« 帝塚山に残る貴重な洋館の保存と活用に取り組んでいます | トップページ | 若いひとは文化住宅なんて言葉すら知らないと思うけど »

息子が一緒に仕事をしてくれているので本当に助かっています

Photo_20230118073001

おはようございます。1月18日(水)の朝です。神様か仏様か知らんけど、丸順不動産の力量を試すがごとく、次々とお題を提供してくれます。昨日は突然の連絡にバタバタした一日でした。あらかじめ決まっているスケジュールなら、それを順番にこなしていくのは気持ちよかったりしますが、突発的な用件はその日の段取りがすべてくるってしまうし、後日まで影響を引きずってしまいますよね。

朝一番、管理している駐車場の路面が陥没しているという連絡がありました。私はやらなければならないことが山盛りの日だったので息子に対応を任せました。報告によると、路面の穴が30~40cmほどの直径で深さも30cmほど。しかし、アスファルトの下では穴が広がっていて、写真のヒビが入っている部分の下はすべて空洞になっている状態です。

気がつかないひとが足を踏み抜いたり、タイヤを落としてしまう可能性があるのですぐに対応が必要でした。半日以内に対応してくれる工務店さんを探して依頼。緊急でできることと言えば、砕石をいれて陥没が広がらないことを防ぐのが一番なのでそのお願いをしました。幸い、すぐに対応してくれたので、怪我をしたひとや事故は無かったので安心しました。後日、きちんと補修します。

また、夕方には昨年仲介した貸家のお客さまから鍵が開かないとの連絡。木製の引き戸なのでかみ合わせの問題かもとアドバイスをして息子に走ってもらいました。案の定、力を入れて建具を揺らすと、鍵を回さずとも開けることができたようです。鍵の受けの部分が少し緩んでいるようにも見えたとのことなので、ドライバで締めておくようにお願いして帰ってきたと報告がありました。

息子と一緒に仕事をするようになってもうすぐ4年かな。もしも、息子がいなかったら昨日はどんな一日になってだんだろうと想像すると恐ろしくもあります。まあ、ひとりで仕事をしていた時期はぜんぶ自分で対応していたのですが。よくやっていたと思います。神様か仏様か知らんけど、丸順不動産はもうちょっと仕事できるでしょ?と力試しをしてくれているのかなとポジティブに考えておきます。

----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 帝塚山に残る貴重な洋館の保存と活用に取り組んでいます | トップページ | 若いひとは文化住宅なんて言葉すら知らないと思うけど »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ