« 平野区喜連東3丁目で建築中だった、あの奥行きの浅い貸店舗が完成しました | トップページ | ひょっとして貸家の仲介や管理に強い? »

マンションリノベーションも視点を変えると新たな問題があることを知りました

今朝の朝日新聞に築後50年を経過した分譲マンションのリノベーションに関する問題が掲載されていました。
従来のリフォームと異なり、室内を大きく解体することの多いリノベーションは、住民に騒音というかたちで負担をかけているという記事。
それと、当初から住んでいる住民はそろそろ建て替えを視野に入れはじめているところに、大きな費用をかけて新たに入居しはじめる住民が増えると、建て替えに賛成してもらえないんじゃないかという不安。
リノベーションは古くなったマンションの有効活用という視点でしか見たことありませんでしたが、立場を変えるとそういう問題をはらんでいることを学びました。

----------

不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com


当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/


こちらのサイトでも日々の情報を更新しています
https://twilog.org/KoyamaTakateru


Noimage_5_20220627062001

« 平野区喜連東3丁目で建築中だった、あの奥行きの浅い貸店舗が完成しました | トップページ | ひょっとして貸家の仲介や管理に強い? »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ