。今日はその更新研修会に講師としてお声をかけていただきました。相談員さんは全員で約300人いらっしゃるそうですが、今日はその内の約100人の方が来られていました。

京阪の清水五条駅近くの京都市景観・まちづくりセンターが会場。周辺には古い建物をうまく活用している事例もあり、大阪の私が出る幕など本来はありませんが、個別不動産の対応ではなく、エリア全体の価値を向上させないと本質的な空き家問題の解決にはならないという、いつもの小山節の部分だけを心のささえに、1時間の講演を乗り切ってきました(笑)




Dsc_1273 Dsc_1275
Dsc_1276 Dsc_1277
Dsc_1281 Dsc_1282
Dsc_1285 Dsc_1286
Dsc_1289 Dsc_1290
Dsc_1291 Dsc_1295
Dsc_1270 Dsc_1272 Dsc_1287

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

最近読んだ本

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ