« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

後ろめたい気持ちを感じることなく気持ちの良い仕事ができました

Photo_20230729083201

長屋売却のお手伝いをさせていただきました。長屋売却の仲介は今年になってから三軒目です。1月に仲介した東住吉区東田辺の長屋は解体されて、今は駐車場の一部になっています。4月に仲介した阿倍野区阪南町の長屋は最近解体されて、こちらは新築の戸建分譲になるでしょう。昨日の東住吉区東田辺の長屋はリフォームをして住んだくださる方が見つかったので『長屋を取り壊す』という後ろめたい気持ちを感じることなく気持ちの良い仕事ができました。

昨日、東田辺の長屋を売却された売主さまも取引の後で「この長屋は重かったよね」とご夫婦で話をされていました。20年間ほど貸家として運用されていましたが、昭和8年に建築された長屋なので賃借人が入居中にもいろいろな修理が頻繁にあり、台風の際には瓦屋根が被害を受けるなどしたことがその気持ちの重さにつながっていたのだと思います。今回、ご購入いただいたお客さまはしっかりとリフォームを計画されているようなので、昭和8年の建築という古さを感じさせないお住まいに生まれ変わることでしょ。

最近、長屋の売却相談が増えてきています。きっと、昨日の売主さまのように古い建物を相続してその「重さ」にご苦労されている方がたくさんいらっしゃるのだろうと思います。阿倍野区阪南町、阿倍野区昭和町、東住吉区田辺、堺市浅香山…。今、売却のご相談を受けている長屋の所在地です。売却に向けて準備中です。来週は、阿倍野区阪南町3丁目にある元長屋(切り離されてい今は一戸建。私はそれをスタンドアローン長屋と呼んでいます)の売却の打ち合わせを行い、売り出し価格を決めます。有効活用に関しても、阿倍野区西田辺町、堺市堺区神明町東、大阪市中央区龍造寺町などそれぞれ長屋の案件が準備中。長屋というニッチな市場ですが、それを求めていらっしゃる方にちゃんとお届けできるように頑張ります。

----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

ぎゅっと握りしめているものを手放すのは難しいものですね

Photo_20230727135701

ぎゅっと握りしめているものを手放すのは難しいものですね。昨日、1年半ぶりの開催となる『昭和なまちのバイローカル』に参加してきました。2年ほど前にバイローカル実行委員の引退宣言をしているので、お客さんとしての参加です。ちょろちょろっと実行委員会の打ち合わせに参加したりしていましたが、開催日が近づくにつれて心境の変化がありました。

「中途半端に関わるのはやめよう…」。自らを『ご隠居さん』と呼びながらも、なんだか『ご意見番』になってしまいそうな気がして。だから、前日も当日も、開催翌日の後片付けもなにも一切お手伝いしませんでした。当日は、開催時刻の1時間半程前に会場入りしたものの、あわただしく動き回っているメンバーを見ながら、会場の隅っこでただ突っ立っているだけ。「手伝いたいな」「手伝わないと!」という気持ちとずっと向き合いながらその様子を見ていました。なかなかつらい時間でしたが、なにもしないままに開始時刻になると吹っ切れたような気持ちになりました。


なにをそんなに意固地になってるのか?と自分でも思いますが、世代交代が必要だからスペースを空けないといけないという気持ちと、いつまでも主(ぬし)のように居座っていることは老害につながると思った2年前の気持ちに昨夜でやっと決着をつけることが出来ました。もう、私が口を出したり、手伝わなくてもこんなに素敵なマーケットを開催できてるんだから、すがすがしい気持ちでご隠居さんになれます。

ただ、素直な感想を書かせてもらうと、バイローカルも新しいフェーズに入ったなと思うこと。10年前に始めた頃はバイローカルはイベントではなく『運動』や『ムーブメント』であることを意識しながらやっていました。昨夜のナイトバイローカルの様子を見ていると明らかに違うフェーズに入ったことを実感しました。それが、良いとか悪いとかを言ってるのじゃないので誤解の無いように。今の時代に合う新しい表現方法で『運動』や『ムーブメント』を体現していくのだろうと感じた次第です。


個人的にはバイローカル運動は続けていくし、お店の紹介にとどまらずに『地元』をしっかりと見つめて、この町がもっと暮らしやすいよい町になっていくような、そう、私自身も新しいフェーズに入ることを目指してまずは仕事にしっかりと取り組んでいきたいと思います。
----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

やりたいこと、行きたいところの優先順位を考えないといけないなと思っています

Photo_20230724072301

あと1ヶ月足らずで59歳になります。まだまだ若い!と言われそうですが、本人的にはかなり焦っています。55歳くらいのときかな、ふと残りの人生を指を折って数えてしまいました。そもそも残りの人生なんてあとどれだけあるかなんて誰にもわからないし、若い頃は永遠のように思っていた人生に終末があることも50歳をすぎた頃からリアルに実感するようになりました。

その指を折って残りの人生を数えたとき、再読も含めてあと1,000冊の本を読めるかな?行きたかった、歩きたかったあの場所この場所に全部行くことは出来るかな?どう考えても無理っぽい。仕事を放り出して、金のなる木でも見つけなければどうにもならないことに気がつきました。あまり後悔をすることのなかった人生を送ってきましたが、このときばかりは大きな後悔をしました。「もっと遊んでおけば良かった」。でもね、同時にどれだけ遊んでいたとしてもきっと満足なんてしないんだろうな…とも思いました。

写真は『日本の森を旅する』というガイドブック的なエッセイ本です。この本に載っている日本の素敵な森だけで15箇所あります。あ、言い忘れましたが私は森が大好きなんです。森を歩くことが好きと言った方が正確かも知れません。1年に1箇所ずつ訪ねたら15年。1年に2箇所ずつなら7年程かかります。この本に載っていないところにも行きたいところがたくさんあって、海外にも数ヶ所あります。やっぱり時間切れか…。

なんにでも興味をもって一時期は自分でも抱えきれないほどたくさんのことに関わっていましたが、10年くらい前から少しずつ手放していて、かなり減ったと思います。でも、毎日毎日すこしずつ持ち時間が減っていくのはどうにも止めようがないので、優先順位をしっかりと決めていかないとなあと思っています。そして、健康であることも大切なことで、以前からちょこちょこ歩いていた自宅周辺のウォーキングはもっと真剣に取り組まないといけないし、たまに西田辺や昭和町のお店を2軒3軒とはしご酒して楽しんでいるのも考え直さないとなあと思っています。

なんか、月曜日の朝に書くようなブログじゃないですね。でも、昨日の日曜日はそんなことを考えながら過ごしたので、忘れないためにもここに書き留めておきたいたいと思いました。最後までお付き合いいただいた方にはありがとうございました。

----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

新店情報/アンティーク長屋のアトリエ/ほのあお堂

Photo_20230722081901

阿倍野区昭和町4丁目に新しいお店が出来ました。ほのあお堂さんです。オープンしたのは1ヶ月ほど前になります。ご紹介が遅くなってしまいました。なに屋さんと言ったら良いのでしょう?Instagramのプロフィールには、『アンティーク長屋のアトリエ。手作り雑貨の制作・作家さん応援・販売。』と書いてありました。ご自身もシルバーアクセサリーをつくる作家さんで、それらも販売していくようですが、先週おじゃましたときには、「これからどんどん作っていきます!」とおっしゃっていました。

昭和初期の長屋を家主さんがリノベーションした物件です。2018年に当社で仲介をさせていただきました。個人のお宅におじゃまするような店構えになっていますが、暖簾のかかっている引き戸を開けると、左手側が土間になっていて、その部分が店舗スペースになります。ちょっと入りにくいかもしれませんが、素敵な長屋を味わうだけでも価値があると思うので、ぜひ訪れてみてください。

お店の詳しい所在地は、SNSに掲載しておられないので、私もここに書くのは昭和町4丁目までとしておきます。小さなエリアなので、徒歩や自転車でもすぐに見つけられると思いますよ。最寄り駅はJR阪和線の南田辺駅。徒歩4分くらいかな。大阪メトロ御堂筋線の西田辺駅も徒歩7分程度です。周辺には良いお店が点在しているのでそれらを探しながら歩くのも楽しいと思います。

基本的に金曜日と土曜日が営業日です。営業時間は11時から17時まで。暖簾や看板が出ていないときはお休みだと思います。個人経営のお店なので臨時休業があるかも…なので、必ず下記のSNSをチェックしてから訪問した方が良いと思います。どっちかと言うとInstagramの方が良いかな。

ほのあお堂(Instagram)
https://www.instagram.com/honoao.dou/

ほのあお堂(twitter)
https://twitter.com/Honoaodou24


Photo_20230722082501

Photo_20230722082502

Photo_20230722082503

----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

明治10年建築の町家見学会が開催されます

Photo_20230721081001

堺市堺区北旅籠町西1丁にある内田家住宅。明治10年に建築された町家です。地元で保存と活用を目指している団体が主催する見学会が開催されます。事前予約不要ですが毎回先着10名様まででスリッパをご持参ください。外観は堺市の補助金を使って修景工事が施されています。戦前まで造り醤油の商家だったこの建物の土間空間はとても素晴らしいので、一見の価値ありです。この建物をしっかりと活用してくださる方を探すのをお手伝いしています。ぜひ、たくさんの方に関心を持っていただき、良いご縁が見つかることを願っています。

所在地等の詳細は下記からご覧ください
【計画中】堺市にある町家の保存活用に取り組んでいます(堺市堺区北旅籠町西1丁)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/2022/03/post-fe9121.html



T_img_0835

T_20210916_213525

T_img_0889

----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

いよいよ来週に迫ったナイトローカル(バイローカル)

Photo_20230719072601

一週間前になったので再度告知をしますね。もう10年前から続いているバイローカルのマーケット。今年は夏の夜の開催です。その名も『NIGHT Buy Local』(ナイトバイローカル)。会場はいつもの長池公園をお借りして開催します。

昭和なまちのBuy Local

ご近所のよきお店と出会う日

バイローカルは地域の人とお店との出会いの場です。
身近にあるお店は、日々の暮らしと豊かにしてくれるだけでなく、食の安全安心やロングライフ、地域の助け合い、子育て、働く場の提供、建物の再活用など様々な大切なことに貢献してくれていると私たちは考えています。
よきお店を大切に利用していく行動がバイローカルムーブメント。
まずはバイローカルの日でたくさんのお店を知って、一緒に楽しみましょう。

主催/ビーローカル・パートナーズ
問合わせ/info@be-local.jp
後援/阿倍野区役所・長池連合振興町会・長池地域活動協議会・大阪市高速電気軌道株式会社

チラシから抜粋しました。
今年のバイローカルは夜の開催ということもあり出店数を絞っています。
いつもは50店舗ほどのお店に出店していただいていますが、今年は下記の17店舗です。

ジェラート屋オオジ
エスポアドイ
Onigiri Time
松井商店 by 大阪田辺通信
アジアンビストロ スパイス
KITCHEN まるしん
阪田鮮魚店
うさぎとぼく
Bar de Espana risa risa
A(C) ※A(CLUB)
BODEGA
讃岐うどん やおき
DJANGO(ジャンゴ)
あたりきしゃりき堂
はこべら
コノマチ商店
Fruits Monkey

新しく次々とできるお店のためにバイローカルの出店枠をゆずっていただいた地元の有名店も久しぶりに出店します。バイローカルは地域でしっかりと根付いてきた印象を持っていますが、地元の夜を楽しむ感覚がもうちょっとあっても良いかな?というところからナイトマーケットを企画したようです。ランチやお茶だけじゃなくて、夜もデートやご家族での食事を地元で楽しみませんかという提案です。

何度も書きますが、私は実行委員を引退したご隠居さんの身。もう、バイローカルを熱く語る資格はありませんが、せめて告知と当日の運営くらいはお手伝いしたいと思います。当日は、たぶん本部席でちびちびビールを飲みながら座っていると思うので、もし良かったら声をかけてくださいね。それと、夜の開催と言えどもきっと猛暑には変わりはないと思うので、うちわや扇風機、そしてお水やお茶などもお忘れなく。蚊の対策も必要かも。遅くまでいらっしゃる方は懐中電灯のようなものも合った方が良いかもしれません(会場には臨時で照明を設置しています)。

2023年7月26日(水)

17:00~21:00 長池公園
※雨天は中止です。その場合はバイローカルの公式インスタで発表があると思いますが、私もblogや各SNSでお知らせするようにします。

バイローカル
https://linktr.ee/buylocaljp

----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

お菓子のアトリエ『メゾン エクリュ』が松虫通に移転します

Bunkadekitchen_20230716101001

阿倍野区桃ヶ池町1丁目の狭い路地奥。リノベーションした文化住宅の一角にあったお店です。『メゾン エクリュ』。受注製造、いわゆるオーダーでお菓子を作っておられました。ご本人曰く「国産小麦を使って、添加物等を極力含まず身体に優しい「地味系焼き菓子」を焼いています。」とのこと。そのメゾン エクリュさんが昨日、移転のために今のお店を閉店されました。2020年の3月にご契約いただいたのでだいたい3年間ほど。ちょうどコロナ禍と同じような期間ですね。

お店の場所もわかりにくいところにあったので、知る人ぞ知るお店のままでしたが、その知る人ぞ知る人たちの多くがこのお店のファントなり、しっかりと支えていたようです。そんな支えと、ご本人も次のステップのためにこの場所は閉店し、次は同じ阿倍野区の松虫通2丁目に移転されることになりました。次の場所では今までのお菓子のアトリエは継続しながら、地域の方たち(特のご近所のおじいちゃん、おばあちゃん)たちが気軽に立ち寄って、時間を過ごすことができるカフェを中心にお店を運営されます。

新しい店名は『きなり堂』。元の店名のメゾン エクリュの『エクリュ』はフランス語で生成りという意味だそうです。おじいちゃん、おばあちゃんたちに『エクリュ』って覚えてもらうのはちょっと大変かな?との考えから同じ意味の日本語の『きなり』に変えたとのこと。新しいお店も当社で仲介させていただきましたが、水道の引き込みが無かったり、なかなか老朽化が進んでいたりで、ご紹介させていただいた建築士さんと工務店さんはかなりご苦労されたようです。その工事もまもなく完了し、早ければ1週間以内にはプレオープンにこぎ着けそうとおっしゃっていました。オープンしたらまたこちらにもお知らせさせていただきます。

もうひとつ、うれしいお知らせ。メゾン エクリュさんのあった店舗を同じようなお菓子のアトリエとして使ってくださる方が見つかりました。これから契約手続きを進めていくところです。松虫通に新しいお店が誕生し、移転後の空っぽの店舗にまた同じようなお店が入る。少しずつ、まちのなかに素敵なコンテンツが増えていくことは、まちの不動産屋さんとして、そして住民として、とってもうれしいことです。

メゾン エクリュ(ホームページ)

https://maison-ecru.com/
メゾン エクリュ(Instagram)
https://www.instagram.com/maison_ecru/
きなり堂(Instagram)
https://www.instagram.com/kinaridou/
----------
丸順不動産株式会社 小山隆輝(こやまたかてる)
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

フォーエバーレコードの看板がひっそりと下ろされました

Photo_20230706073201

東住吉区山坂4丁目の山坂ビル。このビルの1階に伝説の輸入レコード盤屋さん『フォーエバーレコード』があったのをご存じですか?オーナーは、大瀧詠一や山下達郎などとも親交のあった宮下静雄さんという輸入盤レコードの先駆けのような方だったそうです。開店したのは1978年。私が中学生の時ですね。自宅や事務所から徒歩で10分もかからない場所だったので、レコード屋さんができたのは知っていましたが、当時は入る勇気はありませんでした。オーナーの宮下さんは開店して2年後の1980年に亡くなっておられます。その後もしばらくお店は続いていたと思うので、私は初めて訪れたのはたぶん宮下さんが亡くなってからだと思います。

閉店したのはもうずっと前だったのですが、5階建のビルの屋上には写真のような看板だけが残っていました。いつも前をとおるたびにこの看板を見上げていたのですが、6月22日、ついに撤去されました。フォーエバーレコードでそんなにたくさんのレコードを買ったわけじゃないけど、自分の住んでいる町にはすごいレコード屋さんがあるんだぞ!(あったんだぞ!)という誇らしい気分はずっと持ち続けていました。現在はその当時のスタッフの流れをくむ方たちによって大阪のミナミで営業を継続しておられるようです。

私自身は近畿大学に入学して大学のすぐ近くにあったレンタルレコード屋さんの『キリン堂』でアルバイトを始めました。卒業するまで4年間お世話になりました。中学生の頃に話題になるかっちょいい輸入盤レコード屋さんがすぐ近所に出来て、なんか影響を受けたのかもしれませんね。そのキリン堂さんもK2レコードという店名に変わり、いくつかあったお店は順番に閉店し、最後には日本橋のK2レコードだけが残っていましたが、こちらも今年の1月に閉店してしまいました。

レコード好きにはなんか悲しい話を書いてしまいましたが楽しい話もあります。最近、阿倍野区阪南町1丁目にレコード屋さんを誘致できたんですよ。昭和町ミュージックさん。今月中には開店するのでオープンしたらまた書きます!
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

帝塚山中1丁目にある洋館のリノベーション計画

Fty_0cwakaaeac Fty_yqfaqaagppo


昨年の10月頃から取り組んでいる住吉区帝塚山中1丁目にある洋館のリノベーション計画。これといった進展もなく9ヶ月が経とうとしています。私のこの案件に関する投稿も3ヶ月ぶりです。ご依頼いただいた所有者様の期待に応えられていなくて心苦しい状態が続いています。建物の由来を調べたところ建築家で有名な西山夘三さんが父親のために購入した家であったことが判明しました。目を付ける建物も立地もさすが西山夘三という感じです。


所有者はその後変わりましたが、現在お住まいのご家族はこの建物の貴重さに気がつき、なんとか末永く維持していくことを希望しておられます。ただ、その特徴的な外観や建物の大きさから維持費を安定的に負担していくのはなかなか大変なことです。そこで、1階部分をリノベーションして賃貸し、そこから上がる収益で建物を維持していくことになりました。ご自分たちは1階の一部と2階を居住スペースに充てます。

貼付している図面はあくまでも計画図です。どのような職種の方がこられるかたによって当然間取りや設備、動線は変わるでしょう。ただ、建物全体の中の使用していただける部分はほぼこの通りになると思われます。この案件は長屋や町家のリノベーションで実績のある連・建築舎さんと一緒に取り組んでいます。ご興味ある方はまずお問い合わせいただき、建築士さんと相談しながらご自分が思い描いていることが実現できそうか検討することからのスタートです。その際に、標準的な工事の場合、所有者様がどの程度の家賃を想定しておられるかもお話できると思います。わかりにくい物件ですが、思いを伝えていただければ、私たちがそれをかたちにしていきます。

洋館の1階を貸店舗にリノベーションする計画があります(住吉区帝塚山中1丁目)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/2022/12/post-3eb4dc.html
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

ドラえもんのどこでもドア

Photo_20230704071401

ドラえもんのどこでもドアのような扉の向こうにある小さな空き地の管理をしています。こんな日当たりのわるい場所でも毎年、草がいっぱい生えてきます。お隣の方がまめに草を抜いてくださっていたのですが、好意に甘えているわけにもいかないので、昨日、除草剤をまいてきました。
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

昭和町ミュージックさんは7月下旬にオープン予定です

Photo_20230703072501

阿倍野区阪南町1丁目にて開業準備中の昭和町ミュージックさん。先週の木曜日かな?現地の様子を見てきました。ちょうど、壁面のレコードラックを設置中で、完成直後をパチリ。まだ白木の状態ですが、ステインを塗って濃いめの色にするそうです。下に見えるのはアングルを組み立てて作った手製のレコードラック。お客さんに見てもらいたい高さを試行錯誤されていました。店内ではコーヒーや缶ビールも提供予定とのこと。保健所関係の手続きが終了するのが7月中旬なので、今月の下旬にはオープンすると思います。

所在地:大阪市阿倍野区阪南町1丁目23番8号(第3横山ビル)
GoogleMap:https://goo.gl/maps/rr9oc7gKxkkwGjeH9

昭和町ミュージック(twitter)
https://twitter.com/kobamick
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

岸和田港まで行ってきました

Photo_20230702172601

岸和田港まで行ってきました。仕事です。不動産屋さんの仕事じゃありません。なんかいろいろあります。南海本線の春木駅から徒歩で。途中、銀行の不動産部から教えてもらった開発用地を見ながらてくてく。いや、とぼとぼですね(笑)暑かった。とある建物のロケーションについて意見を言うみたいな仕事なので周辺も含めてうろうろ。岸和田カンカンベイサイドモールとか、隣接している岸和田旧港地区緑地(アクアパーク)とか。歩き回りました。帰りは南海本線の岸和田駅まで。岸和田のまちはもうだんじり一色ですね。公園で若い衆がビールサーバーを持ち込んで大宴会をしていたり、駅前の商店街にある居酒屋はお昼から営業していて、若いお客さんでいっぱい。燃えるんでしょうね。
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

結果として近代建築巡りのようになってしまいました

昨日、三井住友信託銀行本店不動産営業部の情報交換会でもらった物件を見るために、大阪メトロ谷町線で天満橋駅へ。土佐堀通に出たかったのですが、京阪シティモールのなかで迷子になってしまい、やっと見つけた出口は大川沿いでした。結局、谷町筋まで戻ってやっと目的の土佐堀通へ。物件はそこから2分ほどの場所にある更地です。50坪ほどの土地ですが10階建くらいのビルは建ちそうです。周辺を見回すと同規模のビルがいくつもありました。土地は道路から少し低くなっているのか、今日の雨で大きな水たまりになっていました。

もうひとつの物件は中央区の瓦町にあります。北浜東からは少し距離はありますが、雨も小雨だしブラブラと歩いて行くことに。土曜日のオフィス街は車の往来もほとんど無く、散歩するにはとても良いですね。都心の風景はあまり見慣れないので、ゆっくりと散策してきました。歩く道、歩く道、そこかしこに近代建築の有名な建物があらわれ、それらを写真に収めながらの散歩。実は今まで見たことのなかった船場ビルディングも初めて見ることができました。近代建築は好きなんですけど、わざわざ地図を見ながら探しに行くほどではありません。

ふたつめの物件は大阪メトロ御堂筋線本町駅から徒歩4分ほどの場所にある小さなビルです。リノベして他用途に変えたらおもしろそうなんですが、昨日の説明によると検査済み証が無いとのこと。用途変更は難しそうですね。都心のビルや土地のお客さんがいるわけじゃないけど、せっかくいただいた情報を見ることもなく放置するのはもったいないので、今日は時間を作って見てきました。バッターボックスに立ってバットを振らなきゃ当たらないって感じです(笑)
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

3年7ヶ月ぶりに開催された三井住友信託銀行本店不動産営業部の懇親会に参加して

Photo_20230701080901

中央区北浜4丁目、土佐堀川の左岸に建つ住友ビル(新住友ビルディング)。1962年(昭和37年)の建築です。地上12階建地下4階建で、ウィキペディアによると基準階の1フロアあたりの面積は大阪最大のビルだそうです。生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(イケフェス)にも参加している大阪を代表するビルと言って良いでしょう。住友系の企業が入り、当社のお取引先の三井住友信託銀行もこのビルの中に大阪本店不動産営業部を置いています。昨夜はその三井住友信託銀行に出入りする宅建業者による情報交換会と懇親会がありました。

コロナ禍の間も情報交換会はオンラインを中心に定期開催されていましたが、懇親会が開催されたのは2019年11月以来です。なんと3年7ヶ月ぶり。会場は住友ビルの12階にある関係者専用の食堂です。ちょうど土佐堀川に面しているところにあり眺望は抜群です。さすが天下の住友さん、ええ場所にビルを持ってはりますなあーと毎回思います。4年ぶりくらいに会う方も多く、この4年で会員の年齢層はぐっと上がったなあというのが正直な感想。自分も「小山さんも老けはったなあ」と思われているんだろうなと思っていました。

出入り業者の年齢層は高くなっても、銀行の職員は逆に若返っていて自分の息子や娘と同じような年齢の方ばかり。だって、部長さんや役員さんが下手をすると私の年下ってこともありますからね。この会が昭和61年に発足した当時は住信リアルタークラブという名称でした。その後、中央三井信託銀行との合併を経て現在はSMTBリアルタークラブという名称になっています。昭和61年といえば私はまだ大学4回生。3回生の頃から丸順不動産でアルバイト(時給500円)をしていたので、大学の帰りに不動産部(当時は住友信託銀行)に立ち寄って、担当の方とおしゃべしたり、情報交換会に参加したりしていました。

会の発足後まもなくしてバブル経済に突入し、私自身も若かったので本当に楽しい一時代でした。銀行の女性社員の方たちとコンパなんかもしていましたね(笑)。現在58歳となり私自身の三井住友信託銀行とのお付き合いも36年となりました(丸順不動産としての付き合いはたぶん70年くらいになるでしょう)。あの頃には戻ることはできませんが、懐かしくもあり、またあの時代のように密接に交流をしたいと3年7ヶ月ぶりの懇親会に参加して強く思いながら帰路につきました。

住友ビルディング
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0
----------
不動産の売買・賃貸・管理のことなど、お気軽に相談ください。
電話 06-6621-0201
メール koyama@marujun.com
当社の物件は、下記の物件ブログに掲載しています。
暮らしと商いの不動産(丸順不動産の物件ブログ)
https://marujun.cocolog-nifty.com/fudousan/

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

フォト

最近読んだ本

無料ブログはココログ