全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の50周年記念式典にて講演をさせていただきました。

50


平成29年6月29日、東京のホテルニューオータニにて開催された全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の50周年記念式典にて25分間の講演をさせていただきました。

全宅連が目指す2020年に向けた中期ビジョンの発表があり、その実践者として、私が大阪阿倍野・昭和町で行っている業務の事例発表というかたちでした。テーマは『地域の価値を高める不動産業 ~既存建物の活用とBuyLocal運動について~』。

50周年という大きな節目の式典で、全国の宅建協会の役員さんや他の団体からのご来賓計600人以上の方たちの前での講演は、事前に予想していたよりも大きなプレッシャーでした。

地元の友人にお願いをして、本番と同じ内容で練習を2回も開催してもらいました。いつもは60分程度で話をしている内容を25分に短縮し、しかも私の話の後には大物ジャーナリストの櫻井よしこさんの講演があったので、絶対に時間どおりに終わらないといけない…。

しかし、最初こそは緊張しましたが、途中から時計を見たり、水を飲む余裕も出てきて、持ち時間25分ぴったりで話し終えることができたのは、私の中では小さな勝ちでした(笑)

祝賀会の際、来賓として出席されていた全日本不動産協会の原嶋理事長がわざわざ声をかけに来てくださって、講演と取り組みについてお褒めいただきました。全日本不動産協会は、日本で最初の不動産団体で、全宅連と合わせると国内の90%以上の宅建業者が構成員となります。全宅連の式典で、全日のトップの方に評価していただいたのは、素直にうれしい出来事でした。

2年前に全宅連の通常総会にて、ビジョンの実践で地域に貢献しているという理由で、今回と同じ会場で表彰をしていただきました。その際にも1~2分程度のスピーチをさせていただきましたが、今回、舞台の上から見た景色はまったく別物でした。ほんとうに良い経験をさせていただきました。

ヘリテージマネージャー育成講座にて講演しました。

10月21日(土)、阿倍野区阪南町1丁目にある寺西家(登録有形文化財)にて、公益社団法人大阪府建築士会による『ヘリテージマネージャー育成講座』が開催されました。

連続講座の一コマを担当させていただいたのですが、30名ほどの参加者が熱心に聴講されていました。

登録文化財などの申請業務に従事したい方が対象なのですが、私はそのようなアカデミックな、また実務的な話はできませんので、古い建物の活用方法について1時間半ほど、お話しをさせていただきました。

本来なら、座学1時間、まちあるき1時間の予定でしたが、今日はあいにくの雨で、まち歩きで訪問する予定だった物件の写真を用意し、室内でまち歩きを体験していただくような時間となりました。

都市計画コンサルタント協会にて講演

Photo


天満橋のドーンセンター。一般社団法人都市計画コンサルタント協会の『都市計画まちづくりに関する講習会』にて講演。70人ほどの都市計画コンサルタントの皆さんを前に『エリアリノベーション~大阪市阿倍野区での取り組み~』というテーマで80分間。予定されていた講演はこれにて終了。仕事が慢性的に遅れているので、しばらく仕事に集中します。

地域計画建築研究所(アルパック)さんのセミナーに登壇しました。

Photo



2週間前に引いた風邪がなかなかスッキリしません。今日は久しぶりに仕事を休んでゆっくりしました。もう大丈夫と思います。
もう3日もたちましたが、9日(木)の夜、地域計画建築研究所(アルパック)さんのセミナーにサルトコラボレイティヴの加藤寛之さんと一緒に登壇してきました。アルパックさんの経営理念に掲げる社会的使命「持続可能な地域づくりへの貢献」の一環としての連続セミナー。この日は第3回でした。私たちへのお題は「地域発の事業がまちを変えていく エリアリノベーション」。私は昭和町での取り組みとバイローカルの話、加藤さんは伊賀や芦原橋の話。セミナー修了後の飲み会でも濃密な意見交換ができました。アルパックの皆さん、お声をかけていただき、ありがとうございました。

地域の空き家相談員(京都市)の更新研修会で事例紹介をしました。

地域の不動産業者を空き家相談員として登録し、空き家問題の解決を図る京都市の取り組み。その登録を更新するためには、年一回研修を受けなければならないそうです。今日はその更新研修会に講師としてお声をかけていただきました。相談員さんは全員で約300人いらっしゃるそうですが、今日はその内の約100人の方が来られていました。

京阪の清水五条駅近くの京都市景観・まちづくりセンターが会場。周辺には古い建物をうまく活用している事例もあり、大阪の私が出る幕など本来はありませんが、個別不動産の対応ではなく、エリア全体の価値を向上させないと本質的な空き家問題の解決にはならないという、いつもの小山節の部分だけを心のささえに、1時間の講演を乗り切ってきました(笑)




Dsc_1273 Dsc_1275
Dsc_1276 Dsc_1277
Dsc_1281 Dsc_1282
Dsc_1285 Dsc_1286
Dsc_1289 Dsc_1290
Dsc_1291 Dsc_1295
Dsc_1270 Dsc_1272 Dsc_1287

大阪商工会議所主催のセミナーで事例紹介をしてきました。

Dsc_1214




昨日の午後は大阪商工会議所にてリノベーションビジネス連続セミナーに登壇していました。ここ数日の忙しさの原因のひとつです。

しかしまあ、貴重な体験をさせていただきました。私は事例紹介ということで20分だけでしたが、普段60分かけて話をする内容を20分におさめたので早口だし話の脈絡もめちゃくちゃで。聴きに来てくださっていた方、ごめんなさい。

事例紹介のあとは、講演をしたSUMO編集長の池本さんと、私と同じく事例紹介をした東証一部上場のインテリックスの山本社長、そしてモデレーターのHOME'S総研所長の島原さんの4人でパネルディスカッション。

上場会社の社長と街の不動産屋が席を並べてディスカッションするという不思議な光景も、モデレーターの島原さんとドンスーモ池本編集長の絶妙なパス回しで楽しく終えることができました。

5回連続のこのセミナーも昨日が最終日。たくさんの会社が参加していましたが、大阪のリノベーションの発展と活性化に寄与できたかな。個人的には昨日、セミナー修了後、参加しておられた方からお仕事の相談があったのが収穫。そして、島原さん池本さんとの打ち上げも楽しかった~。某リノベ関係の事務所のきれいどころもいっぱい来ていたし。

次回の講演は2月1日に京都の不動産屋さん300人ほどの前でお話しさせていただきます。

千葉県浦安市の明海大学不動産学部で講演しました。

23日の夜.、急きょ泊まった新浦安のエミオン東京ベイ。チェックインしたのは夜の12時。ディズニーランドのすぐ近くなので、ほぼリゾートホテル。家族連れとカップルばかり。スーツ着てる人はまったくいなかった。




T_15179012_1397418916970181_6249690



昨日、目覚めたら天気予報どおり雪でした。11月の初雪は東京では54年ぶりとか。よりによって超寒がりの私がこんな日に…。幸い、明海大学はホテルの目の前。ここの不動産学部で講演をさせていただきました。


15134804_1397498890295517_435466054



明海大学不動産学部は日本で唯一の不動産学部とのこと。全宅連の推薦を受けて、キャリア教育の授業で約60人の学生さんを前に話しをしてきました。他の会社で働いたことのない私がキャリアの話などできるはずも無く、仕方がないので自分の取り組みと予想されるこれからの不動産会社像などを60分間。




15193476_1397562870289119_232570267

不動産業者のためのタウンマネジメント・スクール(2日目)

Photo



11月14日(月)・15日(火)
全宅連不動産総合研究所と大阪宅建協会中央支部による合同企画
不動産業者のためのタウンマネジメント・スクール
~地域活性化・地域貢献×不動産取引拡大の次世代ビジネスモデル~
2日目の15日は、朝から現地集合で3箇所に分かれての現地視察。

1,昭和町はもちろん私が担当
2,北加賀屋 芝川能一氏(千島土地株式会社)
3,藤井寺 西村剛氏(株式会社西村興産)

昭和町は業界紙や全宅連の方も含めて19名の方が参加。
火曜日の朝ということもあり、ほとんどのお店が閉まっているので、外観からの見学のみとなりました(一部、店内写真をこちらで用意)。

地下鉄昭和町駅に集合し、寺西家阿倍野長屋・昭南ビル・暮らし用品・PERK・金魚カフェ・うさぎとぼく・桃ヶ池長屋(冨士濃造園・月ノ輪・はこべら・連建築舎・coromo・りんどうの花・カタルテ)・げしとうじ・vow's space+cafe・シェルター長屋・西田辺7-plusという順番で。

後半のvow's space+cafeと大長ハウスのシェルター長屋については定休日にも関わらず、特別に開けていただき、内部の見学と説明をしていただきました。

午後は大阪宅建会館に戻り、講義とディスカッション。

吉原住宅の吉原勝巳さんと清陽通商の栗本唯さんの講演がありました。

夕方には各グループごとのディスカッションの報告があり、清水千弘先生による講評。同じ不動産業といえど、それぞれ置かれている環境や業態が異なり、グループとしての結論を導くのは難しかったようですが、参加された方それぞれのなかに、今後の課題や目指すべき方向のようなものが少しでも芽生えたら、全宅連さんや中央支部研修委員の方たちの目標はクリアできたのではないかと思います。

皆様、お疲れ様でした。二日間、良い経験をさせていただきました。

大阪府建築士会主催のイベントで講演をさせていただきました。

Photo



11月13日(日)

公益社団法人大阪府建築士会(主催)からお声をかけていただき、講演と西田辺周辺の長屋を見学する町歩きをさせていただきました。

当日は、大阪型近代長屋の保全活用を促進するためのオープンハウスイベント「オープンナガヤ大阪」が大阪府内の各地で開催されている日で、オープンナガヤ大阪2016実行委員会と大阪市立住まい情報センターの共催でした。

会場は、阿倍野区昭和町4丁目の「レンタルスペース阿倍野長屋」。

大阪府建築士会の会員は1,000円で、会員外は1,500円という参加費にも関わらず、ひとりのキャンセルも無く、30名超の方にご参加いただきました。

テーマは、「まち・建物・コミュニティの再生を目指して ~地域の価値を高める不動産業~」。

この日のために数年間、使い続けたパワーポイントの内容を変更。今まで、事例の紹介を中心に構成していましたが、既存建物を活用して、地域の価値を高めるために必要な3つの基本と、8つのコツを紹介する内容にしました。

約80分ほど講演をさせていただいた後は町歩き。

桃ヶ池長屋冨士濃造園月ノ輪はこべら連建築舎coromoりんどうの花カタルテ)から、げしとうじvow's space+cafe大長ハウスさんのシェルター長屋、くらし社(阪南町長屋)と、オープンナガヤ大阪の会場を回りました。

30名超の方をご案内するのはなかなか大変でした。

町歩きの理想はやっぱり5~6人ですね。

最終目的地は、最近当社にて仲介させていただいた大阪市立阪南小学校の正門前にあるお屋敷を改修した複合施設(DIY工事中)です。工事中にもかかわらず、快く見学させていただき感謝です。おまけに、入居者さんによる「ありがたや節」の披露まで。

西田辺界隈の大阪長屋の魅力と、それを活かしたエリア価値の向上についての当社の取り組みついて、それぞれ感じていただけたら幸いです。

近畿大学建築学部で講演をしました。

Photo



10月27日(木)

母校の近畿大学で学生さんを対象に講演会を行いました。私は法学部卒業ですが、今日は建築学部の2年生。必修科目の企画マネジメント総論の連続授業です。

テーマは、

地域の価値を高める不動産業 阿倍野区昭和町が話題のエリアになる理由

たっぷり80分間。

学生さんにちゃんと伝わったかな…。


最近読んだ本

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ