« 防水工事はこれが便利でよく使ってもらっています | トップページ | 心と体が知らない町を強く欲するんです(大和郡山市を散策) »

給湯器不足の原因は意外にもローテク部品の不足が原因(らしい)

おはようございます。
4月21日(木)午前7時5分、事務所でこのブログを書いています。
----------

今日の午前中は奈良県大和郡山市まで仕事で行ってきます。ほんとうは、わざわざ行かなくてもよい仕事なのですが、100年以上前に建てられたというお客様の家をどうしても一目見たくて、それと大和郡山市をほんの少しでも歩いてみたかったのでおじゃますることにしました。明日のブログは大和郡山市ネタかな。
----------
T_img_6203

宅建業界や建築業界では深刻な問題になっている給湯器不足。
給湯器だけではなく、ウォシュレットや業務用冷蔵庫やいろいろ不足していて、じつは現場ではたいへんなんです。
私の仕事で一番難儀しているのはやはり給湯器が手に入らないこと。
昨日、年末に発注した給湯器がやっと入荷して取り付けることができました。
写真のような小型でシンプルな給湯器が不足しています。
聞くところによると、追い焚きができるような大型のものを優先的に生産しているため小型のものが不足しているようです。
まあ、メーカーさんも商売なので仕方がないですね。

じゃあ、なぜ給湯器が不足しているのか?
私も最初は、中国や東南アジアで給湯器そのものを生産しているものだと思っていました。
新型コロナウィルスが原因で、工場の生産が停止しているのだろうと。
工場の操業が停止、もしくは低稼働というのは間違いないようですが、問題はそこで生産しているもの。
給湯器を作っているんじゃないんです。
ワイヤーハーネスという端子付きの電線が東南アジアで生産されていて、それが不足しているのだとか。

ワイヤーハーネスとは
https://www.taiyocable.com/column/wireharness-use/#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%EF%BC%88Wire%20Harness%EF%BC%89%E3%81%AF,%E3%82%92%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

リンクを見るのが面倒なひとのために、上記ページから引用しますね。

ワイヤーハーネス(Wire Harness)は、機器の動力となる電力と、機器制御を行う電気信号を伝える役割を持った部品の集合体です。主に電気を伝える電線と、周辺機器に接続して電気を伝える端子やコネクタを組み立てたものです。

写真を見てもらったらわかるように、なんだこれは!と思うくらいローテク部品です。
但し、ローテク部品であるがゆえに大量生産できないとのこと。
おそらく、東南アジアの工場で人海戦術で作っていたのでしょう。
ちょっと前までは、日本の町工場や内職で作られていたものなのかもしれません。

物流は今、国境を軽々と越えていますよね。
コロナ禍に加えて、ウクライナの戦争でも物流に大打撃が加わっているようです。
建築資材も入手困難なものが増えてきたり、価格も高騰していると聞きます。

給湯器不足は深刻で、他にも発注してから4ヶ月ほど経過するのにまだ入荷していない現場もあります。
とあるマンションで給湯器が壊れた部屋がありました。
当然、手に入らないので、ちょうどタイミングよく空き部屋になった部屋があっとのでそれを外して取り付けています。
給湯器を取り付けた部屋は改装済みですぐに貸し出せるのに、給湯器が無いために貸しに出せない状態がもう4ヶ月くらい続いています。
先日、しびれを切らした家主さんがガス店と交渉した結果、なんと無償で給湯器をレンタルしますということになりました。
なぜレンタルなのかは不明ですが、これでこの空き部屋を貸しに出せることになりそうです。
ただし、入居される方には、新品の給湯器が入荷したら取替のために協力していただく必要があります。
給湯器がなくてお困りの方はレンタルという方法を一度交渉されてはいかがでしょうか?

----------

売買・賃貸・管理などの不動産に関するご相談は気軽にお問い合わせください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com

当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。

暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 防水工事はこれが便利でよく使ってもらっています | トップページ | 心と体が知らない町を強く欲するんです(大和郡山市を散策) »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ