« 2019年8月 | トップページ

2019年9月

賃貸マンション(阿倍野区阪南町5丁目・メゾン西田辺403号室)

Photo_20190921105201


種目/賃貸マンション
賃料/65,000円
共益費/7,000円
敷金/72,000円
礼金/72,000円
所在地/大阪市阿倍野区阪南町5丁目20番22号
交通/地下鉄御堂筋線西田辺駅徒歩3分
建物名/メゾン西田辺
構造/鉄筋コンクリート造陸屋根5階建の4階部分
専有面積/38.11㎡(11.53坪)
建築年/昭和54年4月
その他/リフォーム済み・即入居可能
その他/エレベーターあります
その他/火災発生のためスケルトンに戻した後、内装工事を実施したお部屋です。
引き渡し/即時
取引態様/仲介
情報更新日/2019年9月21日
次回更新予定日/2019年10月21日
当社の概要/http://marujun.cocolog-nifty.com/log/2006/01/post_511b.html

お問い合わせ
電 話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com 


Photo_20190921105401


Photo_20190921105402

エルマガムック『歩いてめぐる大阪本』

Photo_20190918115201


本日発売のエルマガムック『歩いてめぐる大阪本』に阿倍野区の昭和町・西田辺・東天下茶屋界隈が紹介されました。

天王寺サウスというらしいです(笑)。

バイローカルの動きも定着し…。

いよいよブレイク前夜の気配になってきた…。

うれしいですね。

あの店この店、いろいろ紹介されています。

『地域価値の向上に資する不動産ストック活用事例と考え方』

Photo_20190914092401


明海大学不動産学部と公益財団法人不動産流通推進センターが共同で作成・発行した『地域価値の向上に資する不動産ストック活用事例と考え方』に当社の取り組みを掲載していただきました。

17日から不動産流通推進センターのホームページにてPDFで全文がダウンロードできるようになるそうです。

※ダウンロードと購入は以下のページから可能となりました。
 https://www.bookpc.jp/Order/#/Publication/PublicationDetail/157

賃貸マンション(平野区流町4丁目・流町ビューハイツ109号室)

Photo_20190911162801


種目/賃貸マンション

賃料/58,000円
共益費/3,000円
敷金/61,000円
礼金/61,000円
所在地/大阪市平野区流町4丁目9番8号
交通/地下鉄谷町線平野駅 徒歩9分
建物名/流町ビューハイツ109号室
構造/鉄筋コンクリート造陸屋根5階建の1階部分
専有面積/53.90㎡(16.30坪)
専用庭/18.97㎡(5.73坪)
建築年/昭和56年10月
その他/リフォーム済み・即入居可能
その他/エレベーターありません
引き渡し/即時
取引態様/媒介
情報更新日/2019年9月19日
次回更新予定日/2019年10月19日
お問い合わせ
電 話 06-6621-0201

大正10年建築の町家をなんとか残したい

Photo_20190911095501


阿倍野区王子町3丁目にある町家。

評価証明で調べたところ大正10年の建築でした。

今、この家を引き継いでくださる買主を探しています。

とことん探して見つからなければ取り壊しをせざるを得ないのですが、このりっぱな町家を活用してくれる方をなんとか見つけたいと思います。

働きかた改革

9月14日(土)から16日(月)までお休みをいただこうと思います。

半年ほど前からひどい不眠症で、特に7月~8月上旬は最悪でした。

昨日、生まれて初めて心療内科を受診し、睡眠薬を処方してもらいましたが、実感としてはあまり効き目無し。

働き過ぎが原因なので、遅ればせながら働き方改革を実践します。

相談中の空き家(阿倍野区桃ヶ池町1丁目・文化住宅)

Img_8324
↑ 手前はオープン済みのキッチンアトリエ。その奥になります。


阿倍野区桃ヶ池町1丁目。

狭い狭い路地奥にこのどうにかしないといけない建物があります。

築後50年以上は経過しているのではないかと推測される古い文化住宅。

3戸のうち、1戸はキッチンアトリエとして再生されましたが2戸がまだ手つかず…。


1戸はスケルト状態、もう1戸はまだ以前の住宅のまま残っています。

下に図面を掲載し、スケルトンになっている部屋は1階と2階の延べ床面積は約29.97㎡(9.06坪)。

すでに再生済みのお部屋は1階をおもに低糖質パンを製造するための工房兼料理教室として使用しておられます。

2階は小さなイベントなどに活用されているようです。

家主さんとしては、お店(飲食店)を持つまでも無いが、こだわりのレシピで食品を製造してお店に卸したり、マルシェなどで販売をしたいという方を探しておられます。

厨房設備等はテナントさん負担になりますが、内装や厨房機器を設置するための上下水道・ガス・電気関係の工事は家主さんがテナントさんの希望をお聞きしながら工事をすることになっています。

この家主さんは工務店さんなので、そのへんはもうお得意です。

スケルトン状態なので、なかなかイメージがわきにくいと思いますが、すでに先行オープンしているキッチンアトリエも見学に協力していただけると思うので、まあ、ちょっとずつ勉強しながら進めていける方がいらっしゃると理想ですかね?




Bunka-de-kitchen_20190909171001


« 2019年8月 | トップページ

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ