« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

バイローカルのキックオフミーティング

The-market_20200529100701


昨夜はバイローカルのキックオフミーティング。半年後のことはわからないけど、できるという前提でスタート。今年は11月15日を予定。写真を見ると食事しながらだったのでみんなマスクを外していますね。気の緩みとは言いませんが、結果的にはこうなってしまうということを自戒を込めて。
#バイローカル

木本マンションのリノベーション計画

Photo_20200528180101



大阪メトロさんと一緒にリノベーションに取り組む賃貸マンション。最近ではまあ見かけることのないレトロな間取り。この小さな空間に居住スペースを確保しながら街に開かれた機能を組み込む計画。近畿大学建築学部の学生さんたちのアイディアと建築士さんのコラボ。
#木本マンション





ながいけ認定こども園

Eyr46rvucamwbff


ながいけ認定こども園(長池幼稚園)の理事会。こんな時期なので本来なら持ち回りでも良かったのですが、府の規定で、対面での会議が必要とのこと。その代わり、密にならないように普段は入園式などに使用するホールで開催。写真はそのホールからの風景。緑いっぱいの園庭。(20200523)

ながいけ認定こども園
nagaike-k.ed.jp

素敵なアトリエを見つけました

Caboche


素敵なアトリエを見つけました。阿倍野区昭和町4丁目にあるcaboche (カボシェ)さんです。靴や帆布のバッグなどを製作されています。現在は製品の販売は準備中で、教室をメインにしています。訪問は事前に連絡が必要なのでご注意ください。

caboche432.com
instagram.com/caboche432/


Caboche_20200519121601

Caboche_20200519121701

Caboche_20200519121702

相談中の長屋(阿倍野区昭和町4丁目・元化粧品店)

Photo_20200514172001



阿倍野区昭和町4丁目にある空き家です。家主さんから活用のご相談をいただいています。場所は、昔、昭和本通商店街と言われた通り。私が子どもの頃には、共栄市場という市場があったり、最低限の夕飯の用意はこの通りでできる商店街でした。魚屋さんもお肉屋さんも八百屋さんもありました。その一角にあった元化粧品店です。

築年数は調べていませんが、おそらく昭和初期の建物でしょう。街道筋や商店の並ぶ通りに見られる特徴が備わっている建物です。いわゆる店型長屋の典型ですね。一番特徴的なのは大屋根の庇の部分。箱軒といいます。しかも、銅板で覆われているタイプ。隣家からの延焼を防ぐのと、豪華さを演出する目的があるのだと思います。

室内は写真のとおり、通りに面した部分が店舗で、1階の奥と2階が住居になっています。たぶん、建築当初は裏庭があったと思いますが、その部分は増築されて、今は無くなっています。印象的なのは店舗部分に設置されている赤い棚。カネボウ化粧品のロゴが素敵ですね。この棚を活かせると良いのですが…。

住居部分はお世辞にもきれいとは言えません。但し、昭和初期の趣はたっぷり残っています。家主さんとしては家賃は安くても良いので、自分で改装工事を施してくれる方を希望されています。できれば、それなりにしっかりと手をかけてくれて、この建物と場所の価値を上げてくれるような方が理想です。

この物件の同じ長屋の北端に、今年の春、ベーカリーカフェDAKAがオープンしました。
https://www.instagram.com/da.kafe.222/
そのお店と同じ家主さんです。DAKAは私の紹介で、連・建築舎の伴さんに設計していただきました。低予算にも関わらず、とても素敵なベーカリーカフェをつくってくださり、お店のオーナーさんはもちろんのこと、ご近所の方たちにもとっても喜ばれています。また、DAKAにもぜひ、お運びください。

建物は木造瓦葺2階建。長屋の端家です。前にも書いたとおり、昭和初期の建物と推測されるので90年近くたっています。トイレはありますが、お風呂はありません。住所は阿倍野区昭和町4丁目8番13号。大阪メトロ御堂筋線・西田辺駅から徒歩6分。JR阪和線・南田辺駅から徒歩5分です。

近隣には、ほんま食堂さん、ベーカリーカフェのDAKAさん、カレーと珈琲のげしとうじさん、カフェとレンタルスペースの昭和サロンさん、カフェとお菓子の月ノ輪さん、庭造りの冨士濃造園さん、カフェのコトコトキッチンさん、同じくカフェのりんどうの花さん、洋服等のオーダーメイドのコロモさん、そして陶器などの器を販売しているカタルテさんなど、昭和町周辺のバイローカルムーブメントの中心地のひとつです。

Photo_20200514171701

Photo_20200514172201

Photo_20200514172401

Photo_20200514172501

Photo_20200514172701

Photo_20200514172901

Photo_20200514173001

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナとの上手なつき合い方

Photo_20200513144701


Be Local Partners メンバーの娘さんが作成してくれた『コロナとの上手なつき合い方』。新しい生活様式に対応した飲食店営業の備えです。飲食店と利用者の相互協力により安全で快適な生活を取り戻すためのヒント集。ぜひご活用ください。

詳しい説明は下記のリンクから。
buylocal.jp/2020/05/09/1840

とある革製品の作家さんからのお手紙

Photo_20200512163501 


今月初め、お名前に見覚えのある方から私宛に封書が届きました。封筒には革製のブックマークにそえてお手紙が入っていました。今から4年前に、昭和町から少し離れたところにある、とある物件のご案内をさせていただいたお客さまでした。
 
仮にAさんとしておきます。靴や様々な革製品の作家さんです。確か、ご案内の際、「この物件もいいけど、ほんとはあなたのような方には昭和町でぜひアトリエを持っていただきたい!」と話したような記憶があります。
 
その後、いろいろと事情があって、創作活動も抑え気味だったそうですが、最近、やっと本格的に活動を再開しましたとのお便りでした。私のようなしがない不動産屋のことを覚えていてくださり、丁寧なお手紙まで頂戴してうれしい限りです。
 
なにかお手伝いできることはあるのかな…と思いながらこの投稿を書いています。一度、アトリエにお邪魔して、その作品などを拝見してこようと思います。

お菓子のアトリエmaison ecru(メゾン エクリュ)

Bunka-de-kitchen_20200511213001



桃ヶ池町1丁目に誕生したお菓子のアトリエmaison ecru(メゾン エクリュ)。路地奥の小さな長屋をリノベーションしたお店です。当社の仲介。写真のお菓子セットを販売することになったそうです。送料込みで2000円。詳しくはメゾン エクリュさんのインスタをご覧ください。

https://www.instagram.com/maison_ecru/
※時期を見てお菓子の教室もされます。

アルミ缶って今、売れないの?

Photo_20200509110601

先週から少し気になっていましたが、今、アルミ缶って売れないのでしょうか?うちの地域は毎週土曜日が資源ゴミの日で、缶やビン類の収集の日です。いつもなら、アルミ缶を回収して売りに行くおっちゃんたちが、朝、玄関先に出した瞬間(大げさでは無い)に拾って持って行きますが、先週からなぜかお昼頃まで残ったままになっていました。先週の土曜日はGWということもあるし、おっちゃんたちもステイホームしてるのかな?くらいに思っていましたが、二週も続くとなるとやはり別の要因があるのではないかと考えました。ひょっとしてコロナウィルスによるアルミ需要の減少?それとも、買い取り業者が新型コロナの感染を防ぐために、人が口を付けたアルミ缶の買い取りを一時的に中止しているのか?まあ、おっちゃんたちが持って行かなくても、最終的には大阪市が回収してくれるから問題はないのですが、アルミ缶の回収と販売で生活しているひともたくさにるのでちょっと心配です。

Googleでこんな記事を見つけました。
https://www.chemicaldaily.co.jp/%E9%87%91%E5%B1%9E%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%80%80%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%A7%E7%94%9F%E7%94%A3%E8%AA%BF%E6%95%B4%E6%8B%A1%E5%A4%A7/


物件情報はこちらから

 

アベノ洋風長屋・珈琲と白ワイン tent

Tent_20200508165401



アベノ洋風長屋の珈琲と白ワインtentさんは、こんな感じで窓越しでの販売を続けておられます。コロナの影響です。少し前から、tentさんのInstagramに掲載された毎日のテイクアウトメニューを、せっせと私のtwitterに転載するというお手伝い(勝手に)をしています。そのメニューに載っているチーズケーキをずっと食べたかったんです。今日、やっと買いに行くことができました。夕食後のデザートにします。ここのtentさんは、店内からアベノ洋風長屋の庭が見える、とっても素敵なお店なのですが、今は残念ながらテイクアウトのみの営業。キリッと冷えた白ワインを楽しめないのはとても残念です。プラスチックのカップでいいから白ワインをソーダで割ったスプリッツアーとか販売して欲しいなあ。仕事中、ソフトドリンクのふりして、こっそり飲むのに(笑)

ピート・デイヴィスの『四千万人を殺したインフルエンザ スペイン風邪の正体を追って』

Photo_20200506231801



GWは読書三昧。そのうちの一冊を紹介。20年前に読んだ本の再読です。ピート・デイヴィスの『四千万人を殺したインフルエンザ スペイン風邪の正体を追って』。100年前のスペイン風邪の恐怖を伝える内容ではなく、現代の科学者たちによるスペイン風邪の原因となったウィルスを探す記録。もう何百回も耳にしたPCR検査のPCRとはポリメラーゼ連鎖反応法という意味で、この手法は、カリフォルニアにあるシータスという小さな企業によって1980年代に開発された技術。この技術を人類は手にしたからこそ、HIVや肝炎、インフルエンザ、そしてコロナとも戦えるようになった。開発者ケリー・マリスは後にノーベル化学賞を受賞。スペイン風邪のウィルスを探して、北極圏のノルウェー領スバールバルの永久凍土に埋まるスペイン風邪で亡くなったひとたちの墓を掘る話は圧巻。ちなみにこの本。すでに絶版で、さっきアマゾンで検索したら48,500円の価格がついていました。売ろうかしら。

アドバイザリー契約

Photo_20200503131001


5月1日、大阪メトロさんと遊休不動産活用に関するアドバイザリー契約を締結しました。期限は来年3月末まで。今までの経験を活かして大阪の街に貢献したいと思います。電話やメール、そしてZoomを使って打ち合わせしていたのに、最後は判子を押しに訪問。商慣習恐るべし。


金曜日だもの

Photo_20200501231301


金曜日だもの。空瓶だけど(笑)。阿倍野区播磨町1丁目のエスポア ドイのおすすめワイン。ニュージーランド産のヴァヴァサワー・ソーヴィニヨンブラン。お手頃な価格なのに、しっかりとした味わいと華やかな香りの広がる美味しいワインでした。奥さんの作ってくれたシチューと共に。


長谷工コーポレーションさんにて取引

Photo_20200501171301


4月30日(木)、特別休業中の長谷工コーポレーションさんにて取引がありました。昨年7月に大阪市平野区にて契約した土地建物の取引です。このような時期ですが、契約で取引期限が30日だったのでやむを得ず。できるだけ、いわゆる『密』にならないように配慮していただき、少人数ながらも大きな会議室で手続きを行うことができました。

久しぶりの市内中心部は平日、しかも月末でしたが閑散としていました。ゴールデンウィークということもあり、大企業はみんな自粛要請に従い休業しているのでしょう。普段は地下鉄ばかり使っているので車で市内に出るのは何年ぶりか?気軽にコインパーキングに止めたら、150分で4,950円もかかりました。相場をまったく知らなかったので、故障と思い込んでしましました(笑)

次の写真のペットボトルは、長谷工コーポレーションさんにて出していただいた水。イラストがかわいかったので飲まずに持って帰ってきたものです。


Photo_20200501172001

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ