« 大阪メトロの西田辺駅・長居駅・あびこ駅周辺で空き家・空き店舗を募集しています | トップページ | 福島区海老江1丁目の貸店舗事務所(グリーンシティオオサカ2号棟 1階店舗) »

貝塚市西町の町家(貸家./貸店舗/貸事務所/登録有形文化財・旧吉村家住宅)

T_kimg3460

南海本線の貝塚駅からほど近い寺内町に残る18世紀中頃に建築された町家です。国の登録有形文化財に登録されています。国宝や重要文化財と異なり、登録有形文化財は活用しながらの保存を目指す、ゆるやかな文化財です。外観を中心に保存を行い、建物の内部の改修や使用方法については大きな制限はありません。全国で、ホテルや飲食店など様々な使われ方がされています。

この旧吉村家は、江戸時代から「和泉屋」や「泉久」の屋号で油屋や金融業を営む、寺内町の有力商人でした。増改築が繰り返されている建物ですが、主屋は18世紀中頃の建築とされ、その他の後世に増築された部分も幕末の頃とされています。土蔵は道具蔵と衣装蔵があり、主屋とこのふたつの土蔵が登録有形文化財に登録されています。

2017年にこの町家が取り壊されそうになりました。そのとき、保存するためにこの町家を買い取った方が現在の所有者です。もうあれから5年が経過しました。保存するためには活用することが鍵です。庭にあるハナレの部分の活用については道筋が立ちました。敷地全体の賃料目安として下記の金額を設定していますが、部分的な活用であったり、期間を決めた活用などご相談しながら最も適切な方法を検討していきたいと思います。

貝塚の寺内町は大阪府下で最も登録有形文化財が集積するエリアと聞いています。そんな古い建物を所有する方たちが結束して、この寺内町の景観と建物を保存する活用の機運も高まっています。まだ数は少なく、あまり情報発信されていませんが、リノベーションを施したうえで飲食店に転用している建物も出てきました。

室内の改修工事については原則としてテナント負担になりますが、外観や構造の部分は現在の所有者が5年前に購入後、多額の費用を投入して整備し、維持保全がなされています。理解と思いのある家主さんと、この町家に集う様々なテナント、そして寺内町を守るべく行動する地域の方たちと手を携えながらこのプロジェクトに飛び込んでくださる方を全力でサポートします。


ダウンロード
貝塚市西町の町家 平面図(PDF)


種目/貸家(店舗事務所)
賃料/440,000円(税込)
敷金/1,200,000円
礼金/1,320,000円(税込)
所在地/貝塚市西町12番7号
地図/https://goo.gl/maps/GxMCMxLeFmoARzcJ9
交通/南海本線 貝塚駅 徒歩6分
構造/木造瓦葺2階建
専有面積/延べ床面積215.30㎡(65.12坪)
建築年/主屋は18世紀中頃と推定 その他は19世紀中頃
引き渡し/相談
附属建物
居宅/木造瓦葺2階建/114.94㎡
物置/木造瓦葺平家建/3.80㎡
物置/木造瓦葺平家建/30.34㎡
倉庫/木造瓦葺2階建/52.89㎡
倉庫/木造瓦葺2階建/63.42㎡
---

その他の費用
火災保険の加入が必要です
家賃保証会社(全保連株式会社)の加入が必要です
仲介手数料(賃料の1ヶ月分+税)が必要です
---
取引態様/仲介
情報更新日/2022年8月6日
次回更新予定日/2022年9月6日
当社の概要/https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/2020/03/post-b437a2.html

お問い合わせ
電 話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com



Photo_20211015145101


Photo_20211015145201

T_img_2203

T_img_2204

T_img_9726
Photo_20210918114301
T_img_9696
T_img_9704
T_img_4888

« 大阪メトロの西田辺駅・長居駅・あびこ駅周辺で空き家・空き店舗を募集しています | トップページ | 福島区海老江1丁目の貸店舗事務所(グリーンシティオオサカ2号棟 1階店舗) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪メトロの西田辺駅・長居駅・あびこ駅周辺で空き家・空き店舗を募集しています | トップページ | 福島区海老江1丁目の貸店舗事務所(グリーンシティオオサカ2号棟 1階店舗) »

最近読んだ本