« ひょっとして貸家の仲介や管理に強い? | トップページ | 阿倍野区阪南町1丁目で長屋売却のご相談がありました »

もしも通路が塞がれてしまったら、というご相談

昨日、親しくしている建築士さんから相談がありました。
東住吉区針中野で空き家を所有している家主さんから、建物を再生して貸家にしてくれないか、というご相談を受けておられます。
ご相談を受けた建築士さんは、家主さんからその建物を自分が借り受けて、自らの投資で建物を再生させた上で転貸をしたいというご希望です。
家主さんも気心知った建築士さんに借りてもらえるならとその方向でお話が進んでいるようです。

問題はその建物の前面道路。
現地をまだ見に行っていませんが、道と言えるようなものではなく路地というか通路というか。
おそらく私道で、相談に来られた建築士さんは、将来、この通路を通れなくなったらどうなるか?というご心配。
さっそくネットで調べてみると、やはり建築基準法上の道路ではありませんでした。
通路の所有関係を調べてみないといけませんが、確かに誰かが任意に通路を廃止したり、通行を妨害する塀のようなものを構築する可能性もあります。

道に面していない土地のことを
囲繞地(いにょうち)と言います。
民法には囲繞地通行権と言って、その囲まれてしまった土地に隣接する土地を通行する権利が認められています。
しかし、まあそんなに簡単な話ではなく、おそらく裁判を経なければならないでしょうし、当然通行量も発生します。

登記簿謄本や公図を調査し、まず権利関係を明らかに。
そして、その通路の所有者に連絡を取ることからスタートですね。
難しい案件です。

----------

不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com


当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/


こちらのサイトでも日々の情報を更新しています
https://twilog.org/KoyamaTakateru


Noimage_5_20220627062001

« ひょっとして貸家の仲介や管理に強い? | トップページ | 阿倍野区阪南町1丁目で長屋売却のご相談がありました »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ