« 工事の前に、先に入居を希望するお客さまを見つけるということについて | トップページ | 11月1日(火)のバイローカル当日について »

大阪メトロさんのまちづくりについて

先日、大阪メトロの担当者さんたちと、阿倍野区某所にある空き家の内見をしました。お問い合わせいただいたのは、1ヶ月ほど前に読売新聞に掲載された大阪メトロのまちづくりの記事をご覧になった方です。ほんとうに小さな記事なのですが、気がついてくださって、関係者共々喜んでいます。

幹線道路に面して建つ小さな住宅です。聞くと20年ほど空き家だったとのこと。よく前を通っていましたが、空き家であることはまったく気がつきませんでした。きれいにされていたので、まめに掃除に来られていたのでしょうね。別宅に住んでおられたここの所有者も他界し、いよいよ相続という段階になり、今後のことを相談したいというような内容でした。

お問い合わせは大阪メトロのまちづくり推進課に直接お電話をいただいたようですが、アドバイザリー契約を締結している当社も同行しての内見となりました。外観がきれいに整っているのと同じように、室内もほんとうにきれいなままで、そんな20年間も空き家だったとは想像できないくらいです。

ご相談の内容は、売却か活用かという話なのですが、まずは『まち』のためによい活用方法がないか検討させていただき、それの提案内容を検討していただいた結果、もし売却ならその方向でも対応させていただきますということになりました。

大阪メトロが行っているエリアリノベーションプロジェクトは、長期的には沿線の人口が減少し、まちの価値の低下→ますます人口減少という負のスパイラルに落ち込まないように、鉄道やバスを運行する会社の責任として積極的にまちに関わり、沿線住民の皆さんに喜んでいただこうという計画です。

現在、そのまちづくりの対象としているのは、地下鉄御堂筋線の西田辺駅・長居駅・あびこ駅の三駅周辺です。このエリアが原則なのですが、少し離れた場所でも、限定的ながらお役に立てる方法を模索しながら計画中の案件もあります。空き家を所有されていて、この大阪メトロの取り組みに共感してくださる方はどうぞ当社までご連絡ください。基本的には、大阪メトロさんがその空き家を10年程度借り上げて、大阪メトロの費用でリノベーションを施し、契約期間が満了したら家主さんにお返しするという仕組みです。

どうぞ、よろしくお願いします。


まちと生きる、まちが活きる、
OsakaMetroのエリアリノベーション
https://area-renovation.osakametro.co.jp


----------

不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。

電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com

当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 工事の前に、先に入居を希望するお客さまを見つけるということについて | トップページ | 11月1日(火)のバイローカル当日について »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ