« 心と体が知らない町を強く欲するんです(大和郡山市を散策) | トップページ | 資格を維持するのも楽じゃない »

どっぷり、昭和町。が3年ぶりに開催されます

おはようございます。
4月24日(日)午前6時35分、自宅でこのブログを書いています。
----------

今日は日曜日のため、丸順不動産は定休日です。
休みの日には趣味のウォーキングに出かけることが多いのですが、今日は残念ながら雨模様。
仕事も溜まっているし、さあどうしよう?と考えています。
------
昭和町や西田辺にお住まいの方はよくご存じと思います。
まもなく始まるゴールデンウィークは、『どっぷり、昭和町。』で始まります。
4月29日です。

どっぷり、昭和町。
https://showacho.jp/

ホームページやポスターに第15回と書いてありますね。
今回は、コロナ禍ということもあり、大規模会場は設置しないで分散型で開催するようです。
例年なら、桃ヶ池公園がメイン会場でステージが設置されたり、近隣の苗代小学校、桃山学院、阪南中公園など、サテライト会場がいくつも設置されて、マップを見ながら回遊するひとたちが数万人にもおよぶにぎやかなお祭りです。

第1回は昭和町駅のすぐ近くにある寺西家阿倍野長屋の前の道で小さく開催されました。
どっぷり、昭和町。が開催されるきっかけもこの寺西家阿倍野長屋でした。
登録有形文化財になっているこの長屋はリノベーションが施され、四軒の飲食店が並んでいました。
その飲食店のマネージャーが自分のお店の宣伝をするために、ミナミやキタの飲食店仲間に声をかけたところ、「昭和町ってどこやねん?」と言われたそうです。
それで、このマネージャーはお店の宣伝をする前に町の宣伝をしなければならないことに気がつき、友人たちと一緒にこのお祭りを立ち上げました。
あまりに規模が大きなお祭りになっているので、きっと行政主導のお祭りと思っている方も多いと思いますが、起源は若者たちの熱意だったんです。

Image_20220424064501


上の写真は2007年に開催された、たぶん第2回のときのチラシです。
今年は第15回ですがコロナ禍で2回開催できていないので、第1回は2006年だったのかなと思います。
もう記憶が薄れてきました。
実行委員会の主体もこの17年の間に変化がありました。
開催コンセプトも、当初はこのチラシに書いてあるとおり、

「昭和町」で「昭和の日」に「昭和建築の文化財」で「昭和」の文化を味わうおまつりでした。

開催日の4月29日は昭和の日。
だから、このコンセプトにピッタリなので4月29日に開催されるようになりました。

第1回を開催するときに、主催者の方から落語家を探しているという相談がありました。
直接私も知り合いはいないのでいろいろつてを探して、当時、阿倍野区の美章園というところにお住まいの落語家さんを見つけて、ご紹介した記憶があります。

その後、規模が大きくなるにつれて、様々な組織からのバックアップが必要になってきました。
当時、阿倍野区商店会連盟をご紹介した記憶があります。
どっぷり、昭和町。として商店会連盟に加盟するか賛助会員になるかなどしたんじゃなかったかな。
もう忘れました。

もう第何回の頃かも忘れてしまいましたが、大阪市立大学工学部で長屋を研究している研究室と合同で、どっぷり、昭和町。のイベントとして、昭和町のまち歩きを2回ほどやったこともありますね。
バイローカルも最初は、このどっぷり、昭和町。のサテライト会場として開催していました。
その頃は、私も実行委員会に参加していましたが、今はお手伝いできないでいます。

今、とても活性化され、賑わいが創出された昭和町ですが、このどっぷり、昭和町。というイベントが大きく寄与しているのは間違いありません。
そんなことを感じながら今年もぜひ、どっぷり、昭和町。を楽しんでいただけたらと思います。

このブログは私の物忘れのひどさを告白する内容になってしまいましたね(笑)

20220423_172348

20220423_172351

----------
売買・賃貸・管理などの不動産に関するご相談は気軽にお問い合わせください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com

当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。

暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 心と体が知らない町を強く欲するんです(大和郡山市を散策) | トップページ | 資格を維持するのも楽じゃない »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ