« 国の貴重な財産である建物に関われることに感謝しています(佐野家住宅) | トップページ | 西田辺に新しくオープンした古着屋さんに行ってきました »

お礼の電話を阿倍野区役所の空家担当からいただいたそうです

Photo_20220614064301

阿倍野区役所の空家対策を担当している方からお礼の電話をいただいたようです。
先週のことでした。


上の写真の建物は、阿倍野区松虫通3丁目にある建物です。

大阪市阿倍野区松虫通3丁目3番12号
https://goo.gl/maps/PMHRysnEa17sJUaj7

ご所有者さまは関東在住の方で、大阪の建築士さんがマスターリースをしてリノベーションを施したうえで転貸している物件です。
電話を受けたのはその関東在住のご所有者さま。
私のところに喜んでお電話をしてくださいました。

この物件は、大阪市と一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会が平成31年に締結した『空家等対策の推進にかかる協定(空家活用に向けた所有者への提案)』に基づいて再生した物件です。

空家等対策の推進にかかる協定
https://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000415450.html#1

当社もこの協定に基づいて、案件があった際には提案を行う事業者として登録していました。
この案件は、2020年6月に宅建協会のなにわ阪南支部を通じて連絡があり、当社にて担当することになったものです。

阿倍野区役所からご所有者さまに「空家で放置しないで建物をメンテナンスするか活用を考えてください」という連絡があったのがきっかけで相談が始まったとのこと。

昨年の夏にご所有者さまと建築士さんの間でマスターリース契約を締結し、今年の春に第一期工事が完了。
テナントさんの入居が始まりました。
現在では、1階に施設の図書館と医療従事者が心身の悩みの相談を受けるような場所になっています。
2階ではまもなく古書店もオープンします。

再生後にはじめて現地をご覧になった阿倍野区役所の担当の方から、ご所有者さまにお礼の電話となったようです。
「素晴らしい活用をしていただいてありがとうございます。ひときわ輝いていました。」というような趣旨のお電話だったとのこと。

私と建築士さんのことを信頼してすべて任せていただいたご所有者さまがあってこその再生案件でした。
そして、この物件にインスピレーションを感じて見事に再生した建築士さんの役割はほんとうに大きい。
工事もほとんどがその方のセルフリノベーションでしたから。

リノベーション関連で様々な賞もありますが、区役所の担当者からお礼の電話があったというのはそれにも勝る素晴らしいできごとでした。


----------

不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com

当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 国の貴重な財産である建物に関われることに感謝しています(佐野家住宅) | トップページ | 西田辺に新しくオープンした古着屋さんに行ってきました »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ