平野区のリノベーション長屋、まもなく竣工します

Photo_20201209173901
モダンな外観にお色直しされました


チラチラとSNSで登場していた平野区流町のリノベーション長屋、
まだ絶賛工事中ですが、現状を少しお見せします。
4軒長屋で1戸は入居者が決まっているので、今回は3戸の同時募集。
広さは57.6平米、2人暮らしやお子さん1人くらいまでの
3人暮らし向き、ペットも相談可能です。

来月1月16日(土)、17日(日)に予約制の内覧会を開催します。
詳細はまた年内にお知らせしますので、続報をお待ちください。
(※入居者募集の内覧会のため、リノベーションの参考見学はお断りします。)



B_12C_24
左:1階。壁にはたくさんの造作棚が取り付けられています。/右:2階。一部吹き抜け、収納は可動式。


C_15D_14
左:玄関に造作棚がある間取り/右:こちらは玄関がオープンで壁に造作棚がある間取り

相談中の長屋(東成区深江南2丁目)

Photo_20200422113001

東成区深江南2丁目。当社にしてはめずらしく西田辺の事務所から直線距離で6.7kmも離れている案件です。

大阪メトロ・千日前線の新深江駅から徒歩で約6分。いわゆる内環状線(国道308号線)に面しています。周辺を少し歩きましたが、並びは路線商業的なお店が多く見られますが、大通りから中に入った場所は道路の広い、すっきりとした印象のエリアです。

ご相談を受けている建物は、昭和初期に建築された思われる四軒長屋の中住戸。借りておられたご家族が退去されて、数年前から空き家になっています。増改築が繰り返されてきた建物ですが、昔の趣もしっかりと残っています。外観も室内も、大きな損傷は見られませんでした。

家主さんとしては、古い建物の趣を活かした活用を望んでおられるので、住居に限らず、飲食店を含む店舗利用も可能とのことでした。また、家賃とのバランスを考慮しますが、そのためのリノベーション費用を一部負担することも検討していただけます。

昭和町や西田辺周辺なら、どのようなニーズがあって、どれくらいの賃料なら持続可能な商いが成り立つか、だいたい瞬時にわかりますが、東成区となると正直なところしっかりとマーケットリサーチしないとわからない…というのが実情です。よって、まずはニーズ有りきと思っています。

ご依頼いただいている家主さんはこの周辺でいくつかの長屋を所有しておらるようです。まずは一軒、この長屋を活用することで、エリア全体への波及効果を期待されています。テナントさん、家主さん、そして当社のチームで素敵な活用事例になることを願っています。ご興味ある方、まずはご連絡ください。

面積は1階が約65㎡(19坪)で、2階が約48㎡(14.5坪)です。

お問い合わせ
電 話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com

 

Photo_20200422113002

Photo_20200422113701

Photo_20200422113801

Photo_20200422114101

Photo_20200422114102

Photo_20200422114201

相談中の空き家(阿倍野区阪南町3丁目)

Photo_20190829143201


阿倍野区阪南町3丁目にある文化住宅の空き家。

1階が鉄筋コンクリート造で、倉庫・作業場として賃貸されています(一部募集中)

その2階にある木造瓦葺きの文化住宅4戸(総戸数4戸)が空いています。

もう何年も前から相談を受けていましたが、なかなか妙案が浮かばず、そのままになっていました。

お風呂の無い昭和45年建築の建物。

面積は約23.64㎡(7.15坪)。


先日、室内を拝見したところ電気の容量が貧弱だったのでそのことを家主さんにお話しすると、電気やトイレなど多少のことなら家主側で整備しますとのこと。

しかし、これを完全な住宅に再生するのは「多少のこと」では済まないので、他の用途でうまく使ってくれるひとがいたら相談してくださいとおっしゃっていました。

かなり長期間、空き家だったようです。


これもどうにかしないといけない建物です…。

お問い合わせ
電 話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com



Photo_20190829143202


Photo_20190829144301


Photo_20190829162001


Photo_20190829143203


Photo_20190829143301

相談中の長屋(東住吉区東田辺2丁目)

2_20201117093801


東住吉区東田辺2丁目にご相談中の空き家があります。

隣接する約53㎡(16坪)の空き地もセットです。

古い木造瓦葺2階建の長屋です。

とりあえず5年間程度の暫定利用を考えておられます。

空き家の床面積は約74.76㎡(22.61坪)。

家主さんとしてはあまり自ら投資するお気持ちは無さそうです。

内装と設備の損傷が大きいので住宅として再生するのは難しいと思います。

なので、アトリエとか工房とかそんな使い方してくれるひとはいないかしら?とおっしゃっていました。

建物が古いことと暫定利用であることを考慮して、家賃は2万円程度でも良いとのこと。

よいご縁があれば、賃貸物件としてぜひ再生させたい建物です。

お問い合わせ
電 話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com



Photo_20190829103702

Photo_20190829103801

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ