« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

クックブックのレシピ公開 イルマーニ/若鶏の野菜巻き

Photo_20210430174401Photo_20210430174501


せっかくのゴールデンウィークなのにどこにも行けないですね。ぜひ、食で豊かなおうち時間をお過ごしください。7~8ページに掲載されているのはフレンチ、イタリアン、スパニッシュの小皿料理が楽しめるイルマーニさんの若鶏の野菜巻き。お店のデータは2018年当時です。
#バイローカル
#クックブック

西田辺周辺の景観を代表する建物

Photo_20210430124401

阿倍野区長池町にある和洋折衷の住宅です。洋館の部分は増築では無く、母屋建築当初からのものと思われます。屋根瓦を含めてきれいになっているので、最近建築したように見えますね。通常はこの部分は応接間として使用されることが多いです。西田辺周辺の景観を定義づける大切な建物と思います。

クックブックのレシピ公開 risa risa/魚介のパエリア

RisarisaRisarisa_20210429164301

2018年に発行したクックブック。5~6ページに掲載されているのは昭和町2丁目のrisa risaさん。本格スペイン料理のお店です。紹介されているメニューは魚介のパエリア。オーブンに入る取っ手のとれるフライパンなら自宅でもできそうですね。お店のデータは2018年当時です。
#バイローカル #クックブック

クックブックのレシピ公開 DJANGO/豚バラ肉のビール煮込み

Photo_20210429163001  Photo_20210429163101



バイローカルのクックブック。昭和町界隈のこだわりのお店レシピの公開です。まず始めは阿倍野区王子町のDJANGO(ジャンゴ)さん。豚バラ肉のビール煮込みです。3人分の材料と作り方が書いてあるのでご自宅でチャレンジしてください。なお、お店の情報は2018年現在です。
#バイローカル #クックブック

半円形の窓が特徴的な洋風の建物

Photo_20210429135001


元は二戸一(にこいち)の長屋だったと思います。半円形の窓が特徴的な洋風の建物。角を丸くした庇(ひさし)や玄関まわりのタイルの縁取り。バルコニーも見えますね。どこをとっても萌えまくりのデザイン。12年程前に阿倍野区美章園で撮影しました。今もあるのかどうか?切り離される前の姿を見たかった。

ステイホームのお供にバイローカルのクックブック

Ez5lky_veaapwll_20210428172001

2018年に制作したバイローカルのクックブック。たくさんの方に資金のご協力をいただき完成したレシピ本です。もう、在庫もほとんどありません。緊急事態宣言のため閉店しているお店も多い昨今。せめてご自宅で楽しんでいただくために毎日1店ずつ公開していこうと思います。#バイローカル #クックブック


Ez9ma1quuamqqnh_20210428172101Ez9mdlyucai3gul_20210428172201

階段がふたつある長屋

Photo_20210428154301Photo_20210428154401


入居者募集中の阿倍野区昭和町3丁目の長屋には階段がふたつあります。表にあるのは普通サイズの階段。裏にあるのは幅が50cmほどしかないミニサイズの階段です。これは1階の座敷(今はLDK)にお客さんがいたり、家族が就寝しているときにその部屋を通らなくてもトイレに行けるように作られたものです。昔のひとたちの知恵ってすごいと思います。

なお、こちらの長屋は複数の入居申し込みをいただいているので、5月1日(土)を締め切りとします。

T__20210428154601

住宅から福祉目的の建物に改築

Photo_20210428121001


ちょっと大工さんに用事があったので東住吉区某所の工事現場へ行ってきました。現在、こちらの建物では、住宅から福祉関係の建物に改築するための工事が行われています。久しぶりに見に行きましたが、室内はほぼスケルトン状態で、木造の在来工法の骨組みがわかりやすい状態になっていました。

工事関係のこともお気軽にご相談ください。

スクラッチタイルの長屋

Photo_20210428100501


洋瓦にスクラッチタイルの外壁。玄関前の石段。モルタル仕上げで塗装されてしまっていたので、古い建物の雰囲気をあまり残していませんでしたが、玄関周りだけは昭和初期の、しかも洋風でハイカラなつくりとなっていました。阿倍野区昭和町5丁目にあった長屋です。今はもう建て替えられてありません。

古い建物の再生・活用をお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

もう、さじを投げない。

Ez3ihniviaajo06_20210428085001


長屋などの古い建物の活用の提案やお手伝いをしています。当社のある阿倍野区には大正時代の末期から昭和の初めにかけて建築された長屋がたくさん残っています。築後90年から100年近い建物です。当然、老朽化も進み、そう簡単には残しましょう、活用しましょうとは言えない建物の多くあります。

当社に相談に来られる家主さん地主さんの多くは、親や祖父母の時代から受け継いだ建物を次の世代にバトンタッチしたいと望んでおられる方です。もしくは、多くの資金をつぎ込んで新しい建物を建築するリスクを好まない方や、そもそもご自身も古い建物が大好きという方もいらっしゃいます。他の不動産会社に相談に行ったが、話をろくに聞くことも無く、売却を進められたり、建築会社を紹介するから新しいアパートを建てませんかと提案を受けたことがある方も多いようです。丸順不動産はそんなお困りの家主さん地主さんにとっての最後の砦にならないといけないと常日頃思っています。

先日、とある地主さんから久しぶりにお電話をいただきました。じつは、数年前にたくさんの方と連携しながら有効活用のお話を進めていたのですが、突然取りやめになってしまい困惑したことがある地主さんです。正直私も、もうこの方はなにを提案しても無理かな?とさじを投げてしまいました。

音信不通になっていた期間に、他の方に相談されたのか否かは私にはわかりませんが、また、戻ってきてくださったことには素直に感謝しか無く、もう一度、お手伝いさせていただくことになりました。この土地は広く、権利関係が複雑で、建物も老朽化しています。一筋縄ではいきません。たぶん、十年単位の長いお仕事になるでしょう。

こんどはもう絶対にさじを投げない。私がさじを投げてしまうと、きっと、この不動産は処分されて、3階建の都市型住宅の分譲地になってしまうでしょう。そして、近隣を含む今のコミュニティも無くなってしまうと思います。この地主さんの残したい、活用したいという願いを実現できるように努力します。

最近、私の息子(四代目候補)も丸順不動産に入社しました。長期的な視点に立った仕事にも対応できるので、気軽にご相談ください。

【見学会のお知らせ/4月24日(土)・25日(日)】貸家(阪南町1丁目)

Photo_20210414141401



【見学会のお知らせ/4月24日(土)・25日(日)】貸家(阪南町1丁目)

2階の窓から公園ビュー!緑感じるリノベーション長屋です。
事前予約制なので下記のリンクの物件ブログから詳細を確認のうえ、お申し込み下さい。
古きよき趣きは残しながら、設備は現代版にアップデートされています。

物件ブログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ