« ダブルヘッダー | トップページ | 働きかた改革 »

相談中の空き家(阿倍野区桃ヶ池町1丁目・文化住宅)

Img_8324
↑ 手前はオープン済みのキッチンアトリエ。その奥になります。


阿倍野区桃ヶ池町1丁目。

狭い狭い路地奥にこのどうにかしないといけない建物があります。

築後50年以上は経過しているのではないかと推測される古い文化住宅。

3戸のうち、1戸はキッチンアトリエとして再生されましたが2戸がまだ手つかず…。


1戸はスケルト状態、もう1戸はまだ以前の住宅のまま残っています。

下に図面を掲載し、スケルトンになっている部屋は1階と2階の延べ床面積は約29.97㎡(9.06坪)。

すでに再生済みのお部屋は1階をおもに低糖質パンを製造するための工房兼料理教室として使用しておられます。

2階は小さなイベントなどに活用されているようです。

家主さんとしては、お店(飲食店)を持つまでも無いが、こだわりのレシピで食品を製造してお店に卸したり、マルシェなどで販売をしたいという方を探しておられます。

厨房設備等はテナントさん負担になりますが、内装や厨房機器を設置するための上下水道・ガス・電気関係の工事は家主さんがテナントさんの希望をお聞きしながら工事をすることになっています。

この家主さんは工務店さんなので、そのへんはもうお得意です。

スケルトン状態なので、なかなかイメージがわきにくいと思いますが、すでに先行オープンしているキッチンアトリエも見学に協力していただけると思うので、まあ、ちょっとずつ勉強しながら進めていける方がいらっしゃると理想ですかね?




Bunka-de-kitchen_20190909171001


« ダブルヘッダー | トップページ | 働きかた改革 »

11.相談中の空き家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダブルヘッダー | トップページ | 働きかた改革 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ